伊藤素子(1億8000万横領犯)の現在は?悲運な美人と南敏之(顔画像あり)との関係まとめ

伊藤素子は三和銀行オンライン詐欺事件の犯人で、1億8000万円ものお金を働いていた銀行から自分のものにしたという大変な事件です。

犯行理由が、「好きな人のためにやりました」とコメントしたことも有名な話です。

伊藤素子の現在はどうなっているのか?また結婚して子供はいるのか?

伊藤素子は結婚して子供はいるのか、南敏之のプロフールや関係についてもインターネットで調べました。

目次

伊藤素子のwiki風プロフィール

頭に手を置く女性

名前:伊藤素子(いとうもとこ)

生年月日:昭和23年11月18日(現在74歳)

最終学歴:明徳商業高校卒業(昭和42年)

家族:両親、兄1人、姉3人

父親は高校の教師・母親は華道や茶道を教える立場

犯行時の年齢:32歳

勤務先:三和銀行茨城支店

犯行日時:1981年3月25日

逮捕:1981年9月10日

結婚歴:あり(1990年に一般男性と結婚)

著書:愛の罪を償います

逮捕:1981年9月10日

判決:懲役2年6ヵ月

伊藤素子の現在は?【顔画像】

伊藤素子さんは不正に引き出した後にフィリピンのマニラに逃げたのですが、全国に逮捕を頼んでいたために、その場所の警察に逮捕されました。

横領事件として伊藤素子さんは1982年に大阪地裁にて「懲役2年6ヵ月」の実刑判決が言い渡されています。

伊藤素子さんが地方裁判所が判決を出したあと、この判決に納得できなかったことで判断して決まりました。

彼女は刑務所内の規則に違反しなかったので、刑期満了を待たずに2年後の1984年に仮に刑務所から出る事が出来たのです。

その後、伊藤素子さんは出所後1990年に一般男性と結婚しました。

結婚相手の方は伊藤素子さんがこの事件を起こしたことを理解した上での結婚でした。

刑務所から出た後の行動や動きは全く分からないので、今現在の様子ははっきりと分からないです。

現在を取材しようと試したのですが、彼女と夫に会う事は出来ませんでした。

報道によりますと、現在のお住まいは「琵琶湖畔にあるマンション」のようです。

伊藤素子は結婚して子供はいる?

一般男性と結婚していた事は分かったのですが、子供の情報はなかったです。

三和銀行の茨城支店で勤務をしていた伊藤素子さんは南敏之さんと不倫関係で12年も続いたようです。

南敏之さんには奥様がいたのですが、必ず離婚をするから」と伊藤素子さんに話していたそうです。

【顔画像】南敏之の現在とwiki風プロフィールまとめ

南敏之はこの約束を無かったことにして、伊藤素子さんがフィリピンで待っている間、この男は彼女が引き出した大金で女と遊んでいたのです。

後に事件の内容および南敏之の本性を知ることなった伊藤素子さんですが、それでもなお彼女は南敏之に対し悪く言うことはなかったそうです。

ちなみに、彼女がフィリピンで拘束された時に発した「好きな人のためにやりました」はその時の流行った言葉になっています。

横領事件で南も逮捕され、懲役5年の判決の刑罰が下されました。

南敏之の顔写真(画像)は発表されていなくて、素顔は分からないです。

一部ブログや動画では以下の人が南敏之として話の中心になっていますが、これは人違いです。

この人は「日大ギャング事件」(1950年)で逮捕された山際啓之です。

南敏之についてはニュースが一切ないため、顔写真や今現在の様子も分からないです。

南敏之のwiki風プロフィール

名前:南敏之

最終学歴:昭和23年生生まれ(現在74歳の年)

最終学歴:立正大学(昭和45年卒業)

大学卒業後の就職先:東急観光株式会社

結婚:昭和47年

南敏之は逮捕された時には結婚していました。

昭和47年に茨木霊苑という地元で有名な寺院の娘と結婚し、寺院の土地や墓がある所などを管理するための専務取締役になっています。

この管理の営業目的で建てられた茨木霊園の管理の専門業者が別に作られ、そこの代表取締役は妻で南敏之は取締役でした。

南敏之と伊藤素子の関係

雑誌

伊藤素子が南敏之と出会ったのは、三和銀行に入って10年以上経ち、彼女が30歳を超えた時でした。

20歳の頃知り合った男性と10年以上不倫関係を続けていた素子にとっては、相手を吹っ切るためのいいタイミングでした。

不倫相手とも別れ、南敏之と関係を持ちます。

顔立ちが良く背が高い、女性の扱いが上手い南敏之にとっては、思い通りに素子を物にしたに違いありません。

知り合ってすぐに素子は体も心も南に夢中になってしまったのです。

南は既に妻子持ちでしたが、またしても不倫をしてしまうのです。

「離婚するから待っていて欲しい」の言葉を、根が真面目な素子は信じて待っていたのです。

「茨木霊苑」という1万坪もある墓地の管理をしている社長だと信じ込ませ、派手に高級車を乗り回し素子をあやつりました。

茨木霊園というのは、元妻の実家の持ち物だったにも関係なく、上手く利用したのです。

次第に、南は素子に金をねだるようになりました。

10年以上かけて貯めた900万の預けたお金がなくなるのは、目に見えて早い物でした。

その当時に900万も貯めるということは、かなりしっかりしたお金の価値や使い方に感する持ち主だったと言えます。

素子の貯金がなくなったと知らされた南は、勤めていた三和銀行から自分の物にする計画を持ちかけ素子を誘い込んだのです。

そして「フィリピンに行って二人で日本料理屋を開こう!」の甘い誘い言葉に乗ってしまうのです。

犯罪を実際にしてすぐに他人のお金1億8000万の半分以上を南に渡し、自分は500万だけを持ってマニラに一人で飛び、南が来るのをずっと待っていました。

半年間待ても、南がマニラに顔を出すことはありませんでした。

南は日本ではでに遊ぶ毎日を送っていたのでした。

南敏之の現在は?

大金を受け取った南敏之は、伊藤素子を裏切って日本に残り家族とはでに遊んでいるのです。

9月8日に逮捕されています。

南敏之には懲役5年判断して言い渡され、そのまま罰が決められました。

南敏之はその時が35歳だったので、生きていたら現在76歳になっています。(南敏之は刑務所出所後、姓を村上に変えています。)

1億8000万円横領犯伊藤素子の現在のまとめ

下を向く女性

世の中を騒がせたこの1.8億円の横領事件の犯人の伊藤素子さんですが、好きな人の為にやったというのが印象的なだけで、本当に好きだった事がよく分かりました。

事件を起こした事はもちろん犯罪ですが、幸せに暮らしていたらいいなと思うほど真面目な人だと思いました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる