運動神経のいい子の特徴7選!スポーツができると勉強もできる?

運動神経がいい子は、遺伝だからと諦めていませんか。
何をすれば運動神経がよくなるのか考えてみましょう。

目次

運動神経のいい子の特徴7選!               


・運動環境が整っている
近年では安全に遊べる場所も少なくなり、1980年代に比べると子どもの運動量も減少してきています。
のびのびと自由に遊べる広場や遊具がたくさんある公園が家の近くにあるなど、
普段から外遊びができる生活環境も運動能力を向上させる大切な要因です。


・基本的な動きが身についている
幼少期には、基本的な動きを身に付けることが重要です。
この基本的な動作を身に付けることにより、急な動きにも対応することができます。
・立ったり、座ったりするようなバランスをとる動き
・走ったり、跳んだりするような体を移動する動き
・ボールを投げたり、蹴ったりするような操作する動き
これらのように基本的な動きを楽しみながら自発的に身に付けることで、
心身に及ぼす影響も大きくなると言えるでしょう。

・自己肯定感が強い
何度も失敗や成功を繰り返すことで、自信につながります。
そして、この成功体験が次のステップへのチャレンジ精神をかき立ててくれるでしょう。


・マネをするのが上手
いきなり行動をするとやり方がわからなかったり、イメージが掴みにくかったりしますよね。
上手な人をよく観察してマネができる人は、マネが下手な人に比べると上達するスピードが早くなります。
なぜなら、正しい方法を習得し自分の欠点を見直すことができるのです。


・普段から運動する習慣がある
テレビを見たり本を読んだりして過ごすことが多い子より、体を動かす習慣がある子の方が
運動能力の高い子が多いようです。
その原因の一つとして、筋肉は使わないと衰えてしまいます。
普段から運動をして体力をつけることがとても重要です。


・幼少期からたくさん体を動かしている
運動は心身の健康に大きな影響を与えると言われています。
幼少期からたくさん体を動かし、体力を向上させることは、体の発達だけでなく精神的にも
重要な役割を果たしています。


・集中力がある
集中力がある人は、途中で飽きることなく一つのことに集中することができます。
仕事や勉強ができる人は、集中力が高い人が多いですよね。
運動も同じです。日頃から自分の限界を知り、上手に休憩を取入れながら行うことで
集中力を高めて行きましょう。

スポーツができる子は勉強もできる?


勉強は、漢字や数式を暗記して覚えますよね。
スポーツも何度も動いて覚えることによって、脳に記憶されています。
スポーツも勉強と同じで正しい動作を繰り返し行い、鍛えることで運動能力が身につきます。

運動神経のいい子の特徴 2歳


2歳になると、さまざまな発達や能力に差が現れてくる年齢です。
できることがたくさん増えてくる時期ですね。この頃にしっかりと体を動かし筋肉を鍛え、
いろいろな動作を経験することが重要です。

運動神経は何歳で決まるのか?

個人差はありますが、運動神経は12歳頃までに発達すると言われています。
3歳~8歳の間はプレ・ゴールデンエイジといいます。
この時期に運動神経が急速に発達するため、どのように過ごすかが今後の運動神経に
大きな影響を与えています。
また、9~12歳をゴールデンエイジといいます。
この年齢になると体も大きくなり、筋肉も発達してきます。
いろいろなスポーツに挑戦し、全身を動かすことが重要と言えます。

運動神経は遺伝と関係ない?

運動神経は一概に遺伝だけが影響しているとはいえません。
幼少期にさまざまな動きを経験することで運動能力を養うことができます。

子供の運動神経は母親から?

子どもの運動神経は母親に似ると言われることがありますが、子は父親と母親の遺伝子を
受け継いで生まれてきます。
これらのことから、遺伝的要因が少なからず影響しているようですが、環境要因も大きく関わっています。

運動神経のいい子が小さい頃からやっていた3つのこと


・外遊び
・親が子どもと一緒に関わりながら遊ぶ
・様々な動きを経験する

遊びが鍵!遊びながらスポーツを伸ばす方法とは
かくれんぼや公園遊びの中で運動神経を伸ばすことはできます。
親が強制するのではなく、子どもと関わりながら一緒に楽しむことが大切です。
遊びの中でたくさんの動きを行うことで、子どもの興味を引き出して行きましょう。

ゴールデンエイジの習い事おすすめ5選

スイミング・格闘技
全身運動を身に付けることができます。
なかなか普段使われない筋肉を動かすことで代謝が良くなったり、免疫力が上がったりすると言われています。

体操教室
跳び箱やマット運動・鉄棒など、いろいろな運動を経験することができ、
バランス感覚や握力の向上にもつながります。

ダンス
音楽に合わせて踊ることによってリズム感を養い、全身を使って表現する力が身につきます。

サッカー
チームで行う競技なので協調性を養うことができ、精神的にも鍛えられます。

まとめ


幼少期からいろいろな動作や運動を経験することにより、運動神経を高めることができます。
日頃から、たくさんの体を使った遊びやスポーツを経験することが重要と言えます。
子どもの成長に応じて、環境を整えてあげることが今後に与える影響は大きいのではないでしょうか。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる