キム・ヨナの凄さとは?引退理由と生い立ち、家族(父親、母親、姉)構成まとめ!

結婚式

キム・ヨナの凄さとは?引退理由と生い立ち、家族(父親、母親、姉)構成まとめ!をタイトルにお伝えします。

元フィギュアスケート選手のキム・ヨナが10月に結婚!というニュースが飛び込んできました!

最近はメディアに出る度に見た目の話題ばかりニュースになってた気がしますが、今回はそんな彼女の何が凄かったのか振り返ろうと思います。

目次

キム・ヨナの凄さを淡々と教えます

・スピードコントロールが上手

・3Lz-3Tの質の高さと精度

・失敗が少ない、したとしてもリカバリーが上手

上記3つはとにかく基礎をしっかり身体に叩き込んだ凄さが分かるものですね!

その積み重ねが

・出場した大会は必ず表彰台に登った

という凄さを生んだのでしょう!

・セルフプロデュース能力が高い

・強靭的なメンタル

この2つも上記を身につけていく内についた自信の現れではないでしょうか!

以上、調べて特に多かったものを書きましたが、細かいものもいっぱいありました。

本当に超一流の選手だったと思います!

キム・ヨナと浅田真央の決定的な違いとは?

同い年で抜きん出た才能の持ち主で、何かと比べられた2人!

どっちがどう!というのは違うかもしれないですが、敢えていうならば浅田選手のメンタルをキム・ヨナの方が上回っていたのと、キム・ヨナはじっくりオーサーコーチ1人の元で実力をつけていったのに対し、浅田選手は色々なコーチを転々とした事によって迷走してしまったようですね。

浅田真央とキム・ヨナは仲良し?

根強い不仲説がある2人ですがまだ幼かった時に知り合い、同じ目標、同じ生年月等共通点が多かった事もあり仲良くなるのに時間は掛からなかったようです。

まだ幼い2人が仲良く一緒に写った写真や、大人になってから一緒に撮ったプリクラなどがあり仲の良さが伺えます。

良きライバルであり親友、計り知れない絆がこの2人にはあると思います。

キム・ヨナの引退理由とは?

引退理由についてキム・ヨナ本人は明らかにしてないのですが、専門家によると「オリンピックで金メダルもとって追うものも無くなりやり尽くしたのでしょう。」との事。

それと故障した腰と股関節が限界だったようです。

それを見せない素晴らしい滑りは流石としか言えないですね。

キム・ヨナの生い立ち

キム・ヨナは1990年9月5日に韓国京畿道富川市に誕生しました。

その後京畿道軍浦市に移り学生時代を過ごします。

家族は両親と3歳年上の姉との4人です。

クリスチャン(カトリック教徒)で、ステラという洗礼名を持ちます。

フィギアスケートを始めたきっかけとは

姉がフィギュアスケートをしていたのを見てやってみたくなり、キム・ヨナも5歳からフィギュアを始めたそうです。

キムヨナの学生時代とは

学校は道蔵中学校→修理高校→高麗大学校と進んだようですが、キム・ヨナ曰く「練習や大会中心で休む事も多く、ほとんど学校生活の思い出は無い。」との事。

まさに何かを得る為に何かを犠牲に!ですね。

キム・ヨナの家族構成は?

上にも書きましたが、両親と3歳年上の姉の4人家族です。

キム・ヨナの父親とは

キム・ヨナのお父さんはキム・ヒョンソクという名前で、地元でメッキ工場を経営してます。

しかし、決して家計は裕福では無かったそうです。

そしてこのお父さん!

なんとキム・ヨナがフィギュアスケートで稼いだマネーで不動産投資をして全部失敗して莫大な損失を出してしまったと言われています(驚)

それによってキム・ヨナの引退が延期されたとの噂も(汗)

もちろん失敗しようと思ってやった訳では無いと思いますが、キム・ヨナが気の毒に思います。

キム・ヨナの母親とは

キム・ヨナのお母さんはパク・ミヒという名前で、キム・ヨナという一流の選手を育てた1番の功労者です。

キム・ヨナが7歳の頃、コーチに才能を見初められ本格的な競技界への参加を勧められたキム・ヨナとお母さんは、ここからフィギュアへ全てを賭ける生活を始める事になります。

日本でも知られていますが、フィギュアスケートは衣装代、リンク代等幼児でも年間300万は下らない桁外れのお金がかかる競技です。

そんな中キム・ヨナへの最大限のサポートを惜しまず、親子2人、まさに二人三脚の生活でした。

まずお母さんがした事は独学でフィギュアスケートを学び、コーチ兼マッサージ師兼運転手兼マネージャーと全ての負担を他人に任せず娘の為に奔走しました。

特にコーチとしてキム・ヨナに1日16時間の練習を課す鬼コーチ振りで、キム・ヨナも挫けずやりきりました。

本当にこのお母さんなくしては金メダリストキム・ヨナは存在しなかったでしょう!

キム・ヨナの姉、兄弟は?

上にも書きましたが、キム・ヨナにはキム・エラという3歳上のお姉さんが1人います。

このお姉さんはキム・ヨナを一流選手にした影の功労者といえるでしょう。

とにかく半端ないお金が掛かるフィギュアスケート。

キム・ヨナの才能に掛けるべくまずお母さんはお姉さんにフィギュアを辞めるようにお願いしたそうです。

それから時が経ち、元々歌が得意だったお姉さんは音楽大学に進学したかったものの、やはり金銭の問題で諦めざるを得ず1番お金の掛からない看護大学に進んだそうです。

妹の為にと多くの事を我慢してきたお姉さんです。

(お父さんも変な不動産投資なんかしないで、今からでもとお姉さんを音楽大学に行かせてあげなさいよ(怒))

まとめ

キム・ヨナの凄さとは?引退理由と生い立ち、家族(父親、母親、姉)構成まとめ!をタイトルにお伝えしました。

いかがでしたか?

私も調べるまではキム・ヨナは凄い強いメンタルの持ち主だと思っていたのですが、毎日16時間の猛練習の日々、お姉さんの我慢等を思ったら周りが思うプレッシャーなんて彼女にしてみたら何でも無かったのかもしれませんね。

これからは1人の女性として幸せになって欲しいです。

お姉さんにも沢山の幸せが訪れますように。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる