まつげの癖を治したい!まつ毛目尻のくせを改善する方法を紹介!

まつげの癖を治したい!まつ毛目尻のくせを改善する方法を紹介!をタイトルとしてお伝えします。

太い髪や細い髪、うねりやハネなど、髪の毛にくせがあるのと同様、まつ毛にもくせ毛があるって知っていますか?

また、「栄養不足」「メイクやクレンジングによる負担」「血行不良」「ストレス」「睡眠不足」はいずれもまつげにうねりを引き起こす主な原因です。

「まつ毛にくせがついて治らない」と悩んでいる方は、生活習慣を見直すことから始めてみましょう!

今回の記事では

  • まつげにくせができる原因・生活習慣
  • まつげケア方法
  • おすすめまつげくせ毛のホットビューラー

などについてご紹介いたしますので、まつげをきれいにキープする方法を知りたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

目次

まつげのくせの原因や生活習慣とは? 

まつ毛にくせが出る原因としては、「先天的なもの」と「後天的なもの」があります。

また、まつげにダメージを与えると、まつげは健康的に育たず、真っすぐ生えません。

では、まつげにクセができる原因や生活習慣とは、具体的にどんなものなのでしょうか?

以下、まとめてみました。

くせができる原因・生活習慣

毛質によるもの

たとえば、髪の毛が直毛の方は、まつ毛も太くて真っすぐな場合も多いですが、髪の毛が柔らかい方や、毛先がうねるタイプの方は、まつ毛もくせ毛になりがちです。

〇生え方によるもの

生まれつきまつ毛の生え方にくせがある場合もあります。逆さまつ毛などが典型です。

〇まぶたや頬の肉によるもの

まぶたが垂れ下がっていたり、頬の肉が盛り上がっていたりしていると、まつ毛が押され、常にくせ毛になっていることがあります。

〇体調不良によるもの

極端なダイエットなどによる栄養不足や精神的なストレスも、まつげの生え方に影響を及ぼすことがわかっています。

〇ビューラーによる負担

ビューラーは真っすぐなまつ毛を挟んでカールするため、まつげに大きなダメージを与えます。ダメージが蓄積されると、まつ毛が細く弱くなってくせも出やすくなります。

〇マスカラの負担

まつげメイクをするには欠かせないアイテムである「マスカラ」。そんなマスカラには、実はさまざまな添加物が配合されています。

1日中マスカラの添加物に触れていると、まつげが適切な水分補給などもできなくなり、まつげは常に「疲れた状態」となってしまいます。

〇クレンジングの負担とメイク残り

クレンジングが不十分で、メイクが残っていることも、くせ毛の原因になります。特に目尻側の汚れは見落としがちです。

また、アイメイクやマスカラはしっかり落とすことが基本ですが、クレンジングの時にゴシゴシと強くこすると、まつ毛も摩擦によるダメージを受けてしまいます。

〇うつぶせ寝・寝相の偏り

実は、髪の毛に「寝ぐせ」が付くように、まつ毛にも「寝ぐせ」が付くんです。寝ている間にまつ毛がこすれたりすると、特にくせが付きやすくなります。

〇栄養の偏り

まつ毛は主成分がたんぱく質で作られているのですが、たんぱく質は体内で生成できないため、食事から摂取する必要があります。栄養バランスが乱れると、まつ毛は育たず、きれいに生えません。

〇血行不良

ストレスや冷え性、喫煙や脂質の多い食事をしていると血行不良になり、まつげも育ちません。

まつ毛のくせを根本改善する方法!

まつ毛のくせを根本から改善できる方法もあるんですよ。

以下、ケア方法をご紹介していきますね。

〇まつ毛への負担を減らす

毎日のメイクやクレンジングは、まつげに大きなダメージを与えています。

たまには「アイメイクをお休みする」「お湯でオフできるマスカラを使う」など、できるだけまつげに負担をかけない方法を選択しましょう。

また、一般的な「ゴムで挟むタイプのビューラー」は、まつげへの負担が大きいといわれています。「ホットビューラーで代用する日」や、「ビューラーを使わない日」も設けてみてくださいね。

〇目元の血行不良を防ぐ

目元の血行が悪くなると、まつげのうねりやクセの原因になることがあります。目周りのツボを押したり、温かいタオルを目に当てるなどして、血流を促しましょう。

〇栄養を与える

健康的なまつ毛に育てるために、栄養を与えるケアを行いましょう。まつ毛美容液で美容成分や潤いを補給すると、ハリのある健康的なまつ毛になりますよ。

〇バランスの良い食事

過度のダイエットや偏食を続けていると、まつげの成長に欠かせない栄養が不足します。

まつげをきれいに育てるには、ミネラル、ビタミン、たんぱく質などが必要です。野菜、肉、魚、卵、大豆製品、穀物などをバランス良く食べましょう。

〇ストレス解消

ストレスが溜まっていると、血行が悪くなったり皮脂の分泌量が増したりします。音楽を聴いたりお風呂に浸かったりと、ストレスを解消する方法を見つけましょう。

〇良質な睡眠

まつ毛が育つには、成長ホルモンの分泌が必須です。成長ホルモンは寝ている間に分泌されるため、質の良い睡眠を取ることによって、くせを改善させる効果が期待できます。

まとめ

まつげの癖を治したい!まつ毛目尻のくせを改善する方法を紹介!をテーマにお伝えしました。

まつ毛のくせの原因は、毎日のメイクや、マスカラに入った添加物による負担、ダメージの蓄積などです。

健康的できれいなまつげを手に入れるために、過度なメイクや洗い残しによるトラブルを避けるよう気を付けましょう。


また、まつ毛が傷んでいる場合はダメージを進行させる恐れがあるので、まつ毛パーマは控えましょう。

なお、まつ毛美容液によるケアを行うと効果が期待できますが、毛穴や目の形など、先天的な原因でまつ毛にくせが出る場合は、美容液では解決できないこともあります。

まずは栄養バランスのよい食事や十分な睡眠をとり、リラックスした生活を送ることで、体調を整えましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる