『Tポイント』『Vポイント』が統合でどうなる!?どんなメリットがあるの?『Tポイント』『Vポイント』って何?

考える人

『Tポイント』『Vポイント』が統合でどうなる!?どんなメリットがあるの?『Tポイント』『Vポイント』って何?をタイトルにお伝えしたいと思います。

結論から言うと、「Tポイント」「Vポイント」は統合して日本で最大のポイント勢力になります!

あなたにとって、どんなメリットがあるか、気になるところですよね?

今までTポイントは、使うのも貯めるのも提携している店舗でしか行えなかったのが、今後はポイントがどんどん簡単に貯められるようになりそうです!

VIisaの加盟店でポイントが使用できるのも大きな変化です。

これまでよりも、貯まるスピードが早くなるだけでなく、ポイント自体も使いやすいのは嬉しいですね。

Tポイント提携店は15万店舗程度ですが、Visa加盟店は世界中にあります。

その数、なんと1億店以上なんです!

目次

「Tポイント」「Vポイント」はなぜ統合するのか 

Tポイントは、過去色んな所で貯められるポイントでしたが、昨今は提携店が増えていかないどころか、減少傾向にありました。

それは、ソフトバンクやYahoo、ファミリーマートなど、大手提携先との取引解消となっていたり、Tポイント経済圏は徐々に勢力を弱めていたわけです。

と言っても、Tポイントを貯めるTカードは2021年時点で、登録者数が7068万人以上、店舗数は16万店を誇ります。

ただ、dポイントや楽天ポイント、auポイントなど、国内の大手グルーブが牛耳るような新たなポイントが台頭していく中で、Tポイントの力だけでは今の状況を打破できないといった課題を抱えていたんです。

そんな中で、三井住友という大手のグループ企業と手を組むことで、レンタルサービスで有名なTSUTAYAを運営しているCCCグループにとっては、これまでにない大きな後ろ盾ができました。

あなたにとっても、お得に活用できるチャンスになるかもしれません。

今回の統合により、現在の規模から飛躍的に成長し、日本では最大の会員数1億2000万人以上という、巨大な経済圏として存在感は一気にアップしてくることは間違いありません。

統合するのはいつから

気になる時期についてですが、現在、公になっている情報としては、2024年春から利用できるよう予定しています。

まだ発表されたばかりですが、現在どちらのポイントも利用しているユーザーにとっても待ち遠しい情報ですね。

今は他の楽天経済圏、au経済圏など別のポイントを主に利用している人たちにとっても、統合後の詳細については目が離せなくなりそうです。

統合後のポイント活用方法とは

統合後、どのようにあなたが活用できるのか、紹介していきます!

Tポイントは貯めるのは、国内での利用だけでしたが、今後は海外への旅行や出張先でのクレジョットカードを利用した際なども、ポイントが貯まるようになり、圧倒的にポイントを獲得しやすくなります。

その他、想定できる場面としては、海外だけでなく国内で高額なお買い物をするとき、例えば車や宝飾品、ブランド品、家具や家電などなど。

Tポイント加盟店でしか貯まらなかったポイントが、とにかくどんどん貯まりやすくなることが予想されます!

Tポイントは、スーパーなど食品のお買い物で貯まるお店が、これまではかなり限られていましたが、統合によりVポイントが貯まるクレジットカードを使用すれば、日々の食品や日用品まで、幅広くあらゆるものでポイントGETできますね。

そして、これまでVポイントはTポイントなどに交換して使用していましたが、今後はTポイント加盟店でTポイントとして使用することができ、生活の中で気軽に密着して活用できるのは大きな変化です。

変換の手続き自体が面倒で、そのまま使用ぜずに放置していまいがちだったり、分かりにくいと感じていた方も多いと思うので、その点は解消されれば、Vポイントのデメリットも無くなっていきます。

まとめ

ここまで、「Tポイント」「Vポイント」の今後の動向についてみていきましたが、いかがでしたか?

統合と聞いて、『どうなってしまうの?』と不安に感じたり、『どんな風に変わるのかな?』と期待している方も多いと思います。

私自身、Tポイントを貯める機会が以前より減ってしまい、他のポイントを活用することの方が圧倒的に増えていたところでした。

提携店が減ったな・・・と肌で感じていましたが、今回の件で一気にポイントの競争が激しくなりそうです。

そして、国内では早期に広まったポイントといえば、Tポイントというイメージの方も多く、実際に若い世代に限らず高齢者まで保有しています。

きっと、この記事を見ているあなたが、TポイントやVポイントを保有している場合は、モバイルでポイントを管理していると思いますが、親、祖父母世代はまだまだカードタイプでポイント管理をしているはずです。

今後、更新される情報をあなただけでなく、家族にも共有して、皆さんで少しでもお得に生活していけるといいですね!

今回の統合は、物価高で家計負担も増える中で、各社ポイントサービスが活発化してプラスの影響があると信じてやみません。

まだ少し先の情報にはなりますが、2024年の春のスタートを心待ちにしていきましょう!!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる