頭いい子のお母さんはここが違う!賢い子供に育つ家庭環境と習い事!

小学生とランドセル

頭のいい子に育つには習い事は何がいいかと親なら誰もが思います。

どうしたら頭のいい子に育てることが出来るのか?

家庭環境と習い事など他にもいろいろ頭いい子のお母さんについても調べました。

目次

頭いい子のお母さんとは

頭のいい子を育てる優秀な母親の特徴を調べました。

・イライラすることがない

・習い事をきびしく子供におしつけない。

・子供の相手をすることを第一に考える

・朝一番に子供をしかりつけない

・子供がやり続けていることに口を出さず、押さえとめない。

・賢い親は「勉強しろ」と言わない。勉強を作業にしないで、喜びに変える。

子供に「勉強しなさい」と言う代わりに、「今日は宿題が多いって言っていたけど、まだ始めなくて大丈夫?」など、

子どもが自分の考え、自分で判断して行動するような言葉をかけて下さい。

子供が興味を持っていること、勉強以外でも応援することが大事なのです。

親が子供の味方になって、一緒に作業するだけでも子供の受け取り方は違います。

頭いい子のお母さんの特徴5選

頭のいい子を育てる母親の5点は下記の通りです。

・少しの質問する事で、考える習慣ができるので考える力や自分の意志と責任で洗濯する力育ちます。

・ほとんどの子はテレビやYouTubeで見ているのですが、頭がいい子の親は経験をさせます。

・上手に目標に向かわせます。ちょっとしたモチベーションをするだけで、イヤな事も頑張る事が出来るのです。

・頭がいい子の親は、本が好きです。好きな本を買うと、自然と文字を読むようになるので読解力が上がります。

小さいころから本を読ませるといいです。

・頭のいい子の親は子供を応援します。

子供がやりたいと言ったことは、お金と時間があるのでしたら、応援するのです。

この5点をまもれば、子供は賢さを身につける事ができるのです。

賢い母親の共通点とは

賢い子の共通点は、親から「勉強しなさい」とうるさく言われた事がないとはよく聞く話ですが、本当は親から勉強しなさい!と言われた事のない人は多いはずです。

学校のテスト前には自分でイヤでも勉強します。

本当の共通点は、賢い子は、勉強する意味や価値をしっているのです。

勉強ができる、できない以前に勉強することの意味や楽しさ「目標がある子」なのです。

「賢い子に育てたい」という親は、子供の興味を見逃さず、まず学ぶ事の楽しさや勉強がどれくらい大切なのかの意味、こういったことをさきに教えて下さい。

賢い子と母親の遺伝はあまり関係ない?

学力は遺伝すると思う人もいると思いますが、学力は遺伝しません。

学力的にそこまでではない家庭の子供は、優秀な成績をとる事はできないのかといいますと、そんな事はありません。

家庭環境を変えれば簡単ですが、家庭環境は変わりません。

現実的な方法ですが、塾などをうまく使って環境を変えてしまう方法です。

塾に入れても、親を見て育ちますので、家族で一緒にいる時間の使い方もとても重要なことに変わりありません。

「塾に入れておけばいいんだ!」と勘違いして、親子関係を冷たくすると、うまく行かなくなるのです。

勉強ができるこの母親の習慣

自分で「何時から何時まで」と時間を決めると、「何時になったら勉強の時間だ」と勉強がしやすくなります。

文字を書く人

勉強をする「場所」も決めておくと、時間になったらそこに行ってあれこれ考えて悩まないで切り替えて勉強を始めることができます。

休み時間がある子供達のほうが、座っている時間が長い子供達より集中力が高くなるのです。

子供がやらないことにイライラするより、テレビを消して、テーブルを片付け、親が机に向かうほうが手間がかからないかもしれません。

子供が勉強自分からするように親も楽しそうに本を読んだり何かを書いたりしている姿を見ると、子どもも自分も勉強しないとやる気になり自然と机に向かうようになります。

頭がいい子(成績がいい子)の家庭の特徴・共通点5選

男の子と机のイラスト

・稽古や勉強で忙しいより、自由に遊ばせる事です。

・親の押し付けはダメ!子供の興味を伸ばす事です。

・「集中力」・「意欲」・「やり抜く力」に頼らず子供を伸ばす事が大事です。

・ゲームで考える力を磨くので時間を決めてするといいです。

・子供の考えや思い、自我の発達や行動などを否定して、親が望む能力や思考を持つ子供に育てないで、自由に決める事が出来る高い子育てです。

地頭の良い子の特徴

地頭力がある子供は、公式を使わずに問題が解けたり、教科書通りではない方法で答えを出したりします。

テスト以外でも、正しい答えにならない場合もあります。


地頭力を鍛える事で大切なのは、考えることです。

子供の頃は、知識や情報が少なく、まだ力を発揮しきれないことも多々あります。

経験をたくさん積むことでその精度は上がっていくので、まずは結果がでるまでを大事にし、子供の考えを聞いて自分の考えも言いながら認めてあげて下さい。

頭が良い子の土日の過ごし方とは

木登りする人

子供が熱中しているときに親がテレビやスマホを見ているだけでいいのか、というとそうではありません。

親も子供が興味を持ったことにいっしょに楽しみ、もっと興味を追いつめたり出来るように環境をととのえて親自身の努力も大切です。

自然は最高の教師”といわれるように、自然は奥深く、学ぶことが数多くありますから、都会に住んで周りに自然がないという家庭は、ぜひ休みの日には意識的に自然の中に連れ出しましょう。自然の中で遊ぶと運動神経も伸びます。

頭が良い子の習い事5選

・1位 ピアノ・・・脳にもいい影響のある代表の1つです。

ピアノ弾く子供

・2位 ダンス・・・音楽を聴きながらリズムに合わせて体を動かしていきます。

ダンスする子供

・3位 スイミング・・・有酸素運動・水の負荷を受けながら体力をつけられる・バランスよく鍛えられる

泳ぐ子供

・4位 塾・・・簡単な計算をしたり本を読む事も脳に刺激を与えます。

・5位 そろばん・・・脳にいい刺激がある習い事です。

そろばんを持つ人

まとめ

褒め方のポイントまとめ

頭のいい子の親が普段から心掛けていることは、「勉強しなさい」「自主性尊重する」「子供の話を聞く」事です。

頭のいい子の親の特徴は、「常識がある」「子供のことを悪く言わない」「子供との時間を大切にする」

怒るのではなく、たくさん褒めて伸ばしてあげて下さい。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる