彼氏とあわないとどうでもよくなる7つの理由!気持ちを維持するコツとは!?

お付き合いをしている時って、どうしても気持ちが不安定になることがあります。

遠距離恋愛の方は、会いたい時に会えなくて辛いこともありますよね。

連絡がなかなか来ない彼氏をお持ちの方は、連絡を催促するのは鬱陶しいかなと悩みますよね。

そんな期間が長くなると、ふとした瞬間に冷めてしまっている自分に気づくことが。

会わないと冷めてしまう女性心理は意外とよくあることなのです。

もし罪悪感を持ってしまっているのであれば、こちらを読んでみてくださいね。

あなたは別に悪くないですし、心が軽くなるはずです。

目次

彼氏にあわないとどうでもよくなる、冷める女性心理

女性は、気持ちの切り替えが上手い人が多いですよね!

よく女性は元カレとの思い出を上書き保存していくと例えられることがあります。

でも、本当はそんなに強くないですよね。

切り替えるまでにはたくさんの気持ちに折り合いをつけて、ここまでの境地にたどり着く訳です。

彼氏が忙しくて会えなかったり、遠距離恋愛中だったり、連絡が少なかったり。

彼と会うことができないのに、好きという気持ちを保つのって大変ですよね。

寂しい気持ちを紛らわすために日々を忙しく過ごしたり。

会わない日々が長くなると、寂しい気持ちに慣れてしまうこともあるのです。

そうなると、彼がいなくても楽しく過ごせているなと気付くと、途端に冷めてしまうことはよくあることです。

また、大事にしてもらえてないことに気付いたり、将来に不安を感じたりして冷めてしまうこともありますよね。

ここに至るまでに女性は、たくさん悩んでいると思います。

次に、女性が彼に会わないとどうでも良くなる7つの理由を紹介します。

彼氏にあわないとどうでもよくなる7つの理由

女性モデル

寂しい気持ちが好きを上回ってしまう

会えば好きな気持ちが維持できるはず。

でも会えない期間が長くなると寂しいが上回ってしまい

「あれ、本当に好きなのかな?」と好きな気持ちに自信が持てなくなります。

また、寂しさのあまり違う人に頼ってしまうこともあります。

大事にしてもらえていないと気づく

少しの時間があれば、連絡を取ることができます。

なのに、連絡があまり来なくて、SNSで楽しそうに遊んでる姿をアップしていたら大事にされていないと気づきますよね。

全部の時間を自分に使ってほしい訳ではなくて、大切にされていると分かれば安心します。

電話やメールなど、時間関係なく連絡を取れる手段があるにも関わらず怠っていると、大事にされていないと気付いて冷めてしまいます。

彼のいない生活に慣れてしまう

会えない期間や連絡がない期間が長くなるほど、最初は寂しいのですが慣れてきます。

悲しい慣れなのですが。

でも、彼女が頑張った証でもあるんですよね!

彼がいない生活でも楽しくやっていける術を習得したのですから。

頼りたい時に居てくれない

女性は、どうしても頼りたい時があります。

例えば、精神的に辛い時にそばにいてほしいと思うこととか。

そんな時に近くに居てくれないと自暴自棄になってしまう気持ちは分かります。

そんな彼氏の存在意義を疑いたくなりますよね。

将来に不安を感じる

今、寂しくて不安な気持ちを抱いているのなら、将来を悲観してしまうのは必然的でしょう。

今の彼女を満足に幸せにできていないのに、将来幸せにできる保証がないですもんね。

それだったら、もっと安心させてくれる人の所にいこうと思うのは自然なことです。

ここは、彼としてしっかり話して、安心させてあげる必要があります。

自分に自信がなくなる

「自分に魅力がないから、こうなってしまった。」と考える女性は、多くいます。

会えない期間は好きと確信できることが少ないですから、自分に自信がなくなってしまう気持ちも分かります。

彼のことは好きだけど、自分に自信がなくなってしまって恋愛をしたくなくなる方も少なくないのです。

遠くにいる彼よりも近くにも良い人がいると気づく

遠距離恋愛が難しい理由として、近距離恋愛よりも浮気のチャンスが多いです。

当たり前ですが、世の中には彼以外にも男性はたくさんいます。

連絡もマメで、よく会いに来てくれる男性は遠距離で悩んでいる女性にとって魅力的に見えるでしょう。

男性はあわなくても冷めない?むしろ余計好きになるって本当?

携帯をいじる女性モデル

男性って彼女になった途端に連絡が遅くなったり、合う回数が少なくなる方が結構いませんか。

私の周りの女の子も、遠距離ではないのに会えなくて悩んでいる子がいました。

そもそも男性って彼女に会わなくて大丈夫なの?って、疑問に思いますよね。

男性の本能的に、彼女になった人には「ずっと自分を好きでいてくれる」と完全に安心してしまう傾向があるようです。

なので、多少会えなくても大丈夫だと高を括っている可能性があります。

それ故、仕事に邁進、趣味や友達を優先してしまうらしいのです。

でも、その間に彼女は寂しい思いをしていることに気付いてほしいですよね!

また、会う期間を開けた方が好きな状態を維持できると本気で思っている男性もいるのだとか。

女性からしてみれば、たまったもんじゃないですよね。

男性も一括りにはできませんが、連絡をマメに取ってほしい人や会える時は会いたいという気持ちは伝えてみても良いかもしれませんよ。

次に、会えなくても好きという気持ちを維持するコツをまとめました。

冷めない気持ちを維持するコツ

何といっても話し合いが大切だと思います。

もし、連絡がマメでないと不安になってしまうのであれば、伝えるべきです。

話し合って、楽しく恋愛できる方法を2人で見つければ良いのです。

遠距離であっても、電話をしてくれるだけで安心しますよね。

ルールにすると男性は嫌な気持ちになるでしょうから、こうしてくれたら嬉しいとか不安にならないポイントを伝えれば良いと思いますよ。

それを頑張って守ってくれる彼だったら、好きという気持ちが増すでしょうし、蔑ろにする彼だったら、そういう人間だったんだと割り切れますもんね。

会えないからこそ、自分磨きを頑張ったりポジティブな方向に行くといいですよね。

まとめ

会えない期間や連絡のない期間は、不安になってしまいますよね。

そんな不安な気持ちと上手く過ごせなくて、結局彼に八つ当たりしてしまうことも。

そして、自分に自信がなくなり自己嫌悪に。

でも、あなただけが悪いのではないです。

この恋に冷めてしまっても、罪悪感を感じなくていいです。

せっかく縁があってお付き合いしているわけですから、最終的に冷めた結果になったとしても、良い恋愛だったなと思えるようにしたいですよね。

カップルの数だけ答えがあるわけなので、もがいて彼とあなたの一番良い答えを探してくださいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる