鬼滅の刃完結最終決戦で生き残りの柱を紹介。心からの幸福を願う。

鬼滅の刃完結最終決戦で生き残りの柱を紹介!をタイトルに記事を書きます。

『鬼滅の刃』はアニメでは放送中ですが、原作はもう完結しています。

最終決戦の鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)との戦いは今までのどの戦いよりも濃厚で壮絶なものでした。

『鬼滅の刃』はジャンプの中でも主要人物がちゃんと戦死する残酷ながらも結末に対して真摯な漫画、その最終決戦とあっては相応の犠牲はつくものと予想できます。その犠牲の中に炎柱・煉獄杏寿郎(えんばしら・れんごくきょうじゅろう)のように柱も含まれるでしょう。

では、鬼舞辻無惨との戦いでは誰が生き残ったのでしょうか?

最終回のネタバレを含みます。

生存した人物

・竈門炭次郎(かまど たんじろう)

・竈門禰豆子(かまど ねずこ)

・我妻善逸(あがつま ぜんいつ)

・嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

・栗花落カナヲ(つゆり かなを)

・水柱・富岡義勇(みずばしら・とみおか ぎゆう)

・風柱・不死川実弥(かぜばしら・しなずかわ さねみ)

・愈史郎(ゆしろう)

・産屋敷輝利哉(うぶやしき きりや)

・産屋敷くいな(うぶやしき くいな)

・産屋敷かなた(うぶやしき かなた)

死亡した人物

・産屋敷輝哉(うぶやしき かがや)

・産屋敷あまね(うぶやしき あまね)

・産屋敷ひなき(うぶやしき ひなき)

・産屋敷にちか(うぶやしき にちか)

・珠代(たまよ)

・虫柱・胡蝶しのぶ(むしばしら・こちょう しのぶ)

・不死川玄弥(しなずかわ げんや)

・霞柱・時透無一郎(かすみばしら・ときとう むいちろう)

・恋柱・甘露寺蜜璃(こいばしら・かんろじ みつり)

・蛇柱・伊黒小芭内(へびばしら・いぐろ おばない)

・岩柱・悲鳴嶼行冥(いわばしら・ひめじま ぎょうめい)

何と、水柱・富岡義勇と風柱・不死川実弥の二人以外の柱は全員鬼舞辻無残との最終決戦で死亡していました。

鬼舞辻無惨討伐後に行き残った柱は二人だけ、しかも富岡義勇は片腕を鬼舞辻無惨との戦いで仲間をかばう際に失っており無傷という訳ではありませんでした。

柱達の最後はどのようなものだったか

ここで、柱達の最後をまとめたいと思います。

・虫柱・胡蝶しのぶ・・・上弦の弐・童磨(じょうげんのに・どうま)との戦いで敗れ、その後吸収される。しかし、体内に仕込んだ毒で童磨を弱らせ、カナヲと伊之助を勝利へ導く。

・霞柱・時透無一郎・・・上弦の壱・黒死牟(じょうげんのいち・こくしぼう)との戦いで戦死。最後に赫刀(かくとう)を発現させて負わせた傷が不死川兄弟・悲鳴の勝利に繋がる要因となる。

・恋柱・甘露寺蜜璃・・・鬼舞辻無惨との戦いで素手で無惨の腕を引きちぎった代わりに致命傷を負う。最期は伊黒と心を通わせて二人同時に殉職する。

・蛇柱・伊黒小芭内・・・炭次郎が鬼舞辻に喰われそうになったところを割って入り、致命傷を負う。最期は甘露寺とお互いに想いを伝えあい殉職。

・岩柱・悲鳴嶼行冥・・・鬼舞辻無惨との最終決戦で赤ん坊のように肉に包まれた無惨を鎖で拘束し勝利に貢献する。その後力尽き、死んだ孤児院の子供たちと共に穏やかな最期を遂げる。

以上が柱達の最期となります。

原作を読んでいた時はそれはもうすごい勢いで話が進み、どんどん柱達が倒れていくのに涙が溢れました。

特に伊黒と甘露寺の最期はお互い好意を寄せていて、死の間際に気持ちを伝えあうシーンは悲しいけれども美しいと感じました。

柱達はみんな人気があり戦死してしまうのは悲しい、できれば全員生きていて欲しいと思いますが、全員が未来に繋げるために全力を尽くして命を燃やして戦う姿は『鬼滅の刃』らしい雄々しい生き様だと感じました。

最終回をどう思うか

鬼滅の刃は完結しました。私は鬼舞辻無惨との最終決戦は涙を流しながらページをめくりました。失ったものは多いけれど誰もが死力を尽くした尊い終わり方だったと思います。

そして、最終回ではかなり年月が経ち現代の子孫の話になります。

この回は、ファンの間でも賛否両論あったようです。

登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思える人たちが平和に暮らしている描写は、凄惨な戦いを繰り広げた人たちが今度は幸せに暮らしているんだなと思えば悪くはないと思います。

ですが、その前のエピソードが感動的過ぎて蛇足のような印象を与えてしまっているとも感じました。

大正時代の話として終わるのならば、子孫の話は無くても良かったのかもしれません。

これは恐らくどちらが正しいとかではなく、感動的な余韻を残して終わるか、登場人物たちが未来で幸せになっている姿を見届けたいと思うかという好みの問題かと思います。

アニメはどう終わらせるのか気になる所ですね。

目次

番外編 ネット上に現れた「変柱」って何?

鬼滅の刃はネット上でいろんな考察・まとめサイトがあります。

アニメや原作を何となく読んでいるだけでは見落としてしまう伏線や作品に対しての様々な解釈があり、「いろんな見方があるんだな」と読んでいて面白い記事が沢山あります。

そんな中、見知らぬ柱の名前が出てきました。

それが「変柱」。

「え?だれ?」

突然出てきた見覚えのない「柱」、『鬼滅の刃』はすでに完結している。

「柱」は「炎柱」「水柱」「虫柱」「風柱」「霞柱」「岩柱」「蛇柱」「恋柱」「音柱」の9人ではないのか?

まさか見落としがあった?気になり調べてみました。

謎の「変柱」の正体はYouTuber

ネットで検索すると、どうやら「変柱」を名乗っているのは「ゲーム屋やまちゃん。」という名のYouTuberでした。

YouTuber?鬼滅の刃と関係なくない?」

そんな風に思った方もいるかと思いますし、最初私もそう思いました。「柱の要素ないだろう」と・・・・

どうやら「ゲーム屋やまちゃん。」さんは、ゲーム実況以外にもアニメ・ゲームの解説や考察を動画で上げており、『鬼滅の刃』の解説や考察動画を沢山上げているようでした。

その動画の中に時々「変柱」と似顔絵?のようなイラストが挟まれており、恐らく動画の中で「ゲーム屋やまちゃん。」さんが「変柱」と勝手に名乗っているだけだと思われます。

「なんだ、公式と全く関係なかった・・・」と肩すかしと共にそんな変な名前の「柱」が無くて良かったと安堵しました。

ちなみに「ゲーム屋やまちゃん。」さんの『鬼滅の刃の考察・解説動画』は独特な解釈や希望が盛り込まれている鬼滅の刃愛溢れる良い動画でした。

気になる方は動画を見て鬼滅の刃の愛を深めても良いかもしれません。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる