ハイブリッド車は買ってはいけない? その理由と特徴、失敗談も紹介!

ハイブリッド車って最近よく見るけど、

詳しいことはよく分からないというそこのあなた。

ハイブリッド車のデメリットを纏めているので、

この記事を読んでみてください。

この記事でわかることは以下となります。 

目次

買ってはいけないハイブリッド車の特徴と理由

買ってはいけないハイブリッド車: 税金の減免が期待したほど多くない

自動車には自動車税、自動車重量税、自動車取得税の3種類の税金が設定されており、ハイブリッド車には税金が安いといったメリットがあります。

たしかにハイブリッド車には減免措置が強くかけられています。

しかし、減免制度には期限が定められており、永久的に続くわけではありません。

自動車税は購入の翌年度のみ、自動車重量税は新車から5年と期間が定められています(取得税は購入時のみ発生)。

購入の際はこの制度を知らないと永久的に減免が続くと勘違いしてしまうので注意しましょう。

買ってはいけないハイブリッド車: トータルの費用を考えると高かった

ハイブリッド車を購入する理由の一番に燃料代の節約が挙げられると思います。

しかし、維持費なども含めたトータルの費用を考えると、思っていたより費用がかさむことがあります。

購入の際はこれらのことも考慮し考えることが大切です。

買ってはいけないハイブリッド車: 荷室が思ったより狭い

実はハイブリッド車って普通のガソリン車と比べ、荷室が狭いことが多いです。

荷物を積むことなんて滅多にないし、そんなこと気にしないよという方が多いと思います。

しかし釣りやゴルフが趣味の方はたくさんの荷物を積んで出かけますよね。

買ってから後悔しないように、念のため確認しておきましょう。

 買ってはいけないハイブリッド車: 車の加速が鈍い

燃費性能に特化している一方で、加速があまり優れていない場合があります。

これは加速性の高さが燃費性能に悪影響を及ぼすためです。

運転が好きで、加速性能を重視したいという方にはハイブリッド車はおすすめできません。

買ってはいけないハイブリッド車:静かすぎてロードノイズが気になる

ハイブリッド車はとても静かに走行します。

一見メリットのように感じますがその分ロードノイズ(タイヤで路面を走っているときの音や風切り音)を感じます。

普段聞こえない音が聞こえると何となく気になりますよね。

購入する際は試乗して確認することをおすすめします。

もしかしたらあなたのストレスになる音かもしれません。

 買ってはいけないハイブリッド車:実燃費が思ったより高くない

ハイブリッド車の一番の魅力は燃費の良さです。

たしかにガソリン車に比べると間違いなく燃費はいいです。

ではなぜ実燃費が思ったより高くないと感じる人がいるのか。

それはカタログの値とのギャップです。

そのギャップはなぜ生じるのか。

それはカタログの値は一定の走行モードでの燃費であり、実燃費はその値よりも大きく下がってしまうのです

購入を考えている方はこのことを頭に入れておくといいですね。

買ってはいけないハイブリッド車: 安い中古車を買ったら修理費用が高かった

ハイブリッド車はその性能のせいで、修理費用が高いです。

そのため、安い中古車を購入して修理して使おうと思うと、莫大な費用がかかってしまうことがあります。

あまりに安すぎる中古ハイブリッド車の購入ははっきり言っておすすめできません。

買ってはいけないハイブリッド車|失敗談

車と道路

本章ではハイブリッド車を買った際の失敗談を紹介します。 

  • アクセルレスポンスが悪く、踏み込むとしばらく沈黙
  • 減速後はしばらく加速できない
  • その他走行用バッテリーが切れると数時間は操作不能が起きた

上記のような失敗談がありました。

燃費性能に特化しすぎたあまり、他の性能がいまいちだったようですね。

ハイブリッド車っていいことばかりのイメージでしたが、

やはり商品には失敗がつきもののようです。

買ってはいけないハイブリッド車|選ぶ際の注意点

第1章で紹介した、買ってはいけないハイブリッド車を熟読してください。

それをふまえて、自分が車に求めるものをしっかりと整理し、

ハイブリッド車が自分に適した車かどうかを判断することが大事です。 

ハイブリッド車|安く買うには? リースできる?

ハイブリッド車を安く買うには当たり前のことですが、

安いモデルを選択することです。

トヨタのアクアやヤリスは新車でもお得に購入できます。

またリースも可能です。

お店によって価格も違うのでぜひ調べてみてください。 

買ってはいけないハイブリッド車|よくある疑問・質問

白い乗用車

元を取るためには10年以上かかる?

今回はフィットのガソリン車とハイブリッド車で価格と燃費の比較を行いました。

結果はなんとガソリン代だけで元を取るには約10年かかることが判明しました。

しかし、年2万キロ車を使用する方なら半分の約5年で元が取れます。

基本的には年間の走行距離が多い人ほど元を取るのは早いです。

ハイブリッド用バッテリー交換費用がバカ高い?

バッテリー交換費用は非常に高いです。

なんと約13〜40万円

しかし、安心してください。

ハイブリッド車のバッテリーが切れることはほぼありません。

バッテリーの寿命=車の寿命と考えてください。

10万キロ以上走らないと結果損をする?

10万キロ以上走らないと損をすると一概には言えませんが、

長い距離を走ったほうが間違いなく元は取れます。

あまり車を乗らないという方にはおすすめできません。 

ハイブリッド車はエコカーではない?

正直この問題は解決できていません。

ハイブリッド車がエコカーかどうか気になる方は乗らないほうがいいと思います。 

ハイブリッド車はガソリン代で元は取れない?

この疑問は上記で答えています。

ぜひこの記事をさかのぼってください。

ハイブリッド車を買ってはいけない人(不向きな人)

これはズバリ車にあまり乗らない人です。

旅行など遊びに行く時だけしか車を使わない方にはおすすめできません。

このような方は結果的に損をしてしまうかもしれないからです。 

ハイブリッド車を買うべき人

車にたくさん乗るという方にはおすすめです。

上記で記したように、乗れば乗るほど元を取るまでの期間が短くなります。

毎日車に乗っている方や、ドライブが趣味の方にハイブリッド車はおすすめとなっております。 

8.ハイブリッド車おすすめ5選

トヨタ車

トヨタ プリウス

ハイブリッド車の代名詞といえばこの車です。

非常に高い燃費性能です。

トヨタ ヤリス

燃費はなんと36.0km/L。

低重心で軽快な走りを売りとしています。

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスのSUVモデルです。

燃費性能は通常のヤリスより劣りますが、SUVが好きな方にはおすすめのハイブリッド車となっています。

トヨタ カローラ

非常に高い燃費性能を持ち合わせています。

見た目も非常にスタイリッシュなモデルです。 

トヨタ アクア

ガソリン車も人気のアクア。

非常に運転しやすいですよね。

こちらも燃費性能が良く人気のモデルとなっています。 

まとめ

私はハイブリッド車に初めて乗ったとき、ガソリンが減らなさ過ぎて衝撃を受けました。

元を取るには多少時間がかかりますが、車によく乗るという方には非常におすすめです。

気になった方はぜひ購入してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる