買ってはいけない加湿器?モダンデコハイブリッド加湿器を使った感想とレビュー!

加湿器ランキング2021年上半期1位の商品、モダンデコハイブリッド加湿器の機能性の良さをまとめてみました! 

モダンデコの加湿器って、人気みたいだけど本当にいいの? 何がそんなにいいの? と購入を迷われている方、ぜひ参考にしてみてください。 

目次

モダンデコハイブリッド加湿器の優れた機能

紫外線と熱のWパワーで強力除菌(特許出願中)

UVライトで紫外線除菌

UVライトを照射して細菌を除去。菌をまき散らすことなく衛生的な加湿を行います。

ヒーター機能で高温除菌

ヒーターでタンクの水を加熱して熱除菌。細菌の繁殖を抑え、ぬめりや臭いを軽減します。

便利な上部給水タイプ

上から水を注げる上部給水タイプ! 重いタンクを持ち運ぶことなく給水できます。

もちろん、タンクを外して給水することも可能です。

タンクを本体の内部にセットするので、水漏れの心配もありません。

ハイブリッド式

超音波で水を気化する超音波式と熱で気化する加熱式。この2つの良い所を取り入れている、いいとこ取りのハイブリッド式です。

床が濡れにくい超微細ミスト

髪の毛の5分の1の細かなミストで、素早く蒸発します。

駅や商業施設等で散布されるドライミストと同じ原理です。

対応面積が広く、最大17

木造和室10畳、プレハブ住宅17畳、鉄筋コンクリート17畳。

リビングや寝室、どんなお部屋でもしっかり加湿します。

タンクは約6.5L入る大容量サイズを搭載

給水回数が少なく済み、就寝時でも安心です。

最大約60時間の連続運転可能

タンク内の水が切れると、警告音とパネルの点滅でお知らせ。運転を自動停止します。

その他にも多くの機能、メリットが満載

12パターンの加湿量切り替え。

360度回転する2つの吹出し口。方向を自由に調節可能。

・「湿度設定」ボタンで湿度を設定すれば、センサーが湿度を感知し自動で調節。室内が設定湿度になると自動で加湿を停止。設定より湿度が5%下がると再び加湿。

・自動で運転を停止するタイマーを、最大12時間まで設定可能。

・操作ロック機能で、お子様がいるご家庭でも安心。

・眠りを妨げないスリープ機能。操作中以外はパネルが消灯し、ヒーター設定OFFで運転。

・視認性の高いLEDデジタル表示パネル搭載。

・リモコンで全ての本体操作が可能。

・現在の温度と湿度を分かりやすく表示。

・動作音は加湿量弱で約32dB、睡眠や作業の妨げにならない静音設計。

(騒音値目安: 換気扇50dB、図書館内40dB、深夜の郊外・鉛筆での執筆音30dB)

・消費電力はわずか約18W! 従来の加熱式加湿器と比べ、1ヶ月の電気代約93%削減。

・付属のスポンジにアロマオイルを垂らし、香りの癒し効果も!

・奥行き約20cmのスリムボディで収納も楽々。

・本体の重さは約3kgの持ち運びやすい計量設計。本体裏面には床面保護パーツ付きで接地面を傷つける心配がなく安心。

・内部はパーツごとに分かれ、丸洗い可能。

・安心の1年保証付き。

モダンデコハイブリッド加湿器を購入した人のレビュー

加湿器

ハイブリッド型加湿器、お手入れ楽ちん

細かい部品が少ないので、お手入れが楽です。

6.5Lなので一晩は余裕でもちます。

弱にしていてもけっこうな蒸気がのぼっています。

大容量ですがそれほど重くないので部屋の移動ができます。

温度は多少高めに表示されるのかな?と思いました。

加熱すると本体が熱くなるのでそのせいかと思います。

温度は目安程度にしたほうがいいかもしれません。

ひどい鼻づまり、喉の痛みで通院中なので、購入して助かりました。

こちらの加湿器のおかげで喉の痛みもやわらぎました。

(40代男性)

買ってよかった! この使用感、いいです

ミストが細かく温かいので部屋の温度が下がりません。

今年は暖房いらないかな? 

大容量で頻繁に水を入れる必要もなく、たっぷり加湿されます。

心配していたミストによる床濡れもありません。

アロマはまだ使っていませんが、今後使ってみたいと思います。

(20代女性)

白を購入、インテリアにも合う

シンプルでとても使いやすいです。水も上から入れやすく、音もそれほど気になりません。

加湿の湿度設定ができるのもいいです。

ガンガン加湿してくれるし、インテリアにもマッチしてて、買ってよかったと思います。

(30代女性)

パワフルな加湿機能に大満足!!

乾燥が大幅に改善され、満足しています。

大容量で日中給水して夜中までもちます。

想像以上に大容量でした。

ただ、一日使うと吹出口に水が溜まるのが少し気になります。

全体的には良い加湿器だと思います。

(50代男性)

他の人気加湿器との違い

モダンデコと類似しており、こちらも人気のLOMAYAハイブリッド加湿器と比較してみました。

ほとんどの機能は同じように思えますが、大きく違う点がありましたので3お伝えしたいと思います。

UVライト、抗菌カートリッジ、ヒーターの3重除菌

違いは抗菌カートリッジ。銀イオンで雑菌の繁殖を抑え、抗菌と洗浄効果が期待できます。

加湿量調整が6段階

モダンデコは12パターンの切替が可能でした。

タンク容量は5.0L、最大連続運転時間は約40時間、対応面積最大32

モダンデコは容量6.5L、最大運転時間は約60時間、対応面積最大17畳でしたので、LOMAYAは広い面積に対応できる分、連続運転時間が多少短いという感じでしょうか。

以上が主な違いでした。

ちなみにLOMAYAは中国の電化製品ブランドですが、安定的に高評価を得ていることから、信頼性は高い商品だと思われます。

ですがやはり日本の電化製品がいいという方にはモダンデコをおススメします。

まとめ

モダンデコのハイブリッド加湿器は、デザインも機能性も優れており、この冬を快適に過ごすにはとても良い商品ではないでしょうか。

まだまだ続きそうなコロナ禍で、ご自宅で過ごす時間が増えた方も多いと思います。

湿度が40%以下になるとウイルス飛沫の落下速度が遅くなり、空気中を漂うことになります。

加湿器で湿度を保つことはウイルス対策にもなります。

加湿器のある快適な暮らし、ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる