ヤクルト1000はいつ飲むのが良い?効果的な飲み方と安く買う方法とは?!

この記事では、様々な種類のある「ヤクルト」の中から中でも「ヤクルト1000」について書いていきます。

効果的な飲み方や、どのような効果があり、安く方法はあるのかなどご紹介します。

目次

ヤクルト1000とは

2021年の4月5から全国での販売が開始され、このヤクルト1000では、「乳酸菌 シロタ株」がヤクルト史上では最高密度となる1本(100ml)になんと、1000億個入っているのです。

「乳酸菌 シロタ株」は生きて腸内まで到達するというものです。

乳製品乳酸菌飲料の機能性表示食品です。

機能としては、一時的な精神的ストレスがかかってしまう状況での「ストレス緩和」や「睡眠の質の向上」が特徴として挙げられます。

ヤクルト1000の値段

メーカーの希望小売価格は130円に消費税です。

ヤクルト1000とY1000の違い

ヤクルト1000とY1000

ヤクルト1000とY1000の違い【容量】

先ずは容量の違いです。

ヤクルト1000は1本100mlに対し、Y1000は110mlです。

ヤクルト1000とY1000の違い【乳酸菌の数】

続いて、乳酸菌の数にも差があります。

ヤクルト1000は1本当たり1ml当たり10億個に対し、Y1000は1100億個です。

ヤクルト1000とY1000の違い【価格】

1本の価格にも差があります。

ヤクルト1000は税別130円に対し、Y1000は税別150円です。

ヤクルト1000とY1000の違い【販売先】

販売先にも違いがあります。

ヤクルト1000は一部で店頭販売されていますが、主に訪問販売に対し、Y1000はコンビニやスーパーなどの一般小売店で販売されています。

どちらも消費者庁に届け出を出し、認められている機能性表示食品であり、効果も「ストレス緩和」「睡眠の質の向上」が期待できるなど、大差がないように感じます。

位置づけとすれば、「ヤクルト1000」は訪問販売の商品といったイメージです。

スーパーやコンビニなど、身近で買うことのできる商品が「Y1000」ではないかと思います。

ヤクルト1000はいつ飲むのがいい?飲むベストなタイミング

飲むのはどのタイミングでもいいようです。

「乳酸菌」の多くは、腸に届く前に殺菌力の強い消化液の中を通過することで死んでしまうと言われています。

ですので、飲むタイミングも、消化液の影響がない時間を選んで飲んだほうが良いと思われる方も多いかもしれませんが、このヤクルト1000に含まれている「乳酸気 シロタ株」は消化液に負けないように強化培養されています。

ですので、どのタイミングで飲んでも、生きて腸に届くのです。

大事なことは、「いつ飲む」ではなく、「毎日飲み続ける」ことです。

その理由として、外から取り入れている乳酸菌に関しては腸に定着しないからなのです。

ですので、排便に伴い、体外へ出て行ってしまいます。

そのことから、ヤクルトは「毎日続けて飲み続ける」ことがとても大切になります。

ヤクルト1000の効果的な飲み方3選

どのタイミングで飲んでも良いと書きましたが、

具体的に効果的な飲み方を3つ解説していきたいと思います。

ヤクルト1000の効果的な飲み方:寝る前

1つ目は、「寝る前」に飲むことです。

このヤクルト1000の効果の中で「睡眠の質を高める」ということが期待されています。

ですので、夜寝る前に飲むことをオススメします。

実際に飲んでいる方の口コミを見ても、「夜によく眠れるようになった」「ぐっすり眠れるようになった」との声を目にします。

特に、夜にぐっすり眠りたいと思っている方や、試験や大事な会議などがある方、最近ストレスで寝つきが悪い方には寝る前に飲むことをオススメします。

ヤクルト1000の効果的な飲み方:食後

2つ目は「食後」に飲むことです。

特にどの食事の後、というわけではなく、バラバラの時間に飲むことで、飲み忘れを防ぐことを目的としています。

「必ず朝食後に飲む」と決めているほうが、飲み忘れを防ぐことが出来るので、毎日飲めるか不安な方は、自分の飲みやすい食後を選び、飲み続けていただくことをオススメします。

ヤクルト1000の効果的な飲み方:朝起きたら

3つ目は「朝起きたら」飲むことです。

朝にヤクルト1000を飲む習慣をつけることもおススメです。

朝食の代わりに飲む方も多いようです。

後味もスッキリしているので、朝食にヤクルト1000をプラスされる方も多いようです。

どのタイミングで飲むかは人それぞれですが、習慣化しやすいタイミングで飲むことが、毎日飲む続ける秘訣ではないかと思います。

ヤクルト1000を飲むと眠くなるのはなぜ?

ヤクルト1000に関しては、公式のホームページでも、「ストレスの軽減」「睡眠の質の向上」と明記されています。

 実際に臨床試験でも「ヤクルト1000の継続引用」によって、一時的な精神的ストレスのかかる状況においての睡眠の質を高める機能が確認されているという結果が発表されています。

 この試験結果で得られている結論というのが、「熟眠度と熟眠時が増加」「起床時の眠気を示すスコアの改善がみとめられた」との報告がされています。

 なぜこのように眠くなるのかというと、ヤクルト1000を飲み続けることにより、唾液中のコルチゾール濃度の上昇が抑制されるそうです。

このコルチゾール濃度の上昇というのが、ストレスを受けたときに分泌させる成分であり、それを抑制させることで、熟眠度や熟眠時間の改善や起床時の眠気を示す数値に改善が見られるそうです。

しかし、これには個人差があります。

1日で効果が出る人もいれば、1か月飲み続けても何も効果が得られないという人もいるそうです。

ヤクルト1000を安く買う方法!

残念ながら、ヤクルト1000は訪問販売専門の商品であるため、割引なしの定価価格となります。

一部のスーパーや百貨店でも販売されてはいますが、こちらでも定価価格となっています。

成分がほぼ同じであるヤクルトY1000に関しては、スーパー等でも販売されており、こちらは特売や安く販売されていることもあるようです。

ヤクルトはなぜあんなに高いのか?

ヤクルトがなぜ高いのかというと、独自性が突出していることが考えられます。

ヤクルト1000にも含まれている「乳酸菌シロタ株」もその一つです。

そして、このような独自開発をしているため、研究開発には多額の費用がかけられていることも理由の1つです。

ヤクルトとピルクル、ミルミルは何が違うの?

二本の乳製品

ヤクルトとピルクルは何が違うのか、解説していきます。

見た目はよく似ていますし、味もかなり似ています。

でも、値段はピルクルのほうがお手軽です。

そしてどちらも「乳製品乳酸菌飲料」と書かれています。

では、何が違うのかというと、ヤクルトは「健康特化」の商品です。

そして、ピルクルは量を飲みたい方向けの、嗜好品なのです。

では、ミルミルはどんな商品なのかというと、ヤクルトはシロタ株菌が入っており、「小腸」に生きたまま届きます。

それに比べて、ミルミルは「ビフィズス菌」が入っており、「大腸」の殺菌を抑えてくれるという違いがあります。

ヤクルトとミルミルの両方を飲むとかなり効果があるとも言われています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる