関西でモモ狩りを楽しむならここ!神戸フルーツフラワーパーク

桃

神戸市北区にある「道の駅 神戸フルーツフラワーパーク大沢(おおぞう)」は、様々な種類のフルーツ狩りが楽しめるテーマパークです。

自然あふれる広大な園内は中世ヨーロッパをイメージした建築様式や庭園があり、まるでおとぎの国に迷い込んだような気持ちになれます。

四季折々の自然と美しい建物を楽しみながら、これからの時期、旬の果物であるモモ狩りに行ってみませんか?

目次

神戸フルーツフラワーパーク概要

神戸フルーツフラワーパークについての詳細をまとめました。

  • 住所:〒651-1522 兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150
  • Tel:078-954-1000(フルーツ狩りの問い合わせは078-954-1010)
  • 営業時間(フルーツ狩りのみ):平日 10:00~16:00 土日祝 10:00~16:30

入場料、駐車場料は共に無料で、六甲北有料道路大沢ICを降りてすぐの所にあります。カーナビを使う方は「078-954-1000」と入力してください。

電車で来られる方は、神戸市電鉄なら「岡場駅」、JRなら「三田駅」から車で約15分ほどとなります。土日祝のみの運行となりますが、JR「三ノ宮駅」からなら神姫バス(38系統)を使う事ができます(約35分)。

上記の営業時間はフルーツ狩りのみの時間ですので、他の施設も利用される方はHPからそれぞれの施設の営業時間を確認してください。

もぎたてのモモが食べ放題!

フルーツフラワーパークのフルーツ狩りは季節ごとによって変わり、モモはだいたい7月下旬~8月上旬に食べる事ができます。ただし開園期間中でもモモがなくなり次第終了となりますので、注意が必要です。

料金は大人1500円子供1000円で好きなだけモモを食べる事が出来ます。食べられるモモは白鳳という種類のモモで、酸味が少なく果汁がたっぷりのとても甘い品種です。

もぎたてのモモの本来の甘さをぜひ味わってみてください。きっと「これだけでこんなに違うのか」という感動を味わえると思いますよ。

ちなみにHPを見ると2022年6月現在はまだフルーツ狩りは準備中のようで、いつからスタートか早く知りたい方は直接パークの方に問い合わせてみる事をおすすめします。

白鳳と白桃の違い

神戸フルーツフラワーパークのHPでは白鳳という品種のモモが食べられるそうですが、白鳳は白桃と何が違うのでしょうか?

白鳳は白桃に比べ果汁が多く柔らかくなるのが早いので、完熟品はやや日持ちは短いようです。

果肉は白く、程よい甘みと控えめな酸味が特徴です。

良い白鳳の見分け方は、実がずっしりと重く、真ん中の割れ目が深くない左右対称になっているものがおすすめです。色は赤色が濃いものがいいですね。

またモモはとても繊細で傷つきやすいフルーツとなっていますので、収穫するときには優しくもぎ取るように注意しましょう。

神戸フルーツフラワーパークでモモ狩りをする時の参考にしてくださいね!

モモ狩りをする時の注意点

フルーツ狩りは上記でも述べましたが開園期間中でもモモがなくなり次第終了となります。

また天候やフルーツの実り具合によっても中止となる場合がありますので、行く前は必ずHPか直接問い合わせをして確認するようにしましょう。

事前予約は受け付けておらず、直接パークに行って受付をする必要があります。

また2022年現在も新型コロナウイルスの予防対策として人数や時間の制限を行っているようなので、早めの時間に行く事をおすすめします。

モモ狩りをする時にはプラスチックナイフの貸し出しはあります。ほかの持ち物としてはレジャーシートなどがあると便利でしょう。また熱中症対策や虫対策に帽子や長袖の服、虫よけスプレーなども忘れないようにしてくださいね。

果樹園内での飲食の持ち込みは自由となっていますので、ピクニック気分でフルーツ狩りを楽しむのも良いですね!(ただし帰る時に荷物チェックがありますのでご了承ください)

お土産用のモモは別途料金が必要ですが、自分で選んでもいだモモを買って帰る事ができます。

フルーツ狩りだけじゃない?神戸フルーツフラワーパークの魅力

神戸フルーツフラワーパークにはフルーツ狩り以外にも様々なイベントを楽しむことができます。

様々な施設があり、フルーツ狩りの場所だけでもゴーカートで移動が必要なほどの広さとなっています。

フルーツ狩りはモモ以外にも季節に合わせてブドウ、梨、リンゴが楽しめますし、バーベキューや遊園地、ドッグランやレストランなど1日で回り切れないほどです。

セレクトショップではパークこだわりの六甲山牧場の牛から作ったソフトクリームやチーズ、神戸ワインなどを購入でき、ファームサーカスマーケットは野菜の直売所で、採れたて新鮮な野菜を楽しめます。

さらにはおサルさんの芸が楽しめる神戸モンキー劇場やプール、イルミネーション、はたまた足湯や温泉などもあり、疲れた時にやすらげる場所もばっちりです。

「楽しむ場所があり過ぎて困る…」という方にも安心なのが、なんとこのテーマパーク、ホテルもあるのです。

「神戸ホテル フルーツ・フラワー」はまるでお城のような外観で、かけ流しの露天風呂やバイキングが楽しめるので、テンションが上がる事間違いなしです。

「神戸フルーツフラワーパークを楽しみ尽くしたい!」という方は是非ホテルに泊まってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

これからの季節、暖かくなり旬のフルーツが美味しくなる季節です。

この夏、瑞々しいもぎたてのモモを楽しみながら、神戸フルーツフラワーパークを遊び尽くしてくださいね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる