【石原さとみの演技】ワンパターン?下手で苦手と言われる理由と演技力の評価も網羅!

石原さとみ-演技-表紙

本ページはプロモーションが含まれています

【石原さとみの演技】ワンパターン?下手で苦手と言われる理由と演技力の評価も網羅!をタイトルにお伝えしたいと思います。

人気女優である石原さとみさんは、ドラマや映画、CMなどで引っ張りだことなっています。

彼女はなりたい顔にも声があがるほど美人で人気がありますが、なぜか彼女の演技については「演技が苦手」「演技が下手」という声も聞こえてきます。

今回は、その理由について詳しく見ていきたいと思います。

また、石原さとみさんの演技について、ネット上や業界内での評価を調査してみました。

この記事でわかること:

石原さとみの演技が下手と言われる理由3つ

ワンパターンな演技

まず、石原さとみさんの演技が下手で苦手と言われる理由の一つは、彼女の演技がいつもワンパターンになってしまうことです。

彼女が演じる役どころに関係なく、常に石原さとみさんそのものになってしまうという指摘があります。

早口

また、石原さとみさんがセリフを言っているシーンは早口である傾向もあります。

そのため、一部の人からは「疲れる」「聞き取りづらい」といった意見もあります。

石原さとみさんの演技が早口と思われるのは、彼女が「校閲ガール」に出演したことが影響しているかもしれません。

この作品では、彼女が喋る際に口を尖らせて早口に喋るシーンが多くありました。

しかし、このような早口の演技についても彼女の演技が下手と言えるわけではありません。

実際に彼女は、その早口の喋り方でも感情をしっかりと表現しています。

彼女の演技がただ単に早口であるだけではなく、意図した感情を演技で伝えていると思うのは私だけでしょうか。

あおい

早口で喋りつつ演技をするのは簡単なことではないと思います!

わざとらしい

石原さとみさんの演技にはオーバーリアクションが多いのか、わざとらしく感じられるという声もあります。

例えば、驚いたり何かを見つけたりした時の表現などは、あえてオーバーに演じているように見えます。

石原さとみの演技は疲れる?

石原さとみさんの演技に疲れるという声にも注目してみましょう。

石原さとみさんの演技を見ていて、疲れるのでしょうか、と気になります。

普通は、見ているだけで疲れるという表現になるかもしれませんが、実際には疲れを感じないという意見もあります。

むしろ、もっと辛口な表現で「目障り」や「見る価値がない」とも言われることもあるでしょう。

そこで、個人的な見解ではありますが、石原さとみさんの演技を見て疲れるとは思いません。

もちろん、それは本当にその人にとって疲れるのであれば、見なければいいという話になりますが、見なければ疲れないし不快に感じることもありませんよね!

演技が上手いと評価する声も!

一方で、石原さとみさんの演技がうまいと評価する人もいます。

演技が上手いと評価している人々の声を見ていきましょう!

高く評価される演技力

まず、よくある意見として「石原さとみの演技力は言葉にならないほど凄い」という声があります。

2015年の『週刊現代』の「いま日本で『本当にうまい役者』ベスト100人」では、彼女が21位にランクインしたこともあります。彼女は楚系から小悪魔系へと変身し、演技にエロスが増したと言われています。

彼女の演技に対する評価は賛否がわかれるものの、一部の人からは高く評価されていることも事実です。

また他の意見からも推測すると、石原さとみさんの演技は堂々としている印象を持っているようです。

迫力があると言っていた人々の多くは、舞台で石原さとみさんの生の演技を実際に見たことがあるようですね。

私自身は迫力を感じたことはないし、舞台での演技も見たことがありませんので、一度観てみたいですね。

「自然な演技で好き」という評価もあるようで、素晴らしい誉め言葉ですね。

演技をしているということを感じさせないということは、簡単に言えば演技が上手いということですね。

性格が良くて、ファッションやメイクが素敵

また、演技が上手くて性格も良く、ファッションやメイクも素敵だという意見も多かったです。

特定の役柄によってファッションやメイクも変わりますが、石原さとみさんならどんなスタイルでも可愛いというのは否定できません。

性格については、バラエティ番組での印象でも明るくて優しい印象を受けました。

女優ですので性格を判断することは少し難しいですが、悪い印象はなさそうですね。

あおい

石原さとみさんは役のメイクにもこだわっていると聞いたことがあります!

圧倒的に可愛い!

そしてやはり、「可愛い」という評価が一番多かったですね。

デビュー当初はそこまで注目されていなかったし、可愛いというイメージもありませんでしたが、ますます美しく可愛くなっていると思います。

特に女性からの「可愛い!」という声は圧倒的に多かったですね。

全体を通して、石原さとみさんの演技力に対してはポジティブな評価の声がやや多い印象でした。

演技については迫力がある・自然な演技・可愛いなどの意見がまとまります。

次回作がいつになるかはわかりませんが、石原さとみさん主演のドラマには期待していますね。

演技が下手という人の意見は?

石原さとみさんの演技を下手だ・苦手だ・嫌いだと評価している人の意見にも注目してみたいです。

演技がくどくてわざとらしい

石原さとみさんの演技を卑下する人の意見としては、演技キャラクターがくどいというものです。

たしかに演技がオーバーで熱いシーンでの演技は、クドく感じる人がいても不思議ではありません。

映画「インシテミル」の中での役は、強烈なキャラクターでインパクトが大きかったです。

それが下手だと思われる方も多かったかもしれません。

石原さとみさんの演技がわざとらしい・下品だと言われる理由にも注目したいです。

このように思われる理由の一つとして、思い込みがあるのではないかと考えています。

一度自分の中で「好きor嫌い」と決め付けてしまうと、その人の演技力の評価をする際にバイアスがかかってしまうこともあるのです。

表情やキャラクターが苦手と感じてしまうと、後から演技力をポジティブに評価しようとするのはハードルが高いでしょうね。

たしかに、眉をひそめて早口でまくし立てるシーンはよく見る気がします。

これが作品の演出なのか、彼女自身や事務所の役作りなのか、もしくは本当に演技の幅が狭いのか、そのことについては視聴者皆さんの判断になりますね。

石原さとみの演技についてネット上の声は?

石原さとみさんの演技について、ネット上の反応にも注目したいと思います。

石原さとみさんの演技が下手だと思われているようですが、アンチ石原さとみさんの意見にはどんなものがあるのでしょうか。

苦手・キンキンした声が嫌

「石原さとみの演技が苦手」

などといった意見があるようですね。

私が観たドラマ「高嶺の花」で、石原さとみさんの早口で不満をまくし立てる喋り方があまり好きではない感じがしました。

彼女の演技はどの役でも同じような感じで、見ているうちにだんだんイライラしてきてしまいます。

テンションが高くてキンキンした声でまくしたてるようなシーンの演技は、多くの人にとってもイラッとくるのかもしれませんね。

しかし、実際にはどうなのでしょうか。

別のドラマ「リッチマン&プアウーマン」が大好きで、その中で石原さとみさんが演じている役について調べてみました。

全体的な意見としては、彼女の演技は悪くはないと感じました。

ただ、うるさいという面では確かにうるささを感じます。

しかしこれは、石原さとみさんが演じている役柄の特徴のせいかもしれません。

シリアスなシーンでは役に忠実に演じているので、全体的に考えると演技力は決して下手ではないと思います。

絶賛の声も

実際、酷評よりも絶賛の声が遥かに多いのです。

たくさんの人たちが「高嶺の花」での石原さとみさんの演技について絶賛しています。

「石原さとみの演技は本当にお上手ですね」とか、「石原さとみは演技がうまいし、可愛すぎます」といった意見が多く寄せられています。

これだけたくさんの絶賛の声があるということは、やはり彼女には演技力があるということではないでしょうか。

また、不快だと感じる意見の方向から見てみましたが、アンチにとってはそう思われるかもしれません。

そして、同じような演技でつまらないという意見についても、同じような明るい役柄であればそう感じるのかもしれません。

ただ、彼女は物まねをしているわけではないので、普通は同じような演技になるのは当たり前のことだと思います。

石原さとみさんの場合は、たまたま同じような明るいキャラクターを演じたことでそう思われたのかもしれません。

まとめ

石原さとみさんの演技がワンパターンであるか、彼女の演技力に対する評価について調査し、紹介しました。

セリフが長くて勢いがある場合はイライラしますが、それを逆手に取ったギャップのあるシーンでは、人々から好評を得ることができることが分かりました。

恐らく、これから先も同じような役をずっと演じるわけではないでしょうし、きっと新しい可能性を開拓してくれると思います。

また、石原さとみさんについて演技力についてツイートや話題にされることは、彼女に対して高い期待が寄せられているということです。

つまり、やはり石原さとみさんは素晴らしい女優なのです。

年を重ねるにつれて、ますます魅力的な女優へと変身していくと思うので、期待しながら注目し続けましょう!

あおい

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

この記事でわかること: