結婚相手にふさわしい男性とふさわしくない男性とは?そして何が大事?結婚相手の見極め方まとめ!

「結婚相手にふさわしい男性とふさわしくない男性とは?そして何が大事?結婚相手の見極め方まとめ!」をタイトルにしてお伝えしたいと思います!

一生を添い遂げる相手である結婚相手。

結婚後、何十年も一緒に過ごしていくことになります。

一緒にいると安心する、一緒にいると楽しい、そんな相手と結婚できたら、一生しあわせに過ごすことができます。

そのためには、どんなことに気を付けて結婚相手を見つければよいのかということをまとめました。

目次

結婚相手にふさわしい男性、結婚相手にふさわしくない男性とは?

価値観が自分と近い相手が良い

お金の使い方、家族や友人、仕事に対する価値観、何を大事に生活しているか、その男性の価値観を知っておきます。

価値観が大きく違うと、ストレスになってしまいます。

思いやりがあり、心温かである相手が良い

お互いを尊重し合えるかどうかが大事です。

家族の声に耳を傾けてくれる心温かで優しい男性は、結婚相手に向いています。

反対に、自分本位な男性は結婚相手に向きません。

結婚生活で困難が生じた時、優しい相手となら乗り越えていくこともできます。

生活に困らない程度の収入がある相手が良い

「愛さえあれば!」というのは、なかなか難しいです。

逆に、愛があってもお金がないことで、関係が上手くいかなくなることもあります。

お金持ちである必要はありませんが、生活するのに困らない程度の収入は必要です。

平均以上の安定した収入があれば安心です。

一緒にいて安心する相手が良い

一緒にいて緊張するような関係では、結婚生活がストレスだらけになってしまいます。

威圧的な態度の相手は、結婚に向きません。

一緒にいると落ち着けるかどうかも重要です。

結婚相手選びに失敗しないためには?

相手の悪い所も見る

「恋は盲目」といいますから、相手の良いところばかり見てしまいます。

しかし、結婚を考えるのであれば、相手の悪い所も見つけておいてください。

良い所しかわかっていない状態で結婚してしまうと、結婚後、ギャップに悩まされてしまいます。

スピード婚は避ける

誰しも、付き合ってすぐには素が出てきません。

結婚生活は老後も続きます。

子育て期間よりもずっと長いのです。

じっくり付き合って、素を出し合ってから、結婚してください。

決して、顔がタイプだからという理由だけで決めてしまわないでください。

誰かに相談する

少しでも何か引っかかることがあれば、誰かに相談してください。

客観的に冷静な視点から、アドバイスをもらうことができます。

また、誰かに話すことで、自分の中でも整理できてくることがあります。

結婚相手にふさわしい男性かどうか見極めるためには?

パートナーになる女性の人間関係も大切にしてくれる

自分の家族や友人だけでなく、女性側の家族や友人のことも大切にしてくれる男性を選んで下さい。

女性の周囲の人に冷たい態度をとるようなら、要注意です。

自分以外の人への対応も見ておく

家族や、友人、仕事関係、買い物先の店員さんなど、色々な人への対応の仕方をみておいてください。

店員さんなど自分より弱い立場の人や家族に対して乱暴な態度の男性は、結婚後、パワハラになる可能性があります。

金銭感覚について

金銭感覚が合わないと、将来大変です。

住宅費、子どもの教育費、老後など、大きくお金が必要な場面も沢山あります。

そのためには、貯蓄も必要になってきます。

そんな中、金遣いの荒い相手の場合には、生活が苦しくなってしまいます。

給料日前に金欠が続くような相手は、あるだけ使ってしまい貯金のできない男性です。

また、スマホをよく買い替えたり、友人と飲み歩いているような男性は要注意です。

トラブルの時の対応

結婚して長い間過ごしていく間には、色々なことが起こります。

困った時、トラブルが起きた時、相手がどのような対応をとるのか確認しておいてください。

ドライブで渋滞にハマってしまった時やデートに遅れてしまった時など、ちょっとしたことでも、見えてきます。

また少しデメリットのある旅行先へ行き、いつもと違う環境で様子を見てみることもお勧めします。

生活スタイルについて

生活スタイルが自分と全く違う場合には、一緒に生活をしていくことが難しくなってしまいます。

結婚前に同棲をするなどして、しっかり、確認しておいて下さい。

家事をするか

掃除、洗濯、料理、片づけをしてくれる!という理想ではなく、

せめて、自分のことは自分でするかどうかは、見ておくべきです。

全て、やらされるようでしたら、結婚生活がとても苦しいものになってしまいます。

また、自立できていない相手は、親に依存してきたタイプかもしれません。

将来設計は合っているか

子どもを作るのか、住む場所はどこにするのか、親との同居など、しっかり話し合って下さい。

浮気性ではないか

一途に自分だけを愛してくれる男性を選んで下さい。

浮気性な男性とは、離婚する可能性も高いです。

まとめ 結婚相手に選んではいけないタイプとは?

結婚相手に選んではいけない男性とは?

・亭主関白な男性

亭主関白とリードをしてくれることは、違います。

「○○であるべき」と決めつけるようなことを言ったり、自分だけで色々決めてしまったり、プライドが高い男性は要注意です。

・子離れしていない親がいる男性

親の価値観に振り回されてしまいます。

・お酒を飲んで記憶がなくなる男性

お酒を飲んで、お金を使いすぎたり、浮気に走ってしまう可能性もあります。

・お金遣いが荒い

結婚後は、何かとお金がかかります。

将来、苦労してしまうことでしょう。

・話し合いができない

生活スタイルや将来設計など、考え方が違うのは当たり前のこと。

これを話し合う時間が取れないような生活スタイルだったり、時間は合っても話をする気のない男性の場合には、不満がたまっていくことでしょう。

結婚相手に選んではいけない女性とは?

・見栄っ張りな女性

収入や学歴、ブランド物好きなどの条件で相手を決める女性は要注意です。

・依存心の強い女性

依存心の強い女性は自分勝手な行動を取りがちです。

・お金に関して極端な癖がある

浪費家はもちろん、極度の節約家も大変です。

・ネガティブな女性

自分だけでなく、子どもが生まれてから、その子にもネガティブは影響を受けてしまいます。

以上を踏まえて、結婚相手にふさわしい相手を見つけて、幸せに暮らしていってください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる