洗濯機の臭い取りおすすめ商品3選!カビキラーしても掃除しても臭い?楽で簡単な対処法とは!

鼻をつまむ女性

洗濯機の臭い取りおすすめ商品3選!カビキラーしても掃除しても臭い?楽で簡単な対処法とは!をタイトルにお伝えします。

今回は、毎日のように使う洗濯機の臭いについて記載していきます。

洗濯物の臭いに悩んでいる方も多いと思います。

せっかく洗ったのに臭いが気になる、掃除したのに臭いが取れない・・諦めてしまっている方も少なくないと思います。

そこで今回は、洗濯機の臭いの原因、対策、簡単な対処法や、おすすめの商品を紹介していきます。

今まで諦めていた洗濯機の臭いの悩みを解決してもらえたら嬉しいです。

目次

洗濯機の臭いが取れない!(体験談)

洗濯機の中は定期的に洗濯しているし、柔軟剤も使っているのになかなか臭いが取れないという方も少なくないと思います。

私も臭いが気になり、洗濯機の中を掃除したり、柔軟剤が合っていないのかも?と色々な柔軟剤を試した時もあります。

ですが、いくら試しても洗濯物、特にタオルの臭い、洗濯機を開けた時の臭いが気になり、洗濯機を替えないといけないのでは?と思ったこともあります

そんな簡単に変える物でもなく、毎回業者の方に頼むのも出費が・・・と色々悩んでいたのですが、ネットで色々調べていくと、今までのちょっとした行動を少し変えるだけで臭いが付きにくくなることを知ります。

定期的に洗うことで、臭いも全く気にならなくなります。

初めは、ちょっと面倒かも・・と思ったこともありますが、今は月に一回洗うことが楽しみになっているぐらいです。

そして、臭いも全く気になることはなくなったので、私と同じように悩んでいる方がいたら、ぜひ読んでいただいて、まず簡単な所から変えてみて実感していただければと思います。

洗濯機を掃除しても臭い理由・原因

既に洗濯機の掃除をしたり、色々な対策をしたのに、なかなか臭いが取れないと思われている方も多いと思います。

まず、臭いの原因として一番に挙げられるのは「カビ」です。

カビが発生してしまう条件として「栄養・湿度・温度」があげられます。

そして、石鹸や洗剤の溶け残りはカビの大好物であり、更に湿度や温度も洗濯槽は条件として揃いやすいのです。

洗濯機はカビにとっては最高の場所ということになります。

次に洗剤の臭いが洗濯機についているように感じている方もいると思います。

その原因としては「洗剤の使いすぎ」が考えられます。

洗剤はいっぱい使ったほうが汚れがおちそうという方や毎回きちんと量るのは面倒だという方もいるかもしれませんが、それは逆効果なのです。

洗濯物を綺麗にしたいと思ってのことが、逆に臭いが残ってしまう原因となります。

次の原因は「柔軟剤」です。

何と、柔軟剤もカビが生える原因の一つなのです。

そして、柔軟剤は洗剤よりもカビの原因になりやすいとも言われています。

では、柔軟剤は使ってはいけないのか、と思われた方もいるかも知れませんが、柔軟剤も使い方が大事になります。

柔軟剤に関しても、正しい量を量っていれることが大事です。

それでも、カビの原因になってしまうのではと心配な方は、少し少なめに入れたり、柔軟剤を少し水で薄めてから入れるのもオススメです。

次の原因の一つは「下水のにおい」です。

その原因としては「排水ストラップがない・汚れている・水がなくなっている」ということが考えられます。

下水の臭いに悩んでいる方は、まず排水ストラップが設置されているか確認し、設置されていなければ設置することが大事です。

そして、排水ストラップの部分は取り外しが出来ますので、定期的にお掃除をし、排水ストラップの中に水が溜まっているかも一緒に確認することも大切です。

洗濯機をカビキラーしても臭いのはなぜ?

先ほど、原因は「カビ」だと言いましたが、カビキラーを使って掃除したのにまだ臭いが・・という方もおられると思います。

その原因として、洗濯機のメーカーにあった洗濯槽クリーナーを使うことが挙げられます。

カビキラーを使ったのに・・と思っていたところ、メーカーの洗濯槽クリーナーで一発で綺麗になったということもあります

もう一つの原因は「下水・排水溝からの臭い」です。

そしてその原因としては「排水ストラップがない・汚れている・水がなくなっている」ということが考えられます。

下水の臭いに悩んでいる方は、まず排水ストラップが設置されているか確認し、設置されていなければ設置することが大事です。

そして、排水ストラップの部分は取り外しが出来ますので、定期的にお掃除をし、排水ストラップの中に水が溜まっているかも一緒に確認することも大切です。

洗濯機の臭いの取り方!簡単おすすめ対処法

一つ目は洗剤は適切な使用量を守ることです。

洗剤は入れれば入れるほど汚れが落ちるわけではなく、逆に溶けきれずに洗濯槽や洗濯物に残ってしまい、カビの原因にもなってしまいます。

二つ目はすすぎの回数・水の量を増やすことです。

中には節水の為にすすぎの回数を少なくされている方もいるかもしれませんが、回数が少ないと洗剤が溶けきれず残ってしまうことがあるのです。

それと同様に、水の量が少なすぎると洗剤が残ってしまう原因にもなってしまいます。

三つ目は洗剤を固形ではなく液体のものを使うことです。

この理由としては、固形石鹸の場合は溶けきらない場合があるからです。

四つ目は洗濯物をため込まないことです。

洗濯機の中に洗濯物をため込んでいると、どんどん雑菌が繁殖してしまいます

直ぐに洗濯をしない洗濯物は洗濯機の中ではなく、カゴの中に入れ、洗濯機の中に入れたら直ぐに洗い、洗い終わったら直ぐに取り出して乾かすことで、雑菌の繁殖を防ぎます。

そして、洗濯が終わった洗濯機の蓋は開けて置くことで、湿度が高くなることを防ぎます

もし小さい子がいて、蓋を開けることが不安な方は、蓋を閉める際にタオルなどを挟んで少し隙間を作るだけでも違います。

五つ目は排水ストラップが設置されているかを確認し、設置することです。

そして、排水ストラップの部分は取り外しが出来ますので、定期的にお掃除をし、排水ストラップの中に水が溜まっているかも一緒に確認することも大切です。

六つ目は以上のことを日頃から心がけ、月に一度クリーナーを使って洗濯槽の掃除をすることです。

洗濯機が臭いときハイターは効果的?

どの洗濯用クリーナーを買えばいいのか、間違えて買って無駄にしたくないという方もいらっしゃると思います。

そこで先ず手始めに「液体のキッチンハイター」を使っていただくことをオススメします

その理由として、ハイターに関しては、縦型であってもドラム式であっても効果があるからです。

方法も簡単です。

まず、洗濯槽を水で満杯にし、液体のキッチンハイターを1本全て入れます

そして「洗い」で5分ほど回し、その状態のまま40分つけ置きで放置するだけです。

それだけで洗濯機もピカピカになり、臭いもなくなります。

洗濯機の臭い取りおすすめ商品3選!

◎日立 洗濯槽クリーナー

この商品は日立が販売している商品ではありますが、全メーカーに対応しており、縦型・ドラム式、ステンレス・プラスチック全てに対応しているという、形状も素材も選ばないクリーナーです。

初めての使用でどれを使えばいいかわからない方には1番オススメです。

¥3,500 (2022/07/18 02:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

◎パナソニック 洗濯槽クリーナー ドラム式専用

こちらはパナソニックのドラム式の洗濯機をお使いの方にはオススメです。

塩素系のクリーナーで、高い除菌効果と洗浄力が魅力で、カビや嫌な臭いも徹底的に分解してくれるのです。

カビや腐食を防止するという成分も配合されています。

¥3,096 (2022/07/18 02:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

◎ジョンソン 洗濯槽カビキラー

こちらの商品も塩素系のクリーナーで、カスが残らないことから、お手入れが楽にできるクリーナーです。

さらに、短時間での掃除が可能なので、定期的にお手入れしやすい商品です。

¥1,416 (2022/07/18 02:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

おすすめ商品と言っても、洗濯機の形状や洗濯槽の素材によって、使用できるクリーナーが限られます。

必ずご家庭の洗濯機を確かめてから購入の検討をお願いします

洗濯槽の掃除を2ヶ月に1回程度されている方は「塩素系」のクリーナーがオススメです。

次に半年に1回程度のお掃除の際は「酸素系」のクリーナーがオススメです。

1年以上掃除をしていない方は、「塩素系」と「酸素系」の2つを使用することをオススメします。

ここで1番注意してほしいことがあります。

絶対に混ぜて使用しないことです。

混ぜてしまうと有毒ガスが発生し、人体に影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、呉々も注意していただくようお願いします。

まとめ

洗濯機の臭い取りおすすめ商品3選!カビキラーしても掃除しても臭い?楽で簡単な対処法とは!をタイトルにお伝えしました。

今回は洗濯機の臭いについてのまとめになります。

毎日出来る対処法や、洗濯槽を掃除するのが不安だった方に少しでも参考になればと思います。

洗濯機を掃除すると聞くとかなり難しそうに思いますが、まずは簡単な所から初め、少しでも臭いの対策をしていただければと思います。

クリーナーも基本的には勝手に綺麗にしてくれるので、用量や説明を読めば簡単にできます。

どのクリーナーが良いのか迷ったときは参考にしていただけたらと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる