ロブションの愛弟子料理人「須賀洋介」がやばい、経歴や年齢を紹介!

ロブションの愛弟子料理人「須賀洋介」がやばい、経歴や年齢を紹介!をタイトルに記事書きます。

海外で日本の料理人がすごい!?世界で活躍する料理人「須賀洋介」の経歴や年齢を紹介。

皆さん、「日本の料理人は世界から見ても質が高い」という事はご存じでしょうか?

日本人の「おもてなしの心」「料理人の意識の高さ」は世界から見てずば抜けている。

そう語るのは、「新フレンチの鉄人」「ロブションの愛弟子」と称される料理人「須賀洋介」です。

ちなみに「ジョエル・ロブション」氏はミシュランガイドにて数多くの星を獲得し世界で最も認められた料理人と言われています。

その愛弟子と言われているのが、何と日本の料理人だそうです。

左側の髪の短い男性がその「須賀洋介」です

イケメンですね。手に持っているシャンパンが「こいつは出来る男だ」と物語っているようです。

そんな「須賀洋介」知らない方も多いのではないでしょうか?

日本では料理人が11で戦う料理番組「アイアンシェフ」で連戦連勝した事でその界隈では有名になったようです。

そんな世界に認められた料理人「須賀洋介」の経歴を紹介したいと思います。

目次

「須賀洋介」の経歴、年齢

「世界で活躍する料理人に興味が沸いた」「イケメンシェフと聞いて・・・」

そんな方へ参考になればと思います。

「須賀洋介」とはいったい何者?経歴は?年齢は?独身ですか?

簡単なプロフィールをまとめました。

・出身:愛知県名古屋市緑区

・誕生日:19761115日 

・年齢:45歳(2021年時点で誕生日から逆算)

・結婚:既婚

・経歴

祖父が洋食店を、父親がフランス料理店を開業しており、

幼少期は洋食店に母が働いており店の隅で遊んで過ごす。

高校で飲食に興味が沸きフランスへ留学する

半年間語学を勉強し料理の勉強をするつもりだったが、

ビザの関係で断念。日本へ帰国する事となる。

その後は父親の紹介で日本のホテル「西洋銀座」で働く

料理を1年、その後菓子部門に転属し2年の計3年働いた後

「やはりレストランで」と思い「西洋銀座」を退職。

恵比寿のレストラン「アラジン」で働くも腰痛が原因で半年後に退職

一度実家に戻るも改装中でその期間に再度フランスへ旅立つ。

「ロブション」氏と出会い、彼の下働く事となる。

それから4年、東京・六本木ヒルズの「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」で

エグゼクティブシェフとして店舗を任される。

その後は「ラスベガス」「ニューヨーク」「台北」と店舗を次々とオープンし、

パリの「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」では責任者に就任。

さらに「ジョエル・ロブション」パリ本店総料理長に就任、

ロブションインターナショナルコーポレートシェフとして日本とフランスを行き来する生活を送る。

2015年に「SUGALABO」を日本でオープン。

後半は「なんかスゴそう」以外訳が分かりませんね。

「ロブションインターナショナルコーポレートシェフ」って何でしょうね…。

頑張って訳してみると、どうやら「ロブションって人が運営してる国際的な料理人の団体に所属しているシェフ」みたいな意味かと思われます。間違っていたらすみません。

とにかくすごい勢いでお店を成功させて、責任者として働いているという感じでしょうか。

平たく言うと「成功者」です

「アイアンシェフ」に出演、連戦連勝で有名に

この時点でかなり忙しい毎日を送っていましたがさらに日本の料理番組「アイアンシェフ」に出演します。

正直負けたらロブション氏の看板に傷がつくので、あまりメリットはありません。

実際ロブション氏もテレビ出演に難色を示していたそうです。

しかし、いざ出演すると連戦連勝、一度のみ敗北しましたが

キッチンでの須賀の立ち振る舞いをみていた審査員がこいつ、モノが違うと称賛したそうです。

<「フレンチの皇帝」ジョエル・ロブションの愛弟子>という

重たすぎる肩書きを与えられた中、見事その責務を全うしたと言えるでしょう。

「日本人の技術と料理技術は非常にレベルが高い」と海外で確信する。

「須賀洋介」さんが海外の厨房で働き、共通して感じた事は

「仕事がリスペクトされた」事だそうです。

「六本木」「ニューヨーク」「台北」「パリ」と働き、

日本の料理人は重要な輸出品となると確信したそうです。

日本国内では大衆に埋もれるような料理人でも、

海外であれば一人勝ち出来る可能性があると話しています。

実例として須賀洋介さん自身の経験を挙げており、

あるギリシャ人シェフに「魚のさばき方が上手だ」と褒められ、

そこから6年で店舗を持ち英国レストラン業界紙『Restaurant Magazine』の

"世界のレストラン・ベスト50"で5位にランクされたという。

6年で自分のお店を持って有名な雑誌に載るとか、日本だとどれだけ困難なんでしょうね。

なぜ日本から海外へ進出しないのか、

須賀洋介さんは「語学が出来ないから気後れしているのではないか」と推測しています。

実際は、厨房で使用する語学は専門用語でそんなに多くなく、

高校生くらいの語学力でも十分だったそうです。

「もっと自信を持つべきです」と須賀洋介さんは語っています。

結婚について

イケメンシェフの「須賀洋介」さん、どうやら2014年にご結婚されていましたね。

お相手は「恋のから騒ぎ」に第7期として出演していた「豊田ローラ」さんだとか。

家庭も仕事もすべてを手にされ、幸せながらも忙しい日々を送っているのでしょう。

まとめ

料理人「須賀洋介」さんは世界と日本を行き来して活躍されるすごい料理人でした。

そんな須賀さんは「もっと日本の料理人は海外へ進出すれば一目置かれる可能性がある」と話しています。

日本は遅れていると最近はいろんな書籍で取り上げられていますが、まだまだ頑張れる余地はあるみたいですね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる