へそピアスのデメリットとは?やる前に知っておくべき注意点まとめ!

夏に向けてへそピアスを開けたいなと思っているあなた!

「耳のピアスが開けられたんだから、きっと大丈夫!おへそなら、チクっとするくらいでしょ?」なんて思っていませんか?

私も昔、耳のピアスの延長でへそピアスを開けたことがありますが、痛かった思い出しかありません…!

できる限りトラブルなくピアスホールを完成させ、へそピアスでおしゃれを楽しみましょう!

今回の記事では、

・へそピアスのデメリット7選
・へそピアスのメリット3選
・へそピアスの開け方
・へそピアスの意味と開ける時の注意点
・へそピアスのデメリット:よくある疑問・質問
・へそピアスが似合う女性芸能人 Top3

などについてご紹介いたしますので、「おへそのオシャレも楽しみたい!」という方は、是非参考にしてみてくださいね。

目次

へそピアスのデメリット7選

デメリットもたくさんあるのが現実。それでも、あなたも開ける覚悟はありますか?!

へそピアスのデメリット:引っかかるとかなり痛い

車のシートベルトにひっかかる・授業の体育・重たいものを持つときなど、細心の注意を払わないと、開けたことを後悔するほど、痛みが走ります…!

へそピアスのデメリット:ハイウエストズボンはやばい

へそピアスにかぶるくらいの股上のズボンは避け、ローライズのズボンを履きましょう。

「へそピアスがズボンに当たると激痛」と悩んでいる方も多数。

へそピアスのデメリット:開ける時涙が出るほど痛い

注射針のような鋭利な針状の刃物で開ける「ニードル」は、傷がキレイに開き、安定するのも早いですが、とくに痛みは強く、上級者向けです…!

へそピアスのデメリット:開けた後しばらく激しい運動できない

体育などで激しい運動をするとへそピアスまで意識が回らないので、危険です!

開けてすぐはおへそを常に気にかけましょう。

へそピアスのデメリット:安定するまで時間がかかる

一般的にも半年~1年くらいと言われています。

もはや、ピアスとともに生活しているようなものですね。

へそピアスのデメリット:出産や妊娠で閉じてしまうこともあり

妊娠したタイミングでへそピアスを外して、自然にホールを閉じる人も。

実際、妊娠・出産を経験すれば、赤ちゃんのお世話で精一杯だし、おへそなんて気にしているヒマはないものですよ。

そもそも、おへそにピアスなんて付ければ、授乳のときに赤ちゃんに危ないので、付ける気にすらならないと思いますが。

へそピアスのデメリット:サウナやレントゲンの時は外す必要あり


健康診断などの時に外さないと、レントゲンに写り込むので、外しましょう。

またサウナに入るときは外さないと、金属が熱くなり、やけどしてしまいますよ。

へそピアスのメリット3選

メリットは、何といっても、その存在感。夏が待ち遠しくなりますね。

へそピアスのメリット3選:耳のピアスと兼用できる

へそピアスはおへそのみに着けるものと思っている人はいませんか?

へそピアスという名称の物は「おへそにオススメの形状ですよ」という意味で、実は耳にも付けられるんですよ。

へそピアスのメリット3選:見た目が可愛くセクシーに見える

夏が来たら海やプールなどで水着姿にへそピアスが映える時期がやって来ます。

「キラッと輝くへそピアス」をアピールできる絶好のチャンスですね!

へそピアスのメリット3選:軽く優越感を味わえる

へそピアスは、その人のおへそを見なければ、開けていることを人に知られることはないでしょう。

だからこそ、人とは違うファッションが楽しめるし、自信を持って、「おへそまでキレイ!」でいられますよね!

へそピアスの開け方

おへそ

ここでは、私も使用したことのある、へそ用「ピアッサー」の使用手順を解説していきますね。

□手順

ピアッサーはホッチキスの要領で開けることができます。

さらに、開けると同時に「ファーストピアス」が装着されるものが多いのもメリット。

ピアッサーはボディピアス専門店だけでなく、雑貨屋などでも購入できるため、手軽に開けたい方にオススメ!

□手順

まず、おへその上・下・横といったように、ホールを開ける位置を決めましょう。

また、おへそや手の洗浄も忘れずに!

  1. 寝そべった状態で、開けたいところにマークを付ける
  2. マークを付けた部分を専用のピンセットでつまみ、ピンセットごと消毒する
  3. ファーストピアスの先端をマークしたところに合わせて、ピアッサーをしっかり握りしめる
  4. ピアッサーを取り外し、ニードル部分を回転させて外す
  5. 外れた部分に付属のボールキャッチを取り付けて完了。

おへそは皮膚が厚いので、意外と力が必要です。

躊躇せず一気にピアッサーを押し切りましょう。

へそピアスの意味と開ける時の注意点

へそピアスには「意味」などあるのでしょうか?

開ける際の「注意点」も合わせて説明していきましょう。

●意味

ピアスはもともと、タトゥーなどと同様に「魔除け」として付けられていました。

初期の頃は古代のエジプトやインドなどで耳につけるタイプの金属製のピアスが主流であり、それが次第に耳だけでなく、鼻や顎、腕など体の他の部位につけられるようになっていきました。

しかし、へそピアス自体に、付けていると恋愛運があがるとか、幸福になれるといった意味はありません。

「可愛さ」や「カッコよさ」など、ファションアイテムの1つという位置付けなんですね。

●注意点

おへそは自分でもしっかりと見える位置ということもあり、自分で開ける方も多い部位ではありますが、おへその皮膚は想像以上に厚く、かなりの力が必要になることも。

また、正しい知識を身に着けていないと思わぬトラブルにつながる場合もあるので、心配な方は無理せず病院などで開けてもらいましょう!

へそピアスのデメリット:よくある疑問・質問

ここでは、「よくある質問」に答えてみますね。

●自分でやる?病院?ピアススタジオ?おすすめはどれ?

・自分…へそ用ピアッサーが個人的にはおすすめ。

私は高校生のとき、市販のピアッサーを使って友人の耳にピアスを開けてあげたことが何度もありました。

教室でコッソリやっていましたが(笑)とくにトラブルもありませんでしたよ。

そんな風に、信頼している人に開けてもらうのがベストかと思います!

・病院…病院では、担当医が施術をしてくれるだけでなく、麻酔や施術後の薬を処方してくれるところもあるので、最も安心。

少しでもトラブルを減らしたいなら、迷わず病院へ行きましょう!

・ピアススタジオ…角度を相談しながら綺麗に開けたい人、好きなファーストピアスを着けたい人にオススメ。

だだし、ピアススタジオとはピアッシングを専門とした機関ではありますが医療的な資格を持った方のいない場合も多いので注意が必要。

なお、病院ではないので薬の処方はありませんが「アフターケア」についてレクチャーしてくれることもあるようです。

●いくらくらいかかる?

・自分…たとえばへそ用ピアッサーを使うなら、耳用ピアッサーよりも若干高いですが、3~4000円ほどなので、病院の費用と比べると安く済みます。

・病院…病院では局所麻酔を使用する所が多く、麻酔、チタンか医療用ステンレスのファーストピアス、飲み薬や塗り薬、アフターケア用の消毒剤などついており、一般的に12000〜17000円前後といった価格帯です。

・ピアススタジオ…こちらでは局所麻酔を使用する所は少なく、ファーストピアス込みでだいたい8000〜12000円ほど。(男女によって値段設定が違う場合もあります)

へそピアスが似合う女性芸能人 Top3

ここでは、「へそピアスが似合う女性芸能人」をチェックしてみましょう!

1・菜々緒

女優・菜々緒(33)がインスタグラムに投稿した黒ビキニ写真。

美しいくびれに、キレイなおへそ!かっこよすぎますね…!

2・池田美憂

タレントでモデルの「みちょぱ」こと池田美優(23)。

へそピアスを開けたのは2015年2月。「中3の冬から開けたい!」という念願がかなった様子。

しかも、ピアスホールの数は耳に6つ、おへそに1つと…ボディピアスが何と計7つも開いているとのこと!

3・秋元才加

元AKB48の秋元才加(33歳)もへそピアス愛用者。

彼女は腹筋も割れていて、アスリートのようなスタイルの持ち主です!

引き締まった腹筋にへそピアスが素敵ですね。

まとめ

今回、書いてみて思いましたが、圧倒的にデメリットが多いですね。

また、生活上、不便だったり面倒に感じることが多いです。

これは、あくまでも、「自己責任」。

このことを理解した上で、ぜひ安心・安全な方法で施術し、オシャレを楽しみましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる