【ネタバレ注意】セーラームーン原作とアニメの最終回の違いについて解説!

髪の長い美少女戦士セーラームーン
https://prettyguardians.com/より引用

『プリキュア』の原点となった大人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』ですが、アニメと原作の最終回について話題となりました。

実は、原作とアニメではそれぞれ描写が異なるのはご存じでしょうか?

原作とアニメの違いについてまとめてみました。

調べたところ、衝撃な展開もありネタバレも含まれるのでご注意してください。

目次

セーラームーン内容

女子高生
https://gyao.yahoo.co.jp/store/title/048074より引用

セーラームーンの物語の主人公である月野うさぎは、十番中学校という学校に通う陽気でおっちょこちょいで弱虫な女の子です。

弱虫で頼りなさそうな月野うさぎですが、ある日人間の言葉を喋る黒猫・ルナと出会います。

ルナと一緒に出会ったうさぎは、人々のエナジーを奪う『ダーク・キングダム』から街を守るという使命を下されます。

弱虫ながらも、美少女戦士セーラームーンに変身し様々な強敵達と仲間と共に戦っていく物語です。

セーラームーン最終回のアニメと原作の違い

「美少女戦士セーラームーン」のパフォーマンスショー
https://cho-animedia.jp/article/2017/11/23/4562.htmlより引用

セーラームーンのアニメと原作の最終回について紹介していきます。

最終回に関しては、くらい展開や結婚式のシーンが出てきます。

アニメは原作の連載が終了していない時に最終回を迎えてしまい、アニメと原作の最終回が異なる事態となっしまいました。

原作とアニメの違いは、結婚シーンやラスボスの戦闘シーンなどが挙げられます。

セーラームーン最終回ギャラクシアとちびちびは同一人物?

ちびうさ
https://gyao.yahoo.co.jp/store/episode/A048098054999H01より引用

セーラームーンの最後の敵であるセーラーギャラクシアですが、アニメと原作ではそれぞれ存在が異なると言われております。

原作ではギャラクシアとちびちびは全くの別人とされておりますが、アニメではセーラーギャラクシアのスターシードがちびちびの存在だと言われております。

スターシードとは、他の惑星からやってきた魂の事です。

セーラーギャラクシアは、最強の敵であるカオスを封印しようと体内に取り込むわけですが、自身の中にある最後の希望の光(スターシード)だけは浸食されないように銀河へ解き放ったのです。

解き放たれたセーラーギャラクシアのスターシードがちびちとなって転生しました。

原作のちびちびは、未来からやってきた究極の姿のセーラームーンのようです。

セーラームーン最終回カオスの結末

セーラームーンの敵
http://ziuya.jugem.jp/?eid=33&imageviewer&image=20190501_1408095.pngより引用

セーラームーンのラスボスであるカオスですが、アニメと原作で結末が異なります。

原作では、カオスは倒せきれずに弱体化させて戦闘不能にします。

アニメでは、カオスに乗っ取られたギャラクシアと戦闘して無事倒す事が出来ました。

カオスだけが消滅してギャラクシアは生きていました。

セーラームーン原作最終回は結婚式を迎える

美少女戦士セーラームーン
https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1612493657&p=1&n=4より引用

原作の最終回では、地場衛(タキシード仮面)と結婚します。

「永遠に一番美しく輝く星だよ」と地場衛は月野うさぎに対してロマンチックなセリフで物語のハッピーエンドを迎えます。

美を象徴とするセーラームーンにとって、結婚シーンは魅力の一つですね。

セーラームーン最終回アニメは結婚式のシーンがない

エターナルセーラームーン/月野うさぎ
https://www.youtube.com/watch?v=K0CxaO11y0sより引用

原作では、結婚シーンを迎えるのですがアニメでは結婚シーンはないようです。

アニメオリジナルでは、カオスを倒して仲間達と一緒にいつもの日常を取り戻すというオチです。

美少女戦士セーラームーンは戦闘アニメが中心だと思うので恋愛シーンはそこまで必要としなかったのかもしれません。

セーラームーン最終回の結婚相手地場衛のキャラが原作とアニメで異なる!?

タキシード仮面
https://animeanime.jp/article/2021/02/27/59767.htmlより引用

月野うさぎと地場衛の熱い恋愛要素はアニメと原作でも含まれていますが、そんなカッコいいヒーローの地場衛が実はキャラクターが原作とアニメで異なるようです。

原作では、『タキシード・ラ・スモーキングボンバー』というカッコいい技を使ったり、割とまともです。

アニメでは、セリフが明らかにギャグ路線にばかり走ります。

技を使う事もなく、バラとステックだけで応戦するだけです。

元々原作はシリアスなシーンも含まれていますが、アニメではほとんどギャグ要素みたいです。

主要人物が、ギャグ路線だと面白い事もありますが萎えますね。

セーラームーン最終回は主人公以外仲間全員死亡でクレーム殺到!?

セーラームーン」に登場するキャラクター
https://ciatr.jp/topics/180336より引用

衝撃の展開ですが、セーラームーンアニメシリーズの第1期の最終回では月野うさぎ以外全員死亡してしまうというシーンがあります。

ダークキング・クイーンベリルによって、セーラー戦士たちは死んでしまうのですがこの展開に多くの視聴者がショックを受けてクレームが殺到してしまったのです。

仲間が全員死んだのにも関わらず、何故かダークキング・クイーンベリルを倒した後は生き返っています。

視聴者の「死んでほしくない」という思いから生き返ったのか、人気のまま終えてしまったのでその後のセーラームーンシリーズRにもっていくための都合だった可能性もあります。

まとめ

美少女戦士セーラームーン Crystal
https://lineup.toei-anim.co.jp/ja/ondem/sailor_moon_c/story/より引用

さて、これまでに原作とアニメの結婚式やタキシード仮面のキャラクターの設定、衝撃な展開について紹介しました。

他にもルナが喋れなくなったり、仲間達の今後について今ひとつはっきりしない事が多いです。

これからも、続編があって謎も明かされていくのではないのでしょうか?

ギャグ要素を多く含むアニメも、シリアスな展開になる原作でもそれぞれ違う楽しみ方がありますね。

2021年の新作映画『美少女戦士セーラームーンeternal』の次回作も出てくるといいですね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる