三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋の場所と口コミは?「横浜天王町ウイローズハウス」の共同経営者はあの人?

カップ


三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋の場所と口コミは?「横浜天王町ウイローズハウス」の共同経営者はあの人?をタイトルにお伝えしたいと思います。

《三代純歌さん》は27歳年下でザ・ドリフターズの仲本工事さんの奥様です。

仲本工事さんが71歳(2012年)の時に再々婚をしました。

三代純歌さんは演歌歌手で高知県出身です。

地元では、居酒屋・焼鳥屋・カラオケ・パブ・クラブの経営をしており、結婚してからは”仲本屋~Junkaの台所”という居酒屋さんを営んでおりました。

人気メニューはニンニク餃子で評判でしたがコロナ禍の影響か、休業状態であるとの情報があります。

現在【ウィローズハウス】というカレー屋さんを横浜市で営んでいるそうです。

仲本工事さんは2022年10月18日(火)、横浜市の市道で車にぶつかり、神奈川県内の病院で治療を受けていました。

頭を強く打って重体でしたが、19日午後(水)10時22分、交通事故による急性硬膜下血腫のため、81歳で亡くなりました。

ご冥福をお祈りいたします。

その交通事故の現場が、奥様の営むカレー屋さんのほど近い場所だったそうです。

三代純歌さんのカレー屋さんの評判や、共同経営している方がいるという噂も出ており、今回はその事を調べてみました。

目次

三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋の場所と評判は?


横浜市保土ヶ谷区天王町、2021年12月3日にカレー屋さん【ウィローズハウス】をオープンしました。

○店名/WELLOWS HOUSE(ウィローズハウス)

○住所/神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-11-1

○営業時間/12:00~17:00(14:30~カラオケ出来ます。)

お店のホームページはありません。ウィローズハウスから松原商店も近く、立地もよく楽しめると思います。


三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋のメニュー


食べログ等に口コミがなく、ブログ・ツイッターなどにオープン時のメニュー・値段が分かりました。

現在は変わっているかもしれませんが、ボリューム満点でリーズナブルなので評判なようですよ。

〖MENU〗

○オリジナルカレー/700円

○セット/900円

○ウィンナーカレー/1,000円

○チーズカレー/950円

○カツカレー/1,200円

☆曜日限定メニュー有り

三代純歌さんは居酒屋さんを営んでいる時からカレーを提供しており、評判がとても良かったです。

フルーツベースのカレーが美味しいそうですよ。

三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋の口コミ・評判(twitter貼り付けください)


口コミがSNS上で載っていましたので、紹介いたします。


三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋はアントニオ猪木行きつけだった!?


これはアントニオ猪木さんではなく、アントニオ小猪木さんです。

三代純歌さんがカレー屋さんをオープンした際に、お呼ばれしたそうです。

アントニオ小猪木さんは仲本工事さんと三代純歌さん夫妻に大変お世話になっており、ホームパーティー・誕生日イベント・クリスマスイベントなどで司会を務めさせてもっていたり、ゴルフ・プロレス・ボクシング感染、色々なところに食事に連れていってもらったり、アントニオ小猪木自身の結婚式にも出席してくれていました。

三代純歌(仲本工事の嫁)のカレー屋の共同経営者は?

三代純歌さんのカレー屋さんには共同経営者がおり、一緒に暮らしているのでは?と噂されています。

結果として、共同経営者についての情報は出てきませんでした。

彼氏のところに行くために出ていったとも言われており、真相はいかがなものなのでしょうか。


三代純歌(仲本工事の嫁)はなぜ出ていった?

【新潮】は三代純歌さんが出ていった理由を”新しい彼氏が出来た”としており、この事について夫の仲本工事さんは「カレー屋を横浜でやっているから、横浜に行っている」と、答えしていました。

毎日奥様のところに通っていたそうです。

近年二人の仲が危うく、離婚間と一部週刊誌で囁かれていましたが、デイリースポーツ等の取材にカレー屋さんを間貸ししているオーナー様の男性が「常日頃から仲睦まじい様子、仕事の話しもしていたりとか。彼氏が出来たという事はないでしょう。」と対応されています。

まず、妻が彼氏と営んでいる場所へ行く事は考えにくいと思いますので、彼氏が出来たという事は間違いではないでしょうか。

仲本さん夫妻の仲睦まじい様子がうかがえます。

ですが、三代純歌さんには浪費家という噂がされています。

高いものだと20万を超える買い物を毎日のようにしていて、夫の仲本工事さんはその代金を引き換えで支払っているそうです。

自宅に届いた荷物は、横浜にいる三代純歌さんの元に毎日1時間以上かけて届けていたようでした。

お金の工面で大事にしていたとても貴重なギターを売ってまで、奥様の浪費を許していたかと思うと、辛い気持ちになります。

回復を祈っていましが、残念で仕方ないです。

まとめ (結論を箇条書きでまとめてください)

・三代純歌さんのカレー屋さんは横浜市の山王町にある

・店名は”ウィローズハウス”

・カレーはリーズナブルな価格でボリューム満点で評判

・共同経営者の存在は不明

・アントニオ小猪木さんとは付き合いがあった

・三代純歌さんに彼氏はいないと思われる

・三代純歌さんはカレー屋のある横浜で生活

現在、ウィローズハウスが営業中かどうかは分かりませんが、機会があれば足を運んでみて下さいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる