【BTS】一番運動神経がいいのはグク&肩幅が広いのはジン!BTSメンバーをランキング!?

【BTS】一番運動神経がいいのはグク&肩幅が広いのはジン!BTSメンバーをランキング!?をタイトルに記事を書きます。

2013年にデビューしたBTSは今もなお、世界中で人気ですよね。

もともとBTSは「10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められています。

そんな名前の由来もカッコいいですよね!

口ずさみたくなる曲と目で追ってしまうほどの激しいダンスで魅了されちゃいます。

そんなBTSは、韓国で行うアイドル運動会で毎年活躍するほど、運動神経抜群!

運動神経抜群のBTSメンバーをネットの声を参考にランキングしました。

また、BTSといえば肩幅で話題になることが度々あるので、調べましたよ。

目次

【BTS】運動神経いいメンバーランキング

カッコいいダンスを披露してくれるBTS。

あんなに激しいダンスができるので、運動神経が良いに決まっている!と思いますよね。

でも、ダンスと運動神経って連動していないのですよ。

BTSのメンバーの中でも、運動神経が良い人や頭脳派など個性豊かです。

そんなBTSの運動神経の良さをネットの声を参考にランキング形式にしました。

1位 グク (JUNG KOOK)

運動神経の良さ、断トツの1位はジョングクです。

高校時代の全国体力テストで2位を取ったことも!

どんなスポーツでもあっという間に習得してしまいます。

「Rum BTS!」でのスポーツ競技では1位や上位成績を残します。

そして、アイドル運動会でBTSが参加したリレーではアンカーを務め逆転1位になり、話題になりましたね。

2位 ジミン (JIMIN)

高校入学の時に舞踏科を主席合格している経歴の持ち主。

ダンスのスキルが高いのはもちろんのこと、テコンドー黒帯、剣道8年と運動神経の良さを発揮しています。

「Rum BTS!」では、14個の個人競技をクリアし抜群の運動神経を見せてくれました。

3位 ジン (JIN)

スノボが得意なジン。

スノボ以外にもサーフィン、テニスなど多才です。

メンバーよりも遅くダンスを習い始めましたが、今では引けを取らないほどダンスの実力があります。

恐らく、身体の使い方が上手いのでしょう。

4位 テテ (V)

テテも色んな種目で運動神経の良さを披露しています。

卓球やテニス、潜水、バスケ、乗馬などなど。

ただ、アーチェリーとローラースケートが苦手なようです。

アイドル運動会でアーチェリーに挑戦し、0点だったことが!

ローラースケートが苦手な姿も放送されていました。

5位 ユンギ (SUGA)

バスケ経験者のユンギ。

アイドル運動会でもバスケの試合に出場してかっこいい姿を見せてくれました。

才能豊かなユンギで、なんでもできるイメージです。

6位 ホビ (J-HOPE)

メンバー内のダンススキルは、1・2位を争うと言われているホビ。

アイドルでなかったら、テニスプレーヤーになりたかったのだとか。

運動神経良さそうですよね!

ですが、「Run BTS!」で縄跳びの二重飛びが飛べずに、メンバーにからかわれていました。

7位 ナム (RM)

運動よりも頭脳派!

なんと、高校時代の模試試験では上位1%に入るくらいの頭の良さだったとか。

ダンスはそつなくこなしていますが、運動音痴ぶりをSNSで取り上げられていました。

ステージ上とのギャップで、逆に可愛いって声も上がっています。

BTS 50メートル走 タイム 一番足が速いのは誰?

調べたところ、BTSの正確な50M走のタイムが分からなかったのですが、アイドル運動会で足の速さを披露しています。

その中で、足の速い3人を紹介します。

1位 グク

アイドル運動会のリレーで逆転優勝の立役者グクが1位ですね。

アンカーって基本足が速い人が担当している中で、ずば抜けて速かったです。

ちなみに、60M走は7.8秒と速い記録が残っています。

2位 ジミン

グクに負けないほどと言われているジミン。

アイドル運動会のリレーで圧倒的な速さでBtoBを抜き、完璧な足の速さを見せつけてくれました。

3位 テテ

アイドル運動会では、いつもリレーメンバーに選ばれています。

そんなテテは、3番手に走ることが多いです。

アイドル運動会を見る限り、安定感のある走り!

3番手ですが、充分速いことを皆さんも認めています。

【BTS】肩幅が広いメンバーランキング

激しいダンスのために日々筋トレをしているBTS。

デビュー当時と比べて、男らしい体つきになってきました。

肩幅ががっちりと良い感じです。

そんなBTSメンバーの肩幅ランキング気になる方も結構いるみたいです。

ですが、肩幅ってそんな測らないですよね。

なので、公式で発表されているものはなく、私が写真を比べてランキングしてみました。

参考になれば嬉しいです!

1位 ジン 

断トツですね!話題になることも多いです。

2位 ナム 

頭脳派のナムですが、写真で見ると意外としっかり肩幅ありました。

3位 テヒョン 

筋トレに励んでいるので、肩幅がデビュー時よりも成長中。

4位 グク 

5位 ホビ

6位 ジミン

7位 ユンギ

BTS(防弾少年団)ジン(キムソクジン)の肩幅はやばすぎる?!

メンバーの中で一番肩幅が広いことで有名なジン。

身長が179㎝と高く、そして小顔なので余計に広く見えます。

メンバーと並んでも目立つ肩幅。

どのくらいの広さなのか気になりますよね!

2017年に公開されたVアプリ「走れ防弾’’12」では、ジン本人が「肩の広さは、60㎝」と言ってたのが話題になりました。

ただ、それはジンの冗談でして、しっかりと測ったことがなかったみたいです。

その後、番組内で計った時に48㎝と判明しました。

48㎝でも結構広いのですよ。

水の抵抗を受けるので肩幅が広くなると言われている水泳選手も48㎝くらいのようですから!

BTS(防弾少年団)ジン(キムソクジン)の筋肉がやばい?!

肩幅だけでなく、肉体美もすごいと言われているジン。

可愛らしい顔なのに、腹筋バキバキなんですよ!

地道なトレーニングの賜物です。

ジンは、腕立てやスクワット、ランニングマシーン、ダンベルプレスとバランス良くトレーニングをしています。

今後も肩幅や肉体美が成長しそうで注目ですね。

テテの肩幅は?


テテことキム・テヒョンはデビュー当時、中性的な外見で細い体つきでした。

それが、ここ数年でガタイの良い体型にイメチェンしました。

いつのまにか頼もしい肩幅を手に入れたテテ。

実は、仲良しのググが筋トレに目覚めて鍛え始めたようですよ!

またBTSのダンスが年々激しくなっているため、体力作りのために運動を始めたのです。

トレーニングは、ウェイトトレーニングを中心に行っているそうなので、筋肉がしっかりついたんですね。

もともと華奢だったテテは、肩幅も1.5倍ほどの広さに。

メンバー内で肩幅が広いことで有名なジンと比べても遜色なく成長しました。

そんな男らしくなったテテも良いですよね。

まとめ

実力派グループとして、世界中で人気のBTSの運動神経や肩幅のランキングを紹介しました。

デビュー当時は、中性的で可愛らしかったBTSも人気が出るにつれてダンスも激しくなり、筋トレで体力づくりを行う努力を続けてきました。

その結果の体つきなので応援しちゃいますよね。

BTSの特徴として、積極的にファンとコミュニケーションを取ったり、SNSで日常生活を配信したり、筋トレ風景が見れたり。

なので、これからも運動神経や肩幅ランキングは変動するかもしれませんね。

皆さんも是非、BTSの様子を追ってみてくださいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる