ふとももが短期間で痩せる方法とは?太くなる原因と、気軽に実践できる効果的な方法をご紹介!

ふとももが短期間で痩せる方法とは?太くなる原因と、気軽に実践できる効果的な方法をご紹介!をタイトルにしてお伝えしたいと思います!

スラっと細いふとももは、多くの女性の憧れですよね。

でもふとももって、痩せにくい部位のイメージはありませんか?

「なかなか痩せない…」「ダイエットを始めるハードルが高い」そう思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ふとももが太くなる原因と、ズボラさんでも始めやすい、効果的な方法をご紹介していきます。

目次

ふとももが太くなる3つの原因とは?

そもそもふとももが太くなる原因を知っていますか?

ここでは主に3つの原因を取り上げてみました。

①むくみ

ふとももは重力の影響を受けやすく、リンパ液や老廃物が溜まりやすい部位の為、どうしてもむくみやすくなってしまいます。

適度な運動を行えば、血液と一緒に循環させる事でむくみを防ぐことは出来ます。

ですが、女性は男性に比べて筋肉量が少なく、またデスクワーク等で運動不足の方も多い為、なかなか改善されにくいようです。

また、エアコンによる体の冷えや、塩分・アルコールの摂りすぎも、むくみを引き起こしやすくなります。

 

②筋力の低下による脂肪の蓄積

運動不足になると、ふとももだけでなく、体全体に脂肪が蓄積されてしまいます。

脂肪が蓄積されることによって筋力が衰え、それによって脂肪をため込みやすい体質に変化してしまうという、悪循環が生まれます。

ため込んでしまった脂肪は、固まってセルライトになってしまい、より落ちにくくなってしまうのです。

③骨盤のゆがみ

骨盤がゆがんで開いてしまうと、脂肪分が入り込んでしまいます。

ふとももの外側が太くなってしまっている場合、骨盤が歪んでいる可能性があります。

高いヒールをはく人、荷物を左右どちらかだけで持ってしまう人、足を組んだり胡坐をかいたりする人は要注意です。

原因が分かったところで、ここからは、気軽に実践できる効果的な方法をご紹介していきますね!

ふともも痩せに効果的なストレッチ

ストレッチをする事で、脂肪や筋肉がほぐれると、血行が促進され、ふともも痩せの効果が期待されます。

寝たままできるので、運動が苦手な方でも継続しやすいですよ!

ふとももの3つの筋肉をしっかり伸ばすストレッチを紹介していきます。

前側のストレッチ

 1 仰向けになり、片方の膝を曲げる。

 2 かかとをお尻につけるように曲げ、ふとももの前側を伸ばす。

 3 20秒キープし、反対の足も行う。

内側のストレッチ

 1 仰向けになり、両足を床と直角になるように上げる。

 2 膝を伸ばしたまま、両足を横に大きく広げる。

 3 痛気持ち良いあたりで20秒キープする。

裏側のストレッチ

 1 長めのタオルの両端を持ち、片方の足の裏に引っ掛ける。

 2 仰向けになり、足を垂直に伸ばす。

 3 20秒キープし、反対の足も行う。

ストレッチを習慣化して、むくみ知らずのスッキリとした足を目指しましょう!

ふともも痩せに効果的な有酸素運動

どれも気軽に始められるトレーニングなので、普段運動をしない方や苦手意識を持っている方でも、安心して取り組むことが出来ますよ。

ウォーキング

有酸素運動の王道、ウォーキング。

手軽にしっかりとカロリー消費が出来る、初心者にもおすすめのメニューです。

外の空気を吸って、景色を楽しみながら取り組めます。

正しい歩き方をマスターして、効率よく成果を出しましょう!

・軽く顎を引いた状態で、ぶらさず、10Ⅿ先を見て歩く。

・肩を上げず、肘を軽く曲げ、腕を大きく振って歩く。

・呼吸を安定させ、無理のないペースを維持する。

・足を地面から上げるときは、親指の付け根で地面をぐっと押す。

●踏み台昇降

踏み台さえあれば、どこでも気軽に、テレビを見ながらだって出来ちゃいます!

効果的なやり方はこちら。

・息を吐きながら片足を踏み台に乗せ、息を吸いながら両足を地面につける。その後逆側。

・一つ一つの動作を丁寧に。

・踏み台の高さは10㎝程から初め、慣れてきたら、20㎝、30㎝と高くしていく。

・慣れてきたら、動作は丁寧なまま、スピードを上げる。

毎日体を動かすことで、血行が良くなり筋力も上がります。

徐々に体質も改善され、余分な脂肪を燃焼しやすくなり、ふともも痩せにつながります。

ですが、ふともも痩せには3か月かかるとも言われていて、長期間継続することが難しいと感じる方も多いことでしょう。

「短期間で痩せたい!」と考えている方は、ぜひ以下の方法を試してみてください。

ふとももが短期間で痩せる方法とは?

トレーニングを続けているけれど中々痩せない。短期間で成果を出したい!

そう思っている人は少なくないでしょう。

それには運動だけでなく、意識した食事やマッサージを合わせて行うことが大切です。

 ●痩せる食事

ふとももの筋肉量を増やすためには、低カロリーで高タンパクな食事が理想的です。

 鶏のささみ、魚、豆類、納豆、木綿豆腐etc…

1食に約20g摂取することを心掛けましょう。

また、むくみ改善には、以下の栄養素が効果的です。

 食物繊維、ビタミン、ミネラル、カリウム、クエン酸、ビタミンE、ビタミンB6

暴飲暴食を避け、糖質、脂質、塩分の摂り過ぎに注意してください。

毎日しっかりと栄養バランスを意識して、健康的に細いふとももを手に入れましょう!

※極端なカロリー制限は、体への負担が大きく、摂食障害を引き起こすなど健康被害が出てしまう恐れがある為NG!

マッサージでむくみを改善

マッサージを行うことで、リンパの流れや血行が良くなり、むくみが改善します。

また、脂肪を溜め込まない体質へと変えることが可能です。

毎日の習慣として取り入れていきましょう。

マッサージは、お風呂上がりで体がほぐれた時に行うと効率的です。

オイルやクリームで手の滑りをよくすると、やりやすくなります。

また、力を入れすぎると、炎症や内出血を起こす可能性があります。

気持ちが良いと感じる程度で行いましょう。

・ふとももの外側

両手の手のひらでセルライトを掴み、円を描いたり、上下に揉みこんだりする。

・ふとももの内側

両手の親指を使ってマッサージを行う。

・ふとももの裏側

両手の指全体で滑らせるようにマッサージを行う。

老廃物が溜まりやすい部位の為、膝裏まで流すよう意識する。

・ふとももの付け根

両手の指全体で揉みほぐす。

まとめ

ふとももが太くなる原因と、痩せる方法をご紹介しました。

気軽に出来るものばかりなので、まずは不格好でも始めてみる事が大切です!

ストレッチ、運動、食事、マッサージ。

4つのアプローチ方で、細いふとももを目指しましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる