ふるさと納税その仕組みとふるさと納税がなぜお得かについて解説!

年末になると、「ふるさと納税」というキーワードをよく耳にします。

ふるさと納税の仕組みは、分かっても何がお得なのか

いまいち、よく分からない!という方のために、お伝えします。

ふるさと納税は、2000円自己負担するだけで、

豪華な返礼品や生活に役立つ返礼品がもらえるからです。

一番のお得なポイントは、返礼品がもらえるという事です。

この返礼品を上手に選ぶと、生活費の節約にもつながっていきます。

では、ふるさと納税はどういった仕組みになっているのでしょうか?

目次

ふるさと納税の仕組みを知って、なぜお得かを知ろう!

故郷の柿の実

ふるさと納税の仕組み

まず、ふるさと納税は、寄付したい地域に、30000円寄付したとします。

そして、確定申告またはワンストップ特例制度で、申告をします。

そうすることで、

来年の税金の負担が28000円減ります。

実質2000円の自己負担で、寄付した地域から、返礼品がもらえます。

寄付金額は、参考例です。寄付金額は、それぞれ変わります

ふるさと納税をすることで、寄付をした地域を元気にしたり、

災害で被害を受けた地域を応援することもできます。

ここまでは、一般的に言われている話です。

ふるさと納税は見方をかえると、

来年度の税金を前払いしているという形になります。

よく、税金が安くなるという言葉を耳にしますが、

正確に言うと、ふるさと納税によって前払いをしている分が、

来年の6月の給料から所得税・住民税が差し引かれて、

安くなっている様に見えるので、節税対策の効果はありません

ふるさと納税のお得なポイント

ふるさと納税の一番のお得ポイント!

実質2000円の負担で、様々な返礼品や地域の特産物がもらえるという点です。

ふるさと納税をしなければ、ただ税金を納めるだけです。

ふるさと納税で2000円の自己負担と前払いした税金で、

普段は、買えない地域の特産品や日用品などが手に入るので、

仕組みを理解すると本当にお得な制度と言えます。

ふるさと納税の対象者

ちなみに、ふるさと納税は、だれでも受けられる制度ではありません。

対象は、住民税・所得税を払っている人が対象となります。

もし、パートで収入が低くても、住民税・所得税を払っていれば、

受けることができます。

寄付額も5000円以下から、探すことができます。

私も、過去に5000円でイチゴやその地域のスイーツをふるさと納税で

申し込んでいましたので、収入が低くても、返礼品を探すことができる

ので、大丈夫です。

ふるさと納税の注意点

寄付金額も上限がありその上限を超えて寄付をしてしまうと逆に損をします

 そのため、ふるさと納税をする場合は、

 寄付金限度額をシュミレーションすることができますので、

 そこで、寄付金額を確認してから、ふるさと納税をしましょう。

・確定申告、ワンストップ特例制度の申請書を各自治体に提出は必須です。

 忘れると、来年度、控除されるべき税金が控除されないので、

 気をつけましょう。

 5件以上の寄付をした場合は、確定申告での申告をします。

 5件以内であれば、ワンストップ特例制度が使えます。

 また、確定申告の際に、寄付金受領証明証をなくすと、申請ができなくなるので、

 紛失にも注意しましょう。

ふるさと納税でなぜお得に生活費が節約できるのか?仕組みとポイント!

山と田園

自分の生活にメリットがある返礼品をさがす!

普段は、買えない高級な返礼品!で探すと、意外と決まりません。

そういう時は、生活費の節約になるには、どんなものなのか?を

考えてみてください。

まず、各自治体、地域は、とにかく自分の所に寄付してほしい!

と、思っています。

そのため、いろんな返礼品が用意されています。

サイトを見ると、「うちは安い金額で、こんないいものがあるよ~」

とか、「うちは、10000円で高級食材を用意しているよ~」

と語り掛けられている気分になります。

そして、自分が寄付できる金額も限りがあるので、

単純に、ふるさと納税のサイトを見ると、どうさがしていいのか迷います。

そこで、視点を「豪華な物・お得になるもの」ではなく、「生活費に役立つもの」と

かえるだけでも、決めやすくなります。

トイレットペーパー・ティッシュは、10000円以上の寄付で

最低でも3か月は、買わないでも大丈夫な量をいただけます。

調味料なども、数多く取り扱っています。

高級な食材だけではなく、トイレットペーパーやティッシュ、

子供用・介護用のオムツなども出てきます。

日々の消耗品までも、ふるさと納税でgetできるので、

生活費の節約にもなります。

ただ、それでも、お得な返礼品を見つけたい!という方には、

おススメの方法があります。

それは、ネットで、「ふるさと納税 還元率」「ふるさと納税 コスパ」と

検索すると、一目で還元率の高い返礼品・コスパのいい返礼品が

ランキングサイトで紹介しているサイトが出てきます。

目星のものが見つけられたら、その商品をクリックすると、

自動的に、ふるさと納税のサイトへ飛びます。

ここから、お得な返礼品を探すことができます。

サイト名:ふるさと納税ガイド

クレジットカード決済で、ふるさと納税をする

ふるさと納税をするときは、クレジットカード決済にすると、

クレジットカード払いにすると、ポイントが貯まってお得です。

もしマイルや楽天ポイントをためている方は、そのマイルや楽天のサイトを

利用して、ふるさと納税をもうしこむと、マイルや楽天ポイントが

貯まります。(サイト名:楽天ふるさと納税、ANAのふるさと納税)

返礼品を日用品にしたり、普段買うには、手が届きにくい食材をふるさと納税の

返礼品でいただくことで、家計費の節約になります。

また、クレジットカード決済をすることで、ポイントが貯まります。

また、ふるさと納税の寄付金額は、万単位がほとんどです。

そこから、ふるさと納税をすると、大きなポイントにつながります。

ふるさと納税は、生活費節約にもなると言えます。

楽天のふるさと納税です。お米も無難に節約になるのでオススメです。

まとめ

税金を前払いして、実質2000円の負担で、普段は買えない食材や

日用品のまとめ買いができます。

また、クレジットカードのポイントも貯まります。

でも、生活費やお金関係以外にも、お得な事があります。

それは、住んでいる地域が、ふるさと納税により、活性化するということです。

自分の生まれた地域を、仕事や結婚などで離れてしまった場合は、いま住んでいる

地域から、自分の地域に、ふるさと納税をすることができます。

そして、ふるさと納税をすることで、子育て支援や公共事業の支援もでき、

自分の生まれ故郷を、元気にすることもできます。

また、自然災害で壊滅的被害を受けた所には、お礼の品はなくても、

寄付をすることで、助けられる人がいると思うと、それはそれで、

意義のあることです。

実際、過疎化された地域がふるさと納税によって、元気になった地域は、

いくつか、あります。

それを考えると、自分の家の節約だけではなく、

目に見えない誰かを元気にしている仕組みでもあるので、

ふるさと納税は、毎年やっていてお得な制度と言えます。

今まで、やったことがない人は、やってみると案外簡単にできますので、

よければ、一度やってみてください。

一回ふるさと納税をすると、毎年やりたくなりますので、おススメです。

これは楽天で人気のふるさと納税です。今日から初めて見てはどうでしょうか。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる