靴の匂いが取れない?消し方ランキングとは?消臭スプレーvs入れるだけ、重曹ふりかけるのは効果あり?

靴の匂いが取れない?靴の匂い消し方ランキングとは?消臭スプレーvs入れるだけ、重曹ふりかけるのは効果あり?をタイトルにお伝えします。

雨の中急いで帰ったら靴に水が染み込んでしまって洗ってみるものの、どうにも生乾きのような臭いがする…
子供の学校の上履きを洗ってみたけど全然臭い取れてない!などといったことを経験したことはありませんか?
生乾きの臭いというのは皮膚と生地が擦れた時に出た皮脂が汗を吸収して酸化し、黄ばみやシミができてそれを餌にして雑菌が繁殖したことで起こる臭いの事なのです。そのため適切な対処をすることが大切になります。
革靴なども素材によっては洗うことができるので、足の蒸れが気になる夏や冬を避けて季節の変わり目などに洗うのがおすすめです。


今回は簡単に出来る臭いの取り方や予防方法などを紹介していきたいと思います!

目次

靴の匂いが取れない!(体験談)

靴の匂い消しランキングTOP3!

1位 即効性なら消臭スプレーを使う方法を
出先などで濡れて慌てて乾かしたものの臭いがする、一晩置いておくなんて悠長なこと出来ない!そんな時におすすめなのは消臭スプレーで臭いを取る方法です。一瞬で不快な臭いが消えてくれるので緊急で使いたい場合や出先などではこの方法がおすすめです。
ただし、洗った後の臭い対策などでやる場合は長期的な効果は見込めますが、濡れた後に乾かしただけのような場合などでは臭いの原因である皮脂汚れなどは取れておらず、あくまでも応急処置なので長期的な効果は見込めません。

 

2位  長期的な日々の臭い対策としても!10円玉を入れておく方法
もっとも手軽でお金のかからない方法が、靴を脱いだ際に10円玉を両足に数枚入れておく方法です。なるべく新しめの綺麗な10円玉を使いましょう。
10円玉には銅が95%程含まれているため、銅イオンが永続的に発生し続けます。銅イオンは水分に反応して発生する上、抗菌作用があるので不快な臭いのもとである雑菌を分解してくれるのです。
注意点として、10円玉から発生する銅イオンで抗菌できる範囲はその周辺だけなので、一枚だけではなく靴の中全体に効果がいきわたるように複数枚入れておいた方が良いと思います。
こちらの方法を行って臭いを取る際は最低でも一晩は置いておきましょう。

 

 

3位 活性炭のような消臭効果が見込める茶殻・コーヒー殻を使う方法
古くから緑茶には消臭効果や抗菌作用があることから家の掃除に用いられてきました。茶カテキンは雑菌による腐敗臭やアンモニア臭を抑える効果があるといわれているため靴の消臭にはぴったりです。また、コーヒーかすは無数の穴が開いており活性炭のような効果があるためアンモニアを吸収する作用が強いのでこちらもおすすめです。
自然乾燥かフライパンで10分程度焦げないように乾煎りした後にガーゼに包んだ茶殻を靴の中に入れておきましょう。コーヒーかすも同様のやり方です。
こちらの方法はお茶やコーヒーを飲んだ後に乾かすという工程が必要なため少し手間をかける必要があり、出先などでは使いにくいため3位としました。

靴の消臭 入れるだけ おすすめ商品3選!

スニーカーボール(2個入り)
スポーツ用品店に行った際に見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?
履いた後に入れておけば翌日不快な臭いが取れている手軽さと安価な値段が魅力です。
なお、香りが強めの物が多く、持続効果は3か月程なのでそれを目安に取り換えましょう。
サッカーボールやテニス、バスケなどの柄が展開されているので自分の好みの物を使えるのが嬉しいですね!

Bama バーマフレッシュライナー レディース用(消臭インソール)
6枚入りで1000円台という優しい値段設定で、良い香りがするので汗をよくかく方におすすめです。
湿気を素早く吸収し、防滑加工もされているので靴の中でインソールが動く心配もありません。
汚れたり臭いがしてきたらすぐに取り換えることが出来ます。

グランズレメディ
ニュージーランド生まれの除菌・消臭パウダーで、靴の中に振りかけておくと臭いの根源である雑菌を除去してくれます。
SNSやレビューなどでも消臭効果がかなりあったという方が多く、おすすめです。
ただし、粉を振ってから履くとサラサラしていていいのですがそのまま靴を脱ぐと靴下が白くなってしまうので注意です。偽物も出回っているようですので「正規保証書」というシールが貼っていない安すぎるものには手を出さない方が良いでしょう。

靴の消臭スプレー in ドラッグストア おすすめ商品3選!

グラフィコ フットメジ シューデオスプレー 無香料

黄色いスプレー缶


噴射口が下向きについており靴の中に差し込んでそのままスタンプ式に押すだけで臭いの籠りがちなつま先までしっかりと消臭することが出来ます。また、無香料なので強い香りが苦手だったり悪臭と香りが混ざり合うのが嫌な方におすすめです。

マンダム シンプリティ くつ用フレッシュデオスプレー(グレープフルーツの香り)

青いスプレー缶


パウダータイプなのでサラサラとして快適に履くことが出来ます。また、噴射に勢いがあり広範囲ではなくまっすぐに出てくるためつま先まで成分を届けることが出来ます。

フマキラー シューズの気持ち 消臭芳香剤 靴用 無香性 プレミアム


無香料なのでロッカーなどでも使えますし、消臭効果が強く香りでごまかさないので不快な臭いと混ざり合って臭いを放つこともありません。さらに抗菌作用もあるので使用していくうちに臭いが気にならなくなるとのこと。
靴以外にも靴下やストッキング、下駄箱や玄関・キッチンマット、スリッパなど幅広く使用することが出来ます。

靴の匂い消し 重曹をふりかけるのはあり?

重曹は「弱アルカリ性」なので 汗や生ゴミ、たばこ臭などの「酸性」の悪臭を消す効果が強いです。
翌日も履きたい場合などには重曹をそのまま靴の中に振りかけて出かける際に落とすのが効果的です。
また、シーズンオフなどで履かなくなったブーツなどにも重曹を入れて保管しておけばカビの繁殖を防ぐことが出来ます!

靴の消臭剤 最強はどれ?


matsukiyo 靴・ブーツ用消臭スプレーAg+ 無香料

スプレー缶


こちらの商品は無香料で300円台とかなり安価なうえ、銀イオンの力でしっかりと消臭することが出来るのでお勧めです。さらに真球状多孔質パウダーが配合されているので使った後はサラサラとしており快適に過ごすことが出来ますよ!

まとめ


靴の匂いが取れない?靴の匂い消し方ランキングとは?消臭スプレーvs入れるだけ、重曹ふりかけるのは効果あり?をタイトルにお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

様々な消臭アイテムが出ていますが多すぎて選び方がいまいちよくわからないかもしれません。


参考として、ミストタイプは靴の繊維の奥まで成分が届くため、自宅に帰ってしっかりと消臭をしたい時におすすめですがその一方で、しっかりと乾燥させる必要がありすぐに履くことが出来ません。


スプレータイプのものは速乾性があり、すぐに履きたい時などにおすすめです。


スニーカーをよく履く方は「スニーカー用」、パンプスやブーツを履く方は「ブーツ・パンプス用」の消臭スプレーを使うとより効果的だと思います。


なお、靴の消臭はきちんと乾燥と除湿を行うことが大切なので、新しく靴を購入した際にはしっかりと対策を行いましょう。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる