買ってはいけないタイヤメーカーは? その特徴と理由、失敗談も紹介!おすすめタイヤ5選!

タイヤって種類が多いし、値段もバラバラだしどれを買えばよいか分かりませんよね。

タイヤにもそれぞれ特徴があり、長所短所があります。

本記事では、みなさんがタイヤ選びに失敗しないように記事を作成しました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

買ってはいけないタイヤメーカーは?

買ってはいけないタイヤメーカーの説明

買ってはいけないタイヤって何でしょう。

車に詳しくない、興味がないという人はその見極めが非常に困難であると言えます。

しかし、車と人間は切っても切れない関係。

この道に詳しくない人でも、タイヤを購入しなければならない場面がきっとあります。

本記事では失敗しないタイヤ選びをするために、まず買ってはいけないタイヤを3つご紹介したいと思います。

買ってはいけないタイヤメーカー:①安売りタイヤ

何かを購入するときに一番重視するものってみなさん何でしょう。

値段、品質、量など商品を購入するときに比較する要素は数多くあります。

どの要素を大切にするかは人それぞれ異なると思います。

しかし、多くの人が最初に気にするのは値段ではないでしょうか(違う方はごめんなさい)

もちろん値段って安いほうがいいですよね。

一番良いのは安くて品質がいいもの。

でもこれってなかなか難しいです。

特に自分の専門分野でない商品を買うときは非常に見極めが困難になります。

単刀直入にいうと「タイヤで品質が良くて激安」

これは非常に難しいです。

なぜかというとタイヤは使われなくても劣化し、安全面が低下すると言われているから。

普通の商品(例えば衣類や雑貨)は型落ちで値段が安くなることはあっても、商品として劣化することはないですよね。

タイヤは特殊な商品であるため、先ほど説明したように品質が劣化することがあります。

安売りされているタイヤの購入を検討している方は安さの理由を聞いてみてください。

もしその理由が、劣化であった場合購入を控えることをおすすめします。

買ってはいけないタイヤメーカー:②激安アジアンメーカーのタイヤ

前章で安いタイヤはおすすめできないとご紹介させていただきました。

安いメーカーでありがちなのがアジアンメーカーのタイヤ。

正直あまりおすすめすることはできません。

理由は前章のとおり。

しかし、アジアンメーカーが一概に全て悪いとは言えません。

アジアンメーカーの中でも有名なものと無名なものが存在します。

有名なものは欧州車などで採用されているものも存在し、信頼性は比較的高いのではないかと言われています。

もしアジアンメーカーのタイヤの購入を検討しているのであれば、有名メーカーのタイヤの購入をおすすめします。

買ってはいけないタイヤメーカー:③エコタイヤ

エコタイヤとはタイヤの空気圧を高くし、接地面積を少なくし、摩擦抵抗を軽減させ燃費をよくするタイヤのことです。

最近はエコカーが普及し始めているため、このタイヤが標準装備になっている車もあります。

一見悪いところは見当たらないように感じますが、グリップ力が低下し乗り心地が悪くなるといったデメリットがあります。

多少の乗り心地の悪さは気にしないという方にはおすすめできますが、乗り心地を重視される場合は避けたほうが良いのかもしれません。

買ってはいけないタイヤ|失敗談

パンクしたタイヤ

ここでは、タイヤ購入に関する失敗談を3つ紹介したいと思います。

1つ目

新品のタイヤを購入したが、製造された年数が古かったため、ゴムが硬化してしまっておりグリップ力があまり良くなかった。

2つ目

雨天時にカーブが連続する道路を走っていたところ、唐突に車が横滑りしてしまい、危険を感じた。

3つ目

通常の道路を走ったときは感じなかったが、峠道のコーナリングを走った際に、グリップの悪さを感じた

などの失敗談がありました。

タイヤに限らず商品を買った際の失敗って誰でも少なからずありますよね。

様々な情報を参考にし、失敗しないタイヤ選びをしてみてください。

買ってはいけないタイヤメーカー|選ぶ際の注意点

タイヤを選ぶ際に大事なことは3です。

1つ目は目的で選ぶこと

走行性能が目的なのであれば、スポーツタイヤを選び、乗り心地を重視するのであれば、コンフォードタイプやスタンダードタイプを選ぶなど、目的をしっかりと定めそれに合ったタイヤを買うことをおすすめします。

2つ目は、種類で選ぶこと

タイヤって意外と種類が豊富にあります。

  1. 安さにこだわるという方はスタッドレスタイヤ、
  2. 夏に雨がたくさん降る地域の方には、夏の雨に強いサマータイヤ、
  3. タイヤ交換が面倒だという方には、オールシーズンタイヤ
  4. 静かに走行したいという方には、静粛性に優れたSUVタイヤ、がおすすめです。

3つ目はメーカーで選ぶこと

どの商品にも有名メーカーってありますよね。

有名メーカーには有名たる所以があります。

自分の好みに合ったメーカーをぜひ探してみてください。

4. タイヤ|安く買うには? レンタルできる?

タイヤを安く買う方法、ズバリそれはネットで買うことです。

ネットでは実店舗と比べても安く購入することができます。

なぜネットでタイヤを安く購入することができるのか?

それは直接販売であるからです。

しかし、現物を見て購入することができないため、思っていた商品と違う商品が届く可能性があります。

このあたりは、他の商品と一緒ですね。

しっかりと商品を確認し、購入してみてください。

また、スタッドレスタイヤのレンタルサービスは多く存在しています。

店舗によって価格など異なるので、ぜひ調べてみてください。

タイヤメーカーおすすめ5選 

おすすめタイヤまとめの説明

OPTIMO H426(ハンコック)

低燃費設計のエコタイヤとなっております。

ウェット性能なども持ち合わせており、多機能なタイヤです。

多機能で高品質なタイヤを探している方にはおすすめです。

15264NXC(ネクセン)

オールシーズンでマルチに活躍できるタイヤとなっております。

接地面が均質となっており、幅広い路面でのグリップ力を発揮することができます。

車を日常で多く使用する方におすすめです。

ALL SEASON MAXX AS1(ダンロップ)

雪上ブレーキ機能、静粛性能、ウェット機能、ロングライフ性能を持ち合わせた高機能なタイヤとなっております。

コストパフォーマンスにも優れたタイヤです。

クロスクライメート(ミシュラン)

夏用タイヤの性能に冬の雪道走行の機能を追加した高性能なタイヤとなっております。

ロングライフ性能にも長けており、コストパフォーマンスも非常に良いタイヤです。

ALL SEASON MAXX VA1(ダンロップ)

こちらは商用車向けのオールシーズンタイヤです。

商用車向けのためタイヤの負担を軽減する設計がされています。

またロングライフ性能も優れるので、ランニングコストを抑えたい人にもおすすめです。

まとめ

知識がないとタイヤ選びって難しいですよね。

一番大事なのは、自分に合ったタイヤを購入することです。

乗っている車、住んでいる地域などなど人によって必要なタイヤは違います。

ぜひ自分に合ったタイヤを選んで快適なカーライフを送ってください。

その際に私の記事が少しでも手助けになればうれしいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる