節分の伝統料理!節分の食べ物で関東と関西の違いを徹底解説!

節分の日は昔から「縁起の良い物を食べる」という習慣がありますが、地域によって違いがあります。

関東と関西はよく比較されますが、同じ日本なのに、不思議なほど食べ物や文化が違いますよね。

「どうして恵方巻を食べるのかな?」「地方によって違うのかな?」

そんな知識を少しでも知っていれば、節分をもっと楽しめちゃいますよ。

今回の記事では

  • 節分の食べ物 関東編
  • 節分の食べ物 関西編
  • 節分に「魚の頭」を飾る意味や由来

などについてご紹介いたしますので、

節分の伝統料理の「関東・関西の違い」に

興味がある方は、是非参考にしてみてください!

目次

節分の食べ物 関東では?

節分とは、「厄払い」の行事です。

その日に食べる物も厄払いの意味が込められています。

まず、関東で定番の節分料理を、ピックアップしてみました。

・けんちん汁

関東地方の一部で節分の日にけんちん汁が食べられています。

関東では、けんちん汁を節分に限らず「寒い時期の行事の食べ物」として振る舞われていて、その流れから「節分の食べ物といえばけんちん汁」という風習が根付いたそうです。

また、けんちん汁とは精進料理で、魚や肉を一切使わず煮込んだ、体に優しい味付けの汁物料理です。

豚汁とは違うの?思われそうですが、けんちん汁には基本的にお肉は入れないんですよ。

具材は大根や人参、ごぼう、里芋、こんにゃく、豆腐など。まだ肌寒い2月にも、食べるだけで体がポカポカしますね。

関東では恵方巻と合わせてけんちん汁を一緒に食べる家庭も今では多いようです。ちなみに、関西ではけんちん汁を節分に食べる習慣はありません!

・しもつかれ

栃木県で食べられている、「しもつかれ」。あなたは知っていますか?私は京都出身なのですが、まったく聞き馴染みがありませんでしたよ。

さて、しもつかれとは、鮭の頭・大豆・大根・人参・他の余り物などを大根おろし器でしっかりとおろしたものと一緒に、酒粕を煮込んだ郷土料理です。聞いただけで美味しそうですね。

塩鮭の頭には悪霊を追い払う力があって、福豆には邪気を追い払う力があるとされるのでとっても縁起の良い料理です。

そのまま食べても良いですし、白米に乗せてどんぶりのようにして食べる家庭もあります。作り手によっても味付けが変わるといわれ、生臭さも感じられる料理なので苦手な方も多いようです。

分の食べ物 関西の場合

知っていましたか?実は恵方巻って発祥は関西なのです。大阪から始まったと言われているのですが、いつの間にか全国区の食べ物となっています。

今では節分の時期にはどこのスーパーやデパートに行っても必ず販売しており節分には無くてはならないものとなりました。

以下、関西の定番の節分料理についてまとめてみました。

・恵方巻

関西では恵方巻を太巻きの1本のまま、毎年決められている恵方を向いて一気に食べる風習があります。その時、黙って自分の願いを心の中で唱えながら食べると願いが叶うといわれています。私も小さいころは大きな恵方巻きを丸かじりしたものです。

また、節分の日に食べる巻き寿司を切ることが面倒だったために、そのまま1本で食べたことが関西人の独特なスタイルだといわれ、そこから恵方巻を食べる時は切らずに食べるというのが定番になったそうです。

また、恵方巻には様々な具材が使われています。かんぴょう、きゅうり、しいたけ、伊達巻、うなぎ、たくあん、高野豆腐などを巻いて作ります。

今では恵方巻きは変わり種としてケーキもあるなど、たくさんの種類が販売されています。

七福神を表すために7種類の具を入れることとなっていますが、具に決まりはないので、好きなものを選んでくださいね。個人的にはエビフライが挟まったものや、海鮮ネタなんかもおすすめですよ。

・いわし

関西で節分の食べ物と言えば、やっぱりこちらですね。

そもそもイワシは、陸にあげるとすぐ弱ってしまうのでどちらかというと庶民の食べ物として流通していました。

「弱し」から、「卑しい」食べ物ということで陰の気を消せる食べ物、魔除けの意味を持つといわれています。

節分に「魚の頭」を飾る意味や由来って?飾り方は?

2月の代表的な伝統行事・節分。節分になると玄関先に魚のイワシの頭とヒイラギを飾っているお宅を見かけたことはありませんか?

見たことがある人は「なんて見た目、不気味な飾りをしているの?」と不思議に思ったはずですが、もちろんちゃんと意味があったのです。

意味・由来

「柊鰯(ひいらぎいわし)」と呼ばれるもので、玄関にヒイラギの小枝に焼いたイワシの頭を刺して飾ります。「そのまま置いて飾る」「戸口にひもで吊るす」「花瓶に刺して飾る」といった方法です。

まず、門口から鬼が入れないようにするため、トゲトゲしたヒイラギの葉っぱを飾る、とわれています。

また、イワシを焼くとモクモクとたくさんの煙が出てきて目が痛くなったりします。このイワシを焼いた時に出る煙と匂いが鬼は嫌いだから、「鬼が近寄らないように飾る」といわれています。

ヒイラギとイワシの2つが組み合わせることで、鬼を退散させることができたんですね。

飾る日・片付ける日

地域によっていろいろと違うみたいですが、節分の当日に飾り、翌日に取るのがベストです。

「翌日まで厄を持ち越さない」という意味で、1日飾ればOKです。

また、一般的には、役目を終えた柊鰯に塩を振り清めたあと、きれいな紙に包んで燃えるゴミとして捨てるか庭に埋めるといいようです。

魔除け・厄除けとして家を守ってもらったのですから、感謝の意味を込めて処分しましょう。

まとめ

節分は全国共通のものですが、実は関西と関東では、食べる物に違いがあります。

関東でも関西でも、縁起物を食べる理由として、「その年を無病息災で健康に過ごせますように!」という願いが込められています。

豆まきで鬼を追い払った後は、体に良いものを食べたいですよね。日本全国に目をやってみると、恵方巻き以外にも節分の日に食べたい美味しい食べ物があります。これまでとは違った食べ物も取り入れてみるのも楽しそうですね!

また、京都出身の私ですが、大人になるまで「ヒイラギを飾る風習」は知りませんでした。

京都・大阪・奈良など昔からある街で多く行われているようですね。

まもなく節分がやってきます。

家族で楽しく節分を過ごし、この1年も無事に乗り切れますように!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる