メーカーズマークはなぜまずい?理由とネットの声まとめ!

「メーカーズマーク」と打つとなぜか「まずい」の文字がヒットします。

有名で歴史あるバーボン「メーカーズマーク」がなぜ「まずい」と言われているのか調べてみました。

目次

メーカーズマークと

メーカーズマークは、アメリカ製のバーボン・ウイスキーの銘柄で、ケンタッキー州ロレットの蒸溜所で製造されており、ビームサントリーが保有しています。

なんといっても最大の特徴はあの赤いボトルキャップです。

その赤い蝋封と呼ばれるキャップは職人の手作りで、世界に一つだけのオリジナルとなっており、蝋の垂れ方が一本一本異なっています。

女性にも飲みやすく芸能人にもファンも多く、テレビでも紹介されたことがあるのであまりにも有名ですが、そんなメーカーズマークがなぜネット上で「まずい」と言われているのでしょうか?

その真実を見ていきましょう。

メーカーズマークがまずいと言われる理由3選

メーカーズマークを飲んだ人の実際の感想がこちらです。

メーカーズマークがまずい:①科学の味がする

オレンジとハチミツ、バニラの甘味が合わない方はまずいと言われます。

メーカーズマークがまずい:②物足りない

バーボン特有のピリッと感がないため、飲んだ時の物足りなさを感じる人がいるようです。

メーカーズマークがまずい:③冬小麦を使用しているため

メーカーズマークはバーボンの主な原料であるトウモロコシに加えて冬小麦をたくさん使用してます。

バーボンは51%以上をトウモロコシベースで作ることが法律で定められています。

その残りは一般的にライ麦、小麦が使用されます。

このバランスによって味に大きく影響します。

メーカーズマークは小麦を使用することにより、柔らかい口当たりと甘みを出しますが、バーボンらしくないと言われます。

メーカーズマークはまずい ネットの声

ネットではこんな「まずい」という声が挙がっています。

4.メーカーズマークはうまい ネットの声

一方、「おいしい」といった声も多く挙がっていました。

どのバーボンが美味しいの?バーボンおすすめランキング5選

バーボンは度数が高く飲みにくいイメージもありますが、実は上品で甘いバニラやナッツ・カラメルの香りで飲みやすく、初心者の方でも飲みやすく、おすすめのお酒です。そのまま飲むストレートや・ロック・ソーダ割りや水割りからカクテルまで、幅広い飲み方で楽しめるのも魅力の一つです。ただ、人気な銘柄だけでも数多く、正直どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

今回はコンビニでも手に入りやすい、おすすめのランキング5選を紹介していきたいと思います。これを読んであなた好みのバーボンを探してみてくださいね。

①「ジャックダニエル」

バーボン

世界で最も有名な「ジャックダニエル」はバーやお店に必ず並ぶ人気のウイスキーの1つです。

1866年創業で、テネシー州で唯一稼働している大人気の蒸留所で、テネシーウイスキーとも呼ばれています。その製法は100年以上たった今でも変わっていません。

1滴1滴時間をかけてゆっくりとろ過され、なめらかでまろやかな原酒になります。

オーク樽のほんのり香る風味とスムーズでドライな後味が特徴で、バニラ・キャラメルなどの甘い香りに、まろやかでバランスのとれた味わいがあります。熟成によるスパイシーな風味と調和された深みのある人気の高いテネシーウイスキーです。ぜひ一度ご賞味下さい。

②「ジムビーム」

ジムビーム

ジムビームは、アメリカのケンタッキー州で造られているバーボンウイスキーの銘柄で、200年以上の歴史を誇り、1973年以来世界売上No.1を誇るジムビームは、代々受け継がれる幻の酵母と昔から伝えられている伝統の製法によって造られ、まろやかでくせがなく、飲みやすい味わいです。

大粒で品質が高いデントコーンを原料に用い、代々受け継がれる幻の酵母と昔から変わらずに伝えらている伝統の製法によって作られ、香りと味わいがバランスよく調和しています。

バーボンウイスキーでは、長い期間圧倒的なシェアで首位を独走しており、ウイスキー全種類の中でも世界トップ10に入ります。

これまで、高年層を主流に飲まれていたハイボールが20代の若者の間でも大人気となり、日本でもジムビームはバーボンのなかでも半数以上のシェア数で、ハイボールブームが追い風となりました。ソーダとの相性が抜群で、初心者にはおすすめです。また、ロック、水割り、カクテルの材料としても使いやすく、どんなお酒やジュースとも合うので飲みやすいです。

③オールドグランダッド(OLD GRAND-DAD) 114

オールドグランダッド

1796年誕生の本格派バーボンで、オールドグランダッドは「偉大なる祖父」という意味で、バーボンの先駆者的存在であったベイゼル・ヘイデンに敬意を表して彼の孫が命名しました。マイルドで飲みやすく、ロックやストレート・ソーダ割りなど幅広く楽しめます。

樽出しからそのまま直接ボトルに詰める方法で、57%と高いアルコール度数が特徴のバーボンですが、グレーン原料という穀物を使用することにより、軽くなめらかな口当たりに仕上がっています。

広くバーボン通の人々に愛されているウイスキーです。

④ブッカーズ(BOOKER’S) バーボンウイスキー

ブッカーズ バーボンウイスキー

アルコール度数60%以上と、高いアルコール度数ではあるものの、深い熟成感があり、なおかつオークの樽香が心地よく、フルーティな独特のほろ苦さを持ったバーボンです。

ついグビグビ飲んでしまうほど飲みやすく、一度飲んだらやみつきになる美味しさです。

⑤メーカーズマーク(MAKER’S MARK) バーボンウイスキー

バーボンウイスキー

職人の手で1本1本作られている赤い蜜蝋が特徴がバーボンウィスキーです。

同じものは二度とないオリジナルのキャップがどこか特別感を味わえるメーカーズマークは、プレゼントにも喜ばれる1本です。

冬小麦を使用し、やわらかい口あたりとマイルドな味わいを実現しています。

オレンジ・ハチミツ・バニラのようなフルーティの甘い香りとほんのり小麦の甘味も楽しめる230年以上の歴史あるバーボンです。

よくある質問

・メーカーズマークの開け方は?

さあ飲もうと思った時に、キャップの開け方に戸惑う方もいるかもしれません。

メーカーズマークの赤いキャップは蝋燭で覆われており、特別な処理がしてあります。

しかし蝋封は簡易なもので、つまみがあり取りやすくなっているので開けるのは簡単です。

シールを剥がすようにめくれている部分を見つけて引っ張れば、蝋封の一部が取れるので、あとは普通のスクリューキャップとして開け閉めすることができます。

・メーカーズマークの飲み方は?

バーに行くとカクテルのベースとして使用しているお店も多いバーボンですがメーカーズマークの飲み方として一般的にはストレート・水割り・ロック・ハイボール割があります。

あとは、水割りのなかでも水とメーカズマークを1:1で割るトワイスアップや、氷をきめ細かく砕いて、その上からメーカーズマークを注ぐミストといった飲み方もあります。

メーカーズマークをカクテルにして楽しむのもおすすめです。グラスに氷を入れ、メーカーズマークとジンジャーエールを注ぐ「バーボンバック」や、メーカーズマークとコーラを混ぜる「コークハイ」は、すっきりした喉ごしと甘味があるので、美味しく量が進むでしょう。

特にメーカーズマークはオレンジと相性がいいことからオレンジの皮で香り付けして楽しめます。バニラのような甘い香りとオレンジの香りがリッチになります。

さらにフレーバードワインやシロップを注いで作る「マンハッタン」や「ニューヨーク」がぴったりでおすすめです。自身がお気に入りのカクテルグラスを使用すれば、お店に行かなくても自宅でバーの雰囲気がよりいっそう引き立てられます。

・メーカーズマークの値段は?

現在製造販売されているメーカーズマークは、レッドトップと46の2銘柄になります。

カスクストレングスは2019年に数量限定で販売され、ネットでは現在も購入できます。

プライベートセレクトは毎年、販売メーカーのオリジナルとして数量限定で販売されています。

ゴールドトップは現在販売終了しており、ネットでも販売されていません。

①メーカーズマーク レッドトップ

メーカーズマークを代表する定番ボトルで、度数は45%です。

オレンジの爽やかな香りにバニラやハチミツの香りが重なり、飲みやすい味わいで女性にも人気です。

700mlの他に300mlと1000mlがあり、700mlは2.800円(税抜)になります。

②メーカーズマ―ク46

長い時間をかけて熟成したメーカーズマーク 46は、奥深い味わいが特徴でストレートやロックで味わってもらいたいボトルです。

度数は47%で、750mlで5.800円(税抜)になります。

③メーカーズマーク カスクストレングス

2019年に数量限定販売されたプレミアムウイスキーです。

樽から出した原酒に加水しないでボトリングで度数は54%ですが、樽ごとでアルコールの度数が異なり、メーカーズマークの個性が伺えます。

香ばしいアロマに小麦の甘い香りが広がって、そのなめらかな余韻が口の中に残り堪能できます。

750mlで6.400円(税抜)になります。

④メーカーズマーク プライベート セレクト

メーカーズ46をベースにした販売メーカーごとにオリジナルを加えた特別な1本です。1001通りにも及ぶ組み合わせが可能な中で、販売メーカーがそれぞれ独自のブレンド比率を決めており、それぞれオリジナルの味に仕上がっています。

750mlで7.000円(税抜)になります。

⑤メーカーズマーク ゴールドトップ

2000年代に販売終了した希少なウイスキーです。ゴールドの封蝋とラベルがプレミアムな雰囲気を出しています。

アルコール度数50.5度といった高い度数ですが、まろやかな味わいが特徴です。

ネットでは販売終了しているため、700mlで50.000円(税抜)とプレミアム価格になっています。

・バーボンとウイスキーの違いは?

バーボンはウイスキーの一種で、原料の穀物を発酵させ、蒸留したあとに木の樽で熟成させます。原料はおもに大麦や小麦・ライ麦・トウモロコシです。ウイスキーは蒸留酒の区分で、焼酎や泡盛・ブランデーなども蒸留酒カテゴリーです。

一方、スコッチは英国スコットランドで熟成まで製造されたウイスキーで、世界5大ウイスキーの1つでもあります。スコットランドはアイルランドと並ぶウイスキー起源の地と言われています。

しかし、スコットランドで作れば全てスコッチというわけでなく、スコッチは熟成保管する樽はオークの木を使った樽を使う必要性があるなど、厳しいルールがあります。

①原料の違い

バーボンもウイスキーも同じウイスキーですが、原料に違いがあります。

スコッチは大麦、バーボンは51%以上トウモロコシが原料であり、残りを大麦・小麦・ライ麦で構成しています。

②作り方(蒸留方法)の違い

スコッチは、94.8%以下の温度で単式の蒸留機を使用しています。単式蒸留機は、原料である発酵醪を連続で蒸留できないため、2.3回回します。

バーボンは、80%以下の温度で主に何回か連続して蒸留できる連続蒸留機で蒸留します。

③熟成期間の違い

スコッチは、木樽の中で3年以上熟成させなければいけません。

一般的なスコッチの熟成期間は、11年〜12年が普通です。

一方でバーボンも樽での貯蔵する必要があるのですが、その期間については定められていません。一般的にバーボンの熟成期間は、4年〜6年が普通だと言われいます。

なお、熟成期間が2年以上のものは、ストレートバーボンと言われています。

④熟成に使う樽の違い

スコッチは、シェリー酒やワイン・ビール・バーボンなどで使用した樽を使います。使用された使用済の樽を使うことで、ウイスキーに芳醇さと深みをプラスします。

バーボンは、新品の樽に内側をバーナーで焦がし、使用します。樽はホワイトオークが原木です。

⑤味の違い

スコッチとバーボンは甘さの感じ方に違いがあります。

スコッチは、酸味やアルコールの刺激と少しの甘さを感じますが、バーボンはカラメルのようなより濃い甘さをダイレクトに感じます。

もちろん、バーボンもスコッチも様々な商品があるので、必ずしも一概に一緒とは言えませんが、簡単に比べると口当たりの甘さが変わります。

・バーボンの選び方、どう選べばいいの?

たくさん種類がありすぎるバーボンの上手な選び方をご紹介します。

①度数で選ぶ

バーボンを飲みなれていない初心者の人が、バーボンを選ぶときには、まずはじめにアルコール度数40%のものを選び、水割りやハイボールで割って飲むようにすると良いでしょう。

銘柄にも寄りますが、バーボンのアルコール度数は40%のものが一般的に多いです。

ただし中には、ノブクリークやブッカーズのように、アルコール度数50%を越えるものもあります。少し慣れてきたらストレートやロックで香りを楽しむのもいいですし、度数50%以上のバーボンに挑戦するのもよいでしょう。

②熟成期間で選ぶ

バーボンは熟成するときに使い古した「使用済の樽」をしようするため、他のお酒と比べて熟成が早く進み、たとえ同じ銘柄でも期間によって味わいや香りが変わってきます。

また、ケンタッキー州では、年間を通して気温の差が激しいことも熟成を早める一因だと言われています。

水割りなどで割る場合は熟成が短いものを、ストレートやロックで飲むという方は、長いものを選ぶとバーボン本来の香りや味を楽しめます。

③価格で選ぶ

価格は主に熟成期間に変わってきます。

ウイスキーやワインは、昔から熟成期間が長ければ長いほどおいしいと言われており、10年より20年、20年よりも30年の方が価格が高騰します。寝かした方がよりコクと深みが出てまろやかな味わいになります。

熟成期間が短いものは1000円からで、長いものは7000円以上するプレミアムバーボンまで値段はさまざまです。自分の予算に合ったものを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?メーカーズマークが他のバーボンと原料が違うことから、その味わいに違いが出ることがわかりました。

とはいえ、おいしいと言った口コミが多いことも事実です。

世界で何百年も前から愛されているメーカーズマークは、その手法を変えることなく今もなお受け継がれています。

皆さんもぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる