花澤香菜の子役時代がかわいい!時系列で子役~学生時代〜現在までの美しい顔の変化も!

本ページはプロモーションが含まれています

花澤香菜さんは、現在とても人気のある声優ですね。

最近では「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃役などを演じていますが、彼女は子役時代から活躍していたことをご存知でしょうか?花澤香菜さんは子役時代からとても可愛らしいと言われていたそうです。

そこで今回は、花澤香菜さんの子役時代から現在に至るまでの変化を時系列で詳しくまとめてみましたので、ご覧ください!

この記事でわかること:

花澤香菜のプロフィール

まずは、彼女のプロフィールから見ていきましょう。

花澤香菜のプロフィール 

生年月日:1989年2月25日(2022年5月時点で33歳)
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:158cm
体重:45kg
所属事務所:大沢事務所

花澤香菜さんは、母親が子役オーディションのチラシを持ってきたことがきっかけで芸能界に入りました。

幼い頃から子役として活動し、バラエティ番組「やっぱりさんま大先生」やドラマ「ガッコの先生」にもレギュラー出演していました。

花澤香菜さんは14歳の時、2003年に放送されたテレビアニメ「LAST EXILE」でホリー・マドセイン役として初めて声優の仕事に挑戦しました。

高校3年生の時には、テレビアニメ「ゼーガペイン」でヒロインのカミナギ・リョーコ役を演じ、その経験が声優業を目指すきっかけとなりました。

大学進学を機に芸能活動を辞めようと考えていた花澤香菜さんですが、母親の応援もあり、声優事務所である大沢事務所に所属する決断をしました。

実は、大学に入学が決まった段階で、お仕事を一回辞めて、違う道を探そうとしていた時期がありました。そのときに、声のお仕事もしていたんですが、今のマネージャーが「君の声は唯一無二のものだから辞めないで」って言ってくれたんです。

でも、あと一歩が踏み出せなくて、お母さんに相談したら、「今すぐその人に電話しなさい、事務所に入れてもらいなさい」って言われて、それがきっかけで、今の事務所に入ることになりました。大事なときに背中を押してくれるのが家族だなと思っています。

引用:文部科学省

一度は芸能活動を諦めようとした花澤香菜さんですが、母親の励ましを受けて声優の道を選んだことが、現在の彼女が人気声優として活躍する土台となったのです。

その愛らしい容姿と魅力的な声質で知られる花澤香菜さんは、多くのファンから支持を受けています。

花澤香菜の子役時代から現在までの変化まとめ

それでは、花澤香菜さんの成長を時代ごとに見てみましょう!

小学校時代

小学校時代の花澤香菜さんは、バラエティ番組「やっぱりさんま大先生」にレギュラー出演していました。

番組内で胸元には「かな」と書かれていたことから、花澤香菜さんは幼少期から本名である「花澤香菜」として活動していたようです。

その頃からすでに可愛らしい一面が垣間見えますね。

中学校時代

中学1年生の時、花澤香菜さんは2001年に放送されたドラマ「ガッコの先生」に出演していました。

セリフはそれほど多くはありませんでしたが、生徒の一人としてしっかりと存在感を示していました。

顔立ちも徐々に完成されてきた時期で、中学生時代は静かで内向的な性格だったようです。

高校時代

高校時代には地下アイドルとしても活動しており、その頃の花澤香菜さんは可愛らしい雰囲気がたっぷり。

動画からもその愛らしさが伝わってきます。

また、高校時代は生徒会の副会長も務めるなど、しっかりとしたリーダーシップを発揮していたそうです。

大学時代

大学時代の花澤香菜さんは今まで以上に透明感があり、相変わらず可愛らしさも健在です。

この時期から本格的に声優としての活動を始め、学業と両立しつつ大学を無事卒業しています。

現在

大学を卒業後は声優業の他に歌手活動も行い、2020年には小野賢章さんと結婚されました。

結婚後も変わらず可愛らしさが光る花澤香菜さん。

まとめ

今回の記事では子役時代から現在までの変化を振り返りましたが、花澤香菜さんの魅力には変わりがないことを再確認しました。

これからも声優として、歌手として、ますます活躍が楽しみですね!

あおい

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

声優さんについてもっと知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

この記事でわかること: