BLACKPINK学歴は?頭いい順や出身高校の偏差値もランキングで発表!

本ページはプロモーションが含まれています

BLACKPINK学歴は?頭いい順や出身高校の偏差値もランキングで発表!をタイトルにお伝えしたいと思います。

韓国出身の女性4人組グループBLACKPINKは2016年にデビューし、世界中で大きな人気を博しています。

彼女たちは多国籍なメンバーで構成されており、そのため韓国だけでなく国際的にも広く支持を受けているグループです。

競争の厳しい環境でデビューを果たしたBLACKPINKのメンバーが学生時代をどのように過ごしてきたのか気になる方もいることでしょう。

そこで、今回はBLACKPINKの学歴に焦点を当てて、メンバーの学歴や知能指数について詳しく調査してみましたので、最後までお楽しみください。

BLACKPINKの学歴を見ていきましょう。

BLACKPINKは様々な国のバックグラウンドを持つ4人で構成された韓国の人気ガールズグループです。

各メンバーがどのような学校に通っていたのかは、ファンにとっても興味深い情報かもしれません。

まず、ジス、ロゼ、ジェニー、そしてリサの最終学歴をご紹介します。

– ジス:果川中央高校(中退) – ロゼ:Canterbury Girl’s Secondary College (中退) – ジェニー:清潭中学校 – リサ:Praphamontree 2 School それぞれのメンバーの生い立ちや学校での詳細についてもご紹介しますね。

ジスが果川中央高校を中退した経緯について注目してみましょう。

ジスは果川中央高校に在籍していましたが、夢を追求するために高校1年生の時に自主退学しました。

その後、YGエンターテイメントの練習生として活動し、5年間の練習期間を経験しました。

グループ内で最年長のメンバーは、長いトレーニング期間を経て、ついにBLACKPINKとしてデビューし、大成功を収めました。

彼女は高校生の時に歌手になる夢を持ち、学業を中断してでもその夢に向かって努力を重ねました。

彼女の姿勢は本当に素晴らしく、尊敬に値しますね。

実は練習生時代からその容姿の美しさで知られており、驚くべきことにYGエンターテイメントの練習生として活動していた時にはSMエンターテイメントからもスカウトされたこともあるそうです。

韓国は学歴至上主義の社会ですが、中高一貫校で芸能活動を並行して行うアイドルもいますが、彼女は練習生としての覚悟を決めて、デビューに向けて励んでいたようですね。

彼女は高校在学中に夢に向かって覚悟を決める姿勢は本当にカッコいいですよね。

私たちは、自主中退をしたロゼにも注目してみたいと思います。

ロゼはオークランド(ニュージーランド)出身で、7歳の時にオーストラリアのメルボルンに移住しました。

15歳の時、父親の勧めでシドニーで開催されたYGエンターテイメントのオーディションに参加し、ギターを弾き語りするパフォーマンスで練習生としての切符を手に入れました。

当時在籍していた学校はCanterbury Girl’s Secondary Collegeで、法律を学んでいたそうです。

この学校はヴィクトリア州にある5つの国立女子校の1つであり、卒業生の多くは進学校に進む実力派の学校ですね。

ジェニーはカレッジを卒業しました。

韓国でお金持ちが多く住む清潭洞出身のジェニーは9歳の時にニュージーランドのオークランドに留学しました。

小学校は韓国で、後にニュージーランドの学校に転校し、卒業後はACG Parnell Collegeに進学しました。

その後、K-POPアイドルを目指す夢を胸に帰国し、清潭中学校に転校して卒業しました。

学校卒業は2011年でしたが、練習生としては2010年にYGエンターテイメントと契約し、長い練習生期間を経て、BLACKPINKのメンバーとしてデビューして大成功を収めました。

外国の学校に進学していた経験があるものの、実際に卒業したのは韓国の学校だったのですね。

国際スクール出身のリサに注目したいと思います。

リサはタイ開催のYGエンターテイメントのオーディションに14歳の時に参加し、合格を勝ち取って韓国へ移住しました。

当時、約4000人が応募したオーディションで、リサだけが合格したと言われています。

韓国に移住して、約5年もの長い練習生活を経て、2016年にBLACKPINKのメンバーとしてデビューしました。

彼女が韓国に渡る前に通っていた学校は、タイの国際スクール、Praphamontree 2 Schoolでした。

リサに関する情報には、学校卒業と中退の両方が示唆されているため、どちらが正しいか確かではありません。

ただし、高校卒業認定試験には合格しているようです。

タイでもオーディションが行われており、BLACKPINKのメンバーたちが通っていた学校や偏差値について調べてみました。

各メンバーが異なる国の学校に通っていた経験があることから、彼女たちが国際的なグループであることが改めて感じられます。

一部のメンバーは学校を中退していますが、練習生として活動しながら学業との両立は個人的に難しいと思われます。

彼女たちは芸能界で成功を収めるために練習を積み重ね、世界的なグループとして活躍している姿は素晴らしいです。

さて、彼女たちの頭の良さを調べ、各学校の偏差値を調査してみましたので、引き続きお楽しみください。

各メンバーの頭の良さについて調査しましたが、彼女たちがどの順番で頭が良いかを一概に決めるのは困難なことがわかりました。

それぞれが異なる国の学校に通っており、練習生としてスタートしたタイミングも違うため、一概に頭の良さをランク付けするのは難しいでしょう。

国によって学力レベルも異なるし、中退したメンバーや高校卒業したメンバーもいるため、比較するのは困難な状況です。

それぞれのメンバーには個々の素晴らしさがあり、語学力に長けている人やモデルとしてのキャリアを両立している人など、様々な魅力を持つメンバーがいますね!学業成績だけで順位をつけるのは難しいですが、グループ全体として多くの魅力を持っていると言えるでしょう。

国や学年が異なれば、最も優秀な人を決めることはできませんよね! 各メンバーが通っていた学校の偏差値を調査してみましたが、結論から言うと、海外では学校をランク付けする偏差値というシステムは存在しませんでした。

日本では小学校から偏差値が学校選びに影響を与える傾向があります。

しかし、海外では専門分野や学校システムの違いから、学校の評価よりも専門性を重視して進学先を選ぶことがあるようです。

国によって小学校6年、中学校3年、高校3年と進学スタイルが異なるところもあります。

それぞれのやり方が異なるため、学校の評価だけで決められるわけではないようですね。

まとめ:BLACKPINK学歴と頭いい順・出身高校偏差値

この記事では、BLACKPINKのメンバーの学歴や頭の良さ、学校の偏差値について調査しました。

メンバーがどの学校に通っていたのかや最終学歴、学校事情についても理解できたでしょう。

また、頭の良さや偏差値に関しても調査しましたが、日本と評価基準が異なるため、総合的な判断が難しいことも明らかになりました。

BLACKPINKはそれぞれの努力や練習を経て、韓国や世界中で人気を集める成功を収めたグループです。

彼女たちの今後の活躍に注目したいですね。

あおい

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

この記事でわかること: