脳を休ませる方法が知りたい!脳疲労、疲れ、オーバーヒートにならないために!そして、なってしまった時の対処方法まとめ!

脳を休ませる方法が知りたい!脳疲労、疲れ、オーバーヒートにならないために!そして、なってしまった時の対処方法まとめ!をタイトルにしてお伝えしたいと思います!

毎日あれもこれもやらなくちゃいけない!

考えることも沢山!

もう考えきれない~~~!!!

と悲鳴を上げてしまう前に

脳を休ませて、スッキリした頭で考えなおしてみませんか?

使いすぎた脳ではいい考えも浮かびにくいはず。

脳をリフレッシュしてあげることで、効率良く考えることができるようになるかもしれません。

そこで、脳を休ませる方法、疲れてしまった時の対処法をまとめていきたいと思います。

目次

脳が休まらないとどうなる?

人間の脳が対応できるタスク処理は2つまでといわれています。

同時に処理できるのは2つまでなのですから、それ以上は多すぎるのです。

大人の女性は男性よりもマルチタスクが得意といわれています。

けれど、共働きが増えたことにより、女性は仕事もしつつ、家事、育児、介護、近所づきあい、その他、考えることが男性よりも多いのが現況ではないでしょうか?

その上、更年期でホルモンバランスがおかしくなることで脳の活動も低下します。

女性はより、気を付けた方がよいようです。

脳が疲れてくると自律神経が乱れて、心にも影響が!

脳を休めることがとても大事だということを覚えておいてください。。

脳は使いすぎると機能が低下します。

次の内、いくつか当てはまる場合は要注意です。

・よくスマホをいじる

・いつも忙しい

・忘れることが増えた

・熟睡できない

・仕事や家事の段取りが以前に比べて悪くなった

・ミスすることが増えた

・やる気が出ない

・イライラしやすくなった

・めまいがする

脳を休ませるにはどうしたらいい?

それでは、疲れてしまった脳を回復させるには、どうしていったらよいのでしょうか?

色々やらずに一つのことに集中する

優先順位を決めて、一つずつ、こなしていきましょう。

鼻呼吸をする

鼻の奥には脳につながる血管が沢山あるので、鼻呼吸で冷たい空気を通らせることで、脳を冷やします。

緊張をほぐす

やり方は、

力いっぱいに両肩をあげて、

15秒キープしたのち、

一気に脱力するという方法です。

これで、心の緊張と筋肉をほぐしてあげてください。

冷たい刺激を与える

皮膚から冷たい刺激がくると、脳は覚醒します。

具体的には

保冷剤を額にあてる、水で顔を洗う、など。

花の画像をみる

花の画像を見ることでストレスが緩和されたという科学的な研究結果もあるそうです。

目を閉じる

数秒でいいので目をとじてみて下さい。

瞬間的に眠るようなイメージです。

脳の疲れは眼精疲労からくることも多いです。

眼をしっかり休ませましょう。

聴覚、嗅覚、触覚、味覚を刺激

脳の90%以上が視覚情報に使われているため、視覚を使う、スマホ、テレビ、ゲームは、脳の大部分を動かしていることになり、脳が休むどころか、大きな負担となってしまいます。

そのため、視覚以外の五感を刺激することが、脳の休息にはおすすめです。

音楽を聴き、アロマを使ったり、お風呂にゆっくり浸かる。ペットや子どもとじゃれて遊ぶ。また、オーディオブックなどもおススメです。

自然の音を聞く 

自然の中へ出向き、川のせせらぎ、風の音、鳥の声などに耳を澄ましてください。

仮眠をとる

日中に15分の仮眠が効果的です。ただし、深い眠りに入る前に起きることも大切なので、仮眠は15~20分で切り上げましょう。

脳への負担を減らす 

スマホなどブルーライトは脳に大きな負担を与えますので、できるだけ、避けましょう。

深呼吸

あくびやため息が出る時には酸素不足の場合も。このタイミングで深呼吸するのも効果的です。

90分おきに休憩をとる

タイマーをかけるなどして、意識的に休憩を取りましょう。

生活に変化をつける

緊張状態から解放されたときに、リラックスモードへ入るようです。

特に在宅ワークなど、変化の少ない生活の方は、ちょっとした緊張状態も作ってください。

無理なくできることからやる

慣れないことをあれこれ試すことは逆効果!

運動普段してないけどしてみよう

料理得意じゃないけど、栄養満点の料理を作ってみよう

などなど

慣れないことは、脳に負担がかかります。

普段の生活の中に無理なく取り入れられるものから始めていきましょう。

脳が疲れた時の食べ物

食べるといい栄養

甘いものを食べるは、ダメなのです。

食べた時には疲労が回復したように感じても、疲れやすい脳と体を作ってしまいます。

脳の疲労回復にいい栄養素は

タンパク質(肉、魚、卵)

ビタミンB群(カツオ、マグロ、サケ、たらこ、レバーなど)

鉄(レバー、ほうれん草など)

n-3系脂質酸(サバ、イワシ、サンマなど青魚)

これらを摂るようにするといいです。

一時的な回復には

根本的な解決にはならないですが、一時的な回復には、コーヒー、カカオ、栄養ドリンク、などもOKです。

脳を休めようと、意識しておくことで、良い循環が生まれてきそうですね。

脳もきちんと休めて、毎日を生き生きとお過ごしください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる