【サクラの実家】韓国籍ではなく元劇団四季!宮脇咲良の父親や母親兄弟・家族構成を網羅!

宮脇咲良実家-表紙

本ページはプロモーションが含まれています

【サクラの実家】韓国籍ではなく元劇団四季!宮脇咲良の父親や母親兄弟・家族構成を網羅!をタイトルにお伝えしたいと思います。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)は韓国で大人気のガールズグループですが、その中でもサクラ(宮脇咲良)さんの幼少期や家族構成について見てみましょう。

この記事でわかること:

サクラ(宮脇咲良)は韓国国籍?

サクラ(宮脇咲良)さんは韓国国籍ではなく、鹿児島県鹿児島市で生まれ育ちました。

彼女はLE SSERAFIM(ルセラフィム)のメンバーとして活動しているだけでなく、同時に日本と韓国の両方の芸能事務所に所属しています。

そんなサクラ(宮脇咲良)さんが韓国語を習得したきっかけは、日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」への参加でした。

その後、IZ*ONE(アイズワン)としての活動を通じて、彼女は韓国語を努力を重ねてネイティブレベルにまで上達しました。

その努力の結果、サクラ(宮脇咲良)さんの魅力は国境を超える形で広まり、日本、韓国、そして中国でも非常に人気を集めるようになりました。

彼女の多才さと明るいパーソナリティは、ますます多くの人々を魅了し、応援させています。

サクラ(宮脇咲良)は劇団四季の元子役?

また、サクラ(宮脇咲良)さんは元々子役としても活動していました。

彼女が子役としてデビューしたのは、2008年に劇団四季の『ライオン・キング』福岡公演でヤングナラ役を演じたときでした。

この舞台が彼女にとって初めての芸能活動であり、その才能が輝き始めた瞬間でした。

その後、2011年にはHKT48の1期生オーディションに合格し、アイドルとしての道を歩むことになりました。

サクラ(宮脇咲良)さんは、子役時代から非常に優れた歌唱力やダンスの才能を発揮し、HKT48のメンバーに選ばれることで、アイドルとして新たなキャリアをスタートさせました。

あおい

ライオン・キングに出ているサクラ(宮脇咲良)さんも見てみたかった!

サクラ(宮脇咲良)の実家は?

彼女の実家に注目します。

サクラ(宮脇咲良)さんの実家は鹿児島県鹿児島市にあります。

彼女は鹿児島市内の小学校に通っていました。

家族構成は、お父さん、お母さん、弟さんの4人家族で、とても仲良しです。

サクラ(宮脇咲良)の生い立ちは?

サクラ(宮脇咲良)さんの生い立ちを詳しく見てみましょう。

彼女は1998年3月19日に鹿児島県鹿児島市で生まれました。

彼女は小学校3年生の時、ミュージカル好きなお母さんの勧めで、鹿児島市にある『マリアミュージカルアカデミー』というミュージカル教室に通い始めました。

この教室では、女優の上白石萌音さんと一緒にレッスンを受けていたということです。

そして、彼女は2008年に劇団四季のミュージカル『ライオン・キング』でヤングナラ役を演じる機会を得ました。

その後、2011年にはHKT48の1期生オーディションに合格し、アイドルとしての活動を本格化させました。

サクラ(宮脇咲良)の父親は2人いる?

次に、彼女の父親に注目します。

彼女には実父と義父の2人の父がいます。

実父は彼女が1歳の時に離婚し、義父はその後お母さんと再婚した方です。

義父については、医師であるという噂が広まっていますが、それに関しては信憑性がないとされています。

ただ、義父はサクラ(宮脇咲良)さんが中学生の頃、医師を目指していた彼女を熱心にサポートしてくれました。

一緒に勉強したり、彼女の夢を応援するため全力で尽くしてくれました。

彼女はテレビで義父に対する感謝の気持ちを述べています。

一方で、実父とは1歳の時に離れてしまったサクラ(宮脇咲良)さんですが、ある握手会の際に、地元の男性が彼女に「応援してるよ」と一言告げたことで、「お父さんだ」と直感的に気づいたといいます。

彼女は父が2人いる自身について、「どちらのお父さんも自分に愛情を注いでくれていると思っている」と述べています。

あおい

2人のお父さんとサクラ(宮脇咲良)さんの関係はとても素敵ですね。

サクラ(宮脇咲良)の母親はどんな人?

サクラ(宮脇咲良)さんの母親に焦点を当ててみましょう。

彼女は若いうちにサクラ(宮脇咲良)さんを出産し、シングルマザーとして一生懸命に育て上げた素晴らしい女性です。

彼女は1978年に宮崎県で生まれ、おそらく19、20歳の時にサクラ(宮脇咲良)さんを出産しました。

母親の職業については医療従事者だという噂がありますが、具体的な情報は確認されていません。

母親のミュージカル好きがサクラ(宮脇咲良)さんに多大な影響を与えたと言えます。

後に母親は再婚し、サクラ(宮脇咲良)さんには弟が生まれました。

家族は非常に仲が良く、特に母親はサクラ(宮脇咲良)さんの芸能活動を全力で応援しています。

母娘の絆は非常に強く、韓国での生活を送るサクラ(宮脇咲良)さんは母親と頻繁に電話で会話しているようで、LE SSERAFIMのYou Tubeチャンネルでは他のメンバーにその様子をモノマネされています。

サクラ(宮脇咲良)の祖母はどんな人?

次に、サクラ(宮脇咲良)さんの祖母に注目したいと思います。

サクラ(宮脇咲良)さんのおばあちゃんである恵美子さんは、サクラ(宮脇咲良)さんの母親がシングルマザーだった頃、サクラ(宮脇咲良)さんの世話をしてくれた大切な存在です。

恵美子さんは非常に寛大であり、家族を支える役割を果たしました。

彼女はサクラ(宮脇咲良)さんの芸能活動を心から応援しており、二人は非常に親しい関係です。

その絆は家族の中でも特に強く、恵美子さんの存在はサクラ(宮脇咲良)さんにとって非常に重要なものとなっています。

また、恵美子さんは愛猫のまるちゃんと一緒に生活しており、家族と共に温かな時間を過ごしています。

彼女の存在は、サクラ(宮脇咲良)さんにとって心強い支えとなっていることでしょう。

あおい

家族みんな仲が良くて、サクラ(宮脇咲良)さんの活動を応援してくれているんですね!

サクラ(宮脇咲良)に兄弟はいる?

最後に、サクラ(宮脇咲良)さんの兄弟に焦点を当ててみましょう。

サクラ(宮脇咲良)さんには一人弟がおり、名前はそうたろうくんと言います。

彼はサクラ(宮脇咲良)さんより13歳年下です。

したがって、そうたろうくんが幼いころから既にサクラ(宮脇咲良)さんはアイドルとして活躍していたということになります。

サクラ(宮脇咲良)さんによれば、そうたろうくんは彼女よりも賢いそうです。

サクラ(宮脇咲良)さん自身も学力がかなり高いと思われる60前後の偏差値の学校に通っていたので、そうたろうくんの学力は相当高いのではないでしょうか。

そうたろうくんは母親と再婚した義父の間に生まれたので、サクラ(宮脇咲良)さんと年齢差はあるものの、とても仲の良い関係を築いています。

サクラ(宮脇咲良)さんはそうたろうくんと一緒にユニバーサルスタジオジャパンへ行ったり、家庭科で学んだ料理を一緒に作ったりするなど、兄妹で仲の良い時間を過ごしています。

まとめ

今回はLE SSERAFIM(ルセラフィム)の日本人メンバーであるサクラ(宮脇咲良)さんの幼少期と彼女の家族について調べてみました。

サクラ(宮脇咲良)さんは幼いころに両親の離婚といった辛い経験を経験しましたが、暖かい家族のサポートや早い時期からの芸能活動が、彼女が今の「ストイックな宮脇咲良」に確固たるものになったのだと思います。

今後も華々しい活躍を続けて、家族やファンをたくさん楽しませてほしいですね。

あおい

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

この記事でわかること: