初夏のレジャーにおすすめ!東京都内(関東)でできるブルーベリー摘み 穴場スポットをご紹介

さっぱりと晴れた日が多くなり、お出かけシーズンになりました。

ご家族連れに人気なのが果物狩りです。

しかし都内にある人気の果物農園は人が多くてまだ行くのが怖いなという方におすすめの、穴場スポットをご紹介いたします。

目次

果物狩りの中でもこの時期におすすめ!ブルーベリー摘み

ブルーベリー

初夏のこの時期の果物狩りといえば、いちごやさくらんぼなどが人気ですが、ブルーベリーも大変おすすめです。

ブルーベリーの木は大人の肩くらいまでの高さなので、上に手を伸ばしたり下に屈んだりする必要もなく、また手で簡単にポロッと採れるので小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで誰でも楽しむことができます。


そして、摘みたての新鮮なブルーベリーは甘酸っぱくて本当に美味しいです!!たくさん摘んで帰ってそのままの味でヨーグルトやアイスのトッピングにしたり、ジャムにするのもおすすめです。

また、ブルーベリーは冷凍保存することもできるので、その後も長く楽しむことができますよ!

ブルーベリーにも種類がある?!その特徴とは?

ハイブッシュ系

ハイブッシュブルーベリー

摘み取り開始 6月〜7月
大粒の実で、酸味と甘味のほどよいバランスがとれた味です。

ラビットアイ系

ラビットアイ

摘み取り開始 7月〜8月
うさぎの目のように赤みのある実です。甘味が強く濃厚です。

都心から車で40分 東京都日野市のブルーベリー農園

東京都日野市風景

東京都日野市内にはブルーベリー農園が12か所ほどあります。

残念ながら昨年度はは2園ほど休園されたそうですが、どの園も入場料は無料、ブルーベリーの価格も共通価格となっています。

ブルーベリーの種類によって、味もおすすめの楽しみ方も違うようなので、自分のお気に入りのブルーベリー農園を探してみるのも楽しいですね!

日野市のブルーベリー摘み取りの料金は?

カゴに入ったブルーベリー

日野市のブルーベリー農園の料金は共通で、入場料は無料、摘み取ったブルーベリーは100g210円〜です。

1050円を先に支払い、500g摘み取るスタイルの園もあります。


500gというとバケツいっぱいになるくらいなので、お店で買う冷凍のものよりもお安いので本当におすすめです。

日野市ブルーベリーの摘み取り開催期間は?

日野市のブルーベリー農園では、6月下旬から摘み取りが始まる園もありますが、7月下旬頃から8月に最盛期を迎え、9月下旬の頃まで開園するところもあります。

時期に合わせて色々な園を訪れてみるのも楽しいですね。

日野市でブルーベリー摘みができる農園をご紹介

日野市のブルーベリー農園は、どこの園でも親切に美味しい実の選び方やおすすめの食べ方などを教えてくださいます。

近年コロナウイルスの影響で休園しているところや、人数制限を行なっているため予約が必要な園もあります。

必ずお電話で確認してから来園するようにしてくださいね。

日野市東光寺エリア

和田ブルーベリー園

摘み取り期間 7月中旬〜8月末

住所 日野市新町4-19


アクセス 市内連絡バス日野台路線(日野駅〜豊田駅北口)緑ヶ丘下バス停下車徒歩5分


電話 090-7191-0648


こちらの農園では、ラビットアイ系ブルーベリーの摘み取りが行われています。

令和4年度は7月27日(水)から開始されますが、電話での予約が必要です。

約600本ものブルーベリーが栽培されており、お友達やご家族連れはもちろん、団体での予約もできます。

ブルーベリー福島

摘み取り期間 7月上旬〜9月上旬

住所 日野市新町5-3-7


アクセス JR日野駅より宇津木台行きバス 「小宮東」下車徒歩3分


電話 090-3085-4129


こちらの農園のブルーベリーは甘く、地元の子供たちからも人気があります。

JR日野駅周辺

岩沢ブルーベリー園

摘み取り期間 7月上旬〜8月下旬

住所 日野市神明4-15-37


アクセス JR日野駅、京王線高幡不動駅より「日3」系統バス 「日野七小入り口」下車すぐ

こちらの農園のブルーベリーは大粒で甘く、冷凍してもその味が変わることなく楽しめます。

日清園

摘み取り期間 8月上旬〜10月上旬

住所 日野市神明4-19-7


アクセス JR日野駅、京王線高幡不動駅より「日3」系統バス 「日野七小入り口」下車すぐ

電話 080-5009-3868


こちらの農園では、ラビットアイ系のホームベル、ティフブルー、ボルドウィンが栽培されており、甘味の強いブルーベリーの摘み取りを楽しむことができます。

JR豊田駅周辺

阿川園

摘み取り期間 6月下旬〜9月上旬

住所 日野市東平山3-6-5


アクセス JR豊田駅南口より線路沿いを徒歩7分


電話 042-593-4841


こちらの農園では、早生種が栽培されているため他の農園より少し早めの6月下旬から摘み取りができます。

多摩都市モノレール周辺

石坂園芸

摘み取り期間 7月下旬〜8月下旬

住所 日野市万願寺4-21-11


アクセス 多摩都市モノレール 甲州街道駅、万願寺駅徒歩10分
     JR日野駅より「分53」系統「安養寺」下車徒歩3分

電話 042-581-7574

訪れる時期によって食べ頃の実を見分けるコツなどをご丁寧に教えて下さるので、初心者でも安心して楽しめます。

丸東園

摘み取り期間 7月中旬〜8月下旬

住所 日野市新井781


アクセス 桜ヶ丘車庫〜平山城址公園駅バス 「南新井」下車すぐ
     京王線高幡不動駅徒歩10分
     多摩都市モノレール万願寺駅徒歩10分

電話 042-584-286

閑静な住宅街の中にあるこちらの農園では、美味しさはもちろんのこと、静かなゆったりとした時間を過ごすことができます。

日野市百草園

石坂ファームハウス、日向園(石坂果樹園)

摘み取り期間 7月中旬〜9月上旬


住所 日野市百草672-1(石坂ファームハウス)
   日野市百草722(日向園)

アクセス 日野市三沢台路線バス「倉沢」下車徒歩3分

電話 042-591-6477(石坂ファームハウス)
   042-591-0950(日向園)

石坂ファームハウスのブルーベリーは、綺麗な空気の大自然の中で湧水を使って栽培されています。


こちらの農園は午前6時から11時まで開園しており、できれば予約を入れてから訪れた方がいいようです。

由木農場

摘み取り期間 7月中旬〜8月下旬

住所 日野市百草1072


アクセス 日野市三沢台路線バス「倉沢」下車徒歩7分

電話 042-591-2961


ハイブッシュ系とラビットアイ系の両方が栽培されており、味の違いを楽しむことができます。
果肉を味わえるブルーベリーシャーベットと、優しいヨーグルト味のブルーベリーアイスや、ブルーベリージュースなども販売されています。

まとめ


日野市のブルーベリー農園についてご紹介しました。


お手軽に楽しめるブルーベリー摘みが楽しめる農園が市内にたくさんあるというのもおもしろいですよね。

摘み取り期間に合わせて訪れたり、お気に入りのブルーベリー農園を探すのもおすすめです。


郊外のゆったりとした土地で、大切に育てられた大粒の甘酸っぱいブルーベリーがたくさん食べられる季節に、ぜひ体験してみていただきたいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる