セロトニンを増やす飲み物って?セントジョーンズワートについて解説!

皆さん、セロトニンってご存知ですか?

聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。

セロトニンというのは、幸せホルモンとも呼ばれています。

脳内ホルモンの1つで感情や精神面、睡眠など

人間にとって大切な役割を担っています。

リラックスしている時はセロトニンが増えます。

そして、ストレスや疲労が蓄積するとセロトニンの分泌が減って

セロトニンの働きを抑制してしまう傾向になるのです。

そんなセロトニン、実は脳内で作られています。

目次

セロトニンを作るのに必要な材料

セロトニンを作るのに必要な材料は、

トリプトファン

 アミノ酸の一種。セロトニンを合成するための材料になります。

 トリプトファンが不足するとセロトニンの分泌が減ってしまいます。

ビタミンB6

セロトニンの合成をサポートします。

トリプトファンがセロトニンになるために必要不可欠なビタミンです。

セロトニンを作るうえで必要なトリプトファンは、

体内での生成ができません。なので、

食べ物や飲み物によって取り入れなければいけないのですね。

で、上記にあるようにトリプトファンとビタミンB6が入っている物が何か

気になりますよね。今回は早速教えちゃいます。

トリプトファンが主に入っている食べ物は、

大豆製品や乳製品、ゴマ、ピーナッツ、バナナなどです。

ビタミンB6が入っているのは、

抹茶やゴマ、鮭やさんまの魚類に多く含まれています。

毎日、食べるのが大変!という方は、飲み物でもおすすめです。

例えば、抹茶ミルクラテはトリプトファンとビタミンB6が一緒に取れますし、

朝にバナナジュースなどを一杯飲むだけでもいいでしょう。

あとは、セロトニン不足を解消するためのハーブティーもありますよ。

それが、セントジョーンズワート

脳内のセロトニンの濃度を高めると言われています。

心が疲れてしまった時に飲むのがおすすめです。

味は、あまり癖がなく、さっぱりとしたお茶っぽいお味です。

少し苦みも感じますが、慣れてしまえば大丈夫です。

実は、このセントジョーンズワートは薬効成分が強いため、

併用ができないお薬があるので、お薬を飲まれている方は

お医者さんに聞いてから飲んでくださいね。

で、バナナジュースや抹茶などは、なんとなく味もわかりますが

セントジョーンズワートって一体なんなのか、よくわからないですよね。

なので、セントジョーンズワートについて調べてみました。

セントジョーンズワートとは

ハーブティ

セントジョーンズワートはハーブの一種

セントジョーンズワートは、欧米の方では

ハッピーハーブ」や「サンシャイン・サプリメント」と呼ばれています。

代表的な作用としては、うつ症状の改善に役立つようで

ハーブ先進国のドイツを筆頭に欧米では治療薬として認められている所も。

なので、薬との併用は注意が必要です。

セントジョーンズワートは、セロトニンを増やす働きがあると言われています。

どういうことかと言いますと、セントジョーンズワートには

脳の神経伝達物質のバランスを整えて

気分の落ち込みを和らげると考えられています。

その時に、脳内に元々あるセロトニンが

他の神経細胞に再吸収されるのを防ぐ働きを持っているのが

セントジョーンズワートの特徴です。

セロトニンを増やすというよりかは、減るのを防いでくれる感じですね。

で、この再吸収を防ぐ働きをするのがヒぺリシンという特有の成分なのですが、

他のハーブには、ほとんどないのですね。

だからセントジョーンズワートは、重宝されているわけです。

心が疲れたと感じた時や気分が優れないときに試したいハーブです。

なので、不眠や更年期障害に役立つだけでなく、

普段のストレスが原因のイライラやヒステリックなどにも良いと言われています。

万能ハーブです!

日本では、ハーブティーとして飲むのが主流ですが、

味が苦手な方はサプリメントでも摂取できます。

アメリカでは、セントジョーンズワートをサプリメントで摂取するのが主流だそう。

でも、味も香りも楽しめるのでハーブティーがおすすめです。

セロトニンが減少するとどうなってしまうのか

気分の悪い女性

今まで、セロトニンを増やすのにおすすめの食べ物や飲み物をお伝えしてきました。

でも、なぜそんなにセロトニンを増やしたいのでしょうか。

減少したらどうなってしまうのか、お伝えしていきますね。

セロトニンは脳内で重要な役割を持っています。

セロトニンの役割は、心身のバランスを保つこと。

セロトニンが減少してしまうと、気分が落ち込みがちに。

また、イライラしたり、情緒不安定になったりと

気持ちのバランスが崩れてしまいます。

そうなると、身体にも影響が出てきます。

例えば、不眠症やうつ症状など。

不眠症状が続いてしまうと成長ホルモンが崩れたり、

集中力を欠いてしまったりと色々なことに影響が出てしまいます。

そして慢性的にセロトニンが不足した状態を「セロトニン欠乏脳」と呼ばれています。

ここまでくると、治すのに時間がかかっちゃいます。

結構セロトニンって大切なことが分かりますよね。

なので、日々の食生活を見直すことによってセロトニンが増えるなら

良いに越したことがないのです。

まとめ

幸せホルモンといわれるセロトニン。

調べてみると、様々な食べ物や飲み物から補うことができます。

私が思ったのは、日々の食生活が偏らなければ、

結構簡単に摂取することが出来そうだなあと。

お肉やお魚にも入っていますし、お味噌や醤油などの調味料からも。

飲み物も牛乳や抹茶からと、普段身近にあるものから摂取できます

ただ、誰しも心が疲れるときがありますよね。

そういうときは、普段よりも意識して摂ることをおススメしますし、

上記で紹介したセロトニンを増やす飲み物と言われている

セントジョーンズワートでサポートしてあげてくださいね。

楽天のタイムセール見つけました!ご興味あれば一度試してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる