猫の毛が脂っぽいのは皮膚病のサイン!?毛が抜ける・皮膚が見える…知っておきたい症状と対処法

猫の毛が脂っぽいのは皮膚病のサイン!?毛が抜ける・皮膚が見える…知っておきたい症状と対処法をタイトルにしてお伝えしたいと思います!

昨今では、室内飼いが多く、外に出る機会が少ない猫ちゃん。

その為、犬に比べれば皮膚病になる可能性も少ないのですが、全くかからないという訳ではありません。

皮膚病になってしまうと、様々な症状が出てきます。

この記事では、猫の皮膚病の症状や原因、飼い主に出来る事などをお話していきます。

可愛い愛猫が辛い思いをしないよう、症状を把握しておきましょう!

※病気を自己判断するのではなく、あくまで、病院を受診した際の説明の参考にしていただければと思います

目次

猫の毛が脂っぽい?毛が抜ける?皮膚病の様々な症状

猫の皮膚に異常が生じると、次のような症状が表れます。

猫の毛が脂っぽい

皮膚に異常が生じて、皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。

この場合、同時に体臭がきつくなることもあります。

アレルギーや真菌の感染、代謝の異常などが挙げられます。

猫の毛が抜ける

ダニやノミ、アレルギー、真菌による皮膚炎が発症すると、正常時と比べて多くの毛が抜け落ちてしまうことがあります。

ひどいと皮膚が見えるほど抜けてしまうことも…。

また、皮膚炎のかゆみで掻きむしって抜けたり、内分泌の病気で抜けたりと、要因は様々です。

かゆみ

猫は耳の後ろをよく掻きますが、同じところを何度も掻いたり噛んだりする場合は、何らかの異常が考えられます。

ダニやノミ、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、疥癬などが挙げられます。

特に疥癬はかゆみが強いです。

掻き過ぎてしまい、かさぶたになっていることもあります。

フケが多い

猫は乾燥などによってフケが出ることがあります。ブラッシングなどで取り除いてあげると良いでしょう。

しかし、いつもに比べて多くのフケが出てきた場合は、ツメダニに感染している可能性があります。

強いかゆみではないのですが、人間に寄生すると激しいかゆみを伴う為注意が必要です。

他に、ニキビダニ、疥癬、真菌による皮膚炎もフケが伴います。

湿疹

皮膚にブツブツの湿疹が出来ている場合は、外部から何かしらの要因で皮膚炎が起きている可能性が高いです。

湿疹を掻きすぎてしまう前に、病院を受診しましょう。

猫の皮膚の異常には様々な症状があることが分かりましたか?


日頃からしっかり猫を観察し、異常にすぐに気づけるようにしましょう。

猫の皮膚病と原因

それでは、これらの症状が出ているときに考えられる病気とその原因について、いくつかピックアップしていきましょう。

猫の皮膚病① アレルギー性皮膚炎

食べ物、ノミ、ハウスダスト、花粉などにより、免疫機構が過剰に反応して発症します。

食物性アレルギーでは、かゆみや脱毛、発疹が生じ、消化器症状(外耳炎、下痢)を引き起こすこともあります。

ノミアレルギーでは、お腹や背中に広い皮膚炎を起こし、強いかゆみを伴います。

猫の皮膚病② 脂漏症(しろうしょう)

マラセチア皮膚炎とも言います。

猫の体にいるマラセチア菌は元々無害なものですが、食生活の偏りや、ホルモン異常、ノミやダニ、真菌などが原因で病原体化し、皮膚炎を引き起こしてしまうのです。

脂漏症は、レックス系の猫種で発症しやすいと言われています。

脂漏性の症状としては、ベタつき、フケ、発疹、かゆみなどが挙げられます。

猫の皮膚病③ スタッドテイル(尾腺炎)

スタッドテイルは去勢をしていないオスの猫に多く発症します。

その為、男性ホルモンが関係しているとも言われています。

猫種で言うと、ペルシャ猫やシャム猫などの東方系の純血種に多くみられます。

しっぽの付け根の皮脂の分泌が多くなり、悪臭がし、毛がもつれ、フケが出てきます。

腫れて炎症を起こしたり、化膿したりもします。

他にも、アトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症など様々な病気がありますので、病院に連れていき、お医者さんの診断を仰ぎましょう。

猫の皮膚病への対処の仕方

それでは、私たち飼い主に出来ることは何なのでしょうか?

日常の猫のお手入れ

まずは日頃からお手入れをしっかりし、予防をしましょう。

ブラッシングを丁寧にし、必要に応じてシャンプーも行いましょう。

(シャンプーはやり過ぎには注意です。)

手入れをしてスキンシップを図ることが、猫の異常に気付くきっかけにもなりますよ。

また、猫は環境の変化に弱い生き物です。

日頃から猫にストレスを与えないようにすることも大切ですよ。

動物病院に連れていく

猫は自分の体の異常を隠そうとする習性があります。

明らかに具合が悪そうな場合は、症状がかなり進んでいた…何てことにもなりかねません。

何か異常を感じた時は、自己判断で終わらせず、すぐに病院を受診することをおすすめします。

どんな病気でも早期発見することでその後の体調を左右します。

皮膚病に限らずどの病気でもそうですが、診察の際に猫の症状を詳しく伝えるのは、とても重要なことです。

症状がいつから始まり、経過がどうなのか。

外に出たか、同居の動物はいるのか、ノミダニの予防をしているかなどの生活環境。

また、症状が出た時点で幹部の写真を撮っておくのも良いでしょう。

猫の食事

栄養不足からの皮膚病の場合は、食事にビタミンやミネラルなどを意識して含ませます。

また、食物アレルギーの場合は、アレルギーの原因が何なのかを特定する必要があるので、「除去食試験」や「アレルギー試験」を受けてみましょう。

猫につくノミやマダ二に注意

ノミやマダニは、私たちにも目視で確認が出来ます。

室内飼いの単頭飼育であれば可能性は低いのですが、保護猫を拾ってきた場合や、外に出てしまった場合には注意が必要です。

被毛をかき分けると、動くノミやダニ、砂粒程の大きさの黒い糞を見つけることが出来ます。

もし噛まれていた場合は、無理に剥がさずに、そのままの状態で病院を受診しましょう。

まとめ

猫の皮膚病には様々なものがあります。

いずれにせよ、大事な猫ちゃんが辛くならないよう、早期発見を心掛けて、早期治療につなげたいものですね。

そのためにも、日頃から手入れやスキンシップを頻繁に行い、愛猫の異変にすぐに気づけるようにしましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる