買ってはいけない洗濯洗剤はどれ?特徴や理由、安全な洗濯洗剤ランキングまとめ!

洗濯バサミ

買ってはいけない洗濯洗剤はどれ?その特徴や理由、安全な洗濯洗剤ランキングまとめ!をタイトルにお伝えします。

みなさんはどんな洗濯洗剤を使っていますか?

毎日使う洗濯洗剤、価格や使い心地も気になるし、安全性にも注意したいところですよね。

では、買ってはいけない洗濯洗剤はあるのでしょうか?

またどの洗濯洗剤が安全なのでしょうか?

今回は、そんな洗濯洗剤について詳しくまとめていきたいと思います!

目次

買ってはいけない洗濯洗剤とは?その理由と特徴

体に悪い危険な洗濯洗剤の特徴とは?

洗濯洗剤に含まれる体に悪影響を及ぼす恐れのある成分としては、「合成界面活性剤」が挙げられます。

そもそも「界面活性剤」とは、水と油のように本来混ざりにくいものを混ぜ合わせる作用がある物質です。

この界面活性剤には、天然由来のものと、人工的に作られたものがあります。

天然由来の界面活性剤は、もともと自然界の中にあるもので作られています。

一方で、人工的に作られた界面活性剤は石油などが原料となっており、「合成界面活性剤」と呼ばれます。

洗浄力が高く便利である一方、人体や環境に悪影響を及ぼす場合もあると言われています。

人体への影響に関して言えば、合成界面活性剤は、肌に浸透しやすいために有害な物質が肌の奥まで入り込んでしまうことや、洗浄力の高さから肌のバリア機能まで壊してしまうという問題点が挙げられます。

そのため、肌荒れなどのトラブルにつながったり、アトピーの原因となることがあるのです。

この合成界面活性剤は、シャンプー、ボディソープ、化粧品など、多くの身近なものに使用されています。

もちろん、洗濯洗剤にも使用されています。

このように、合成界面活性剤は私達の生活に欠かせないものです。

全ての合成界面活性剤を避けることは困難なので、成分表示をよく確認する、使用量を守る、すすぎをしっかりして洗い落とすなど、気をつけて使用していくことが大事になってきます。

合成界面活性剤の中でも、特に直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテルという物質には注意が必要です。

これらの物質がどの程度含まれているのかよく確認してから購入しましょう。

心配な方は、天然由来の界面活性剤が使用されているものを選んだ方が安心です。

商品を購入する際は、必ず成分表示を確認しましょう。

買ってはいけない洗濯洗剤のメーカーはどれ?

アタックとアリエールどっちがいい?

まずはアタックとアリエールについて比較してみたいと思います。

【アタックゼロ】
メーカー : 花王
液性 : 中性
成分 : 界面活性剤(51%:高級アルコール系、ヒドロキシアルカンスルホン酸塩、高級アルコール系、脂肪酸系)かつ、安定化剤、酵素
特徴 : アタック液体史上最高の洗浄力を持つ。落ちにくい汚れ、生乾き臭、洗剤残りをゼロに。

【アリエール部屋干しプラス】
メーカー : P&G
液性 : 弱アルカリ性
成分 : 界面活性剤(26%:ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩、純石けん分)、安定化剤、アルカリ剤、分散剤、水軟化剤、蛍光増白剤、酵素
特徴 : 煮沸レベルの部屋干し超防臭。洗い直しゼロへ。

アリエールの方は、弱アルカリ性であり、洗浄力は中性のアタックよりも高いでしょう。
一方、その分肌への負担はアリエールの方が大きくなります。
また、アリエールには、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩等の物質も含まれています。
どちらが安全かと言われればアタックの方であると思われます。
洗浄力重視の方はアリエールでしょう。

ナノックスとアタックゼロどっちがいい?

アタックゼロに関しては上述の通りなので、まずはナノックスについて紹介していきたいと思います。

【トップスーパーナノックス】

メーカー : LION

液性 : 中性

成分 : 界面活性剤(56% : ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキルエーテル硫酸エステル塩)、安定化剤、pH調整剤、再汚染防止剤、酵素

特徴 : 自力では落とし難かった最高難度の汚れにも新しい洗い方「塗布放置洗浄」で効果を発揮。蛍光剤不使用。

アタックゼロと同様に、ナノックスも中性です。

成分に関しては、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩等の注意すべき物質が含まれていますので、安全性に関してはアタックゼロの方が良いと言えるかもしれません。
ただ、ナノックスは消臭力の評価が高いです。
こうした点を重視するならナノックスはオススメです。

アタックゼロと3Xどっちがいい?

同じ「アタック」でも、アタックゼロとアタック抗菌EX(3X)で、以下のような違いがあります。

・アタックゼロは中性、アタック抗菌EX(3X)は弱アルカリ性
・アタックゼロは濃縮洗剤。一回あたりの使用量が少なくて済む。消臭力が高い。液体洗剤を直接塗布する場合に良い。
・アタック抗菌EX(3X)は、抗菌や消臭、洗浄を一本で解決することができる非濃縮洗剤。

アタック抗菌EX(3X)は、抗菌、消臭、洗浄を一本でできてしまうもので、コスパも良いと言われています。
ただし、弱アルカリ性なので肌への負担は高いです。

アタックゼロは、襟汚れなど洗剤を直接付けて洗うような場面で役立ちます。
また、中性なので肌にも優しいです。

どちらも一長一短ですので、実際に使用してそれぞれが使いやすいものを選ぶと良いですね。

スーパーナノックス ニオイ専用の特徴は?

先程紹介したナノックスには、「トップスーパーナノックスニオイ専用」という種類があります。

この商品は、ナノ洗浄・ナノ消臭酵素でニオイ汚れをしっかり分解、除去してくれることや、洗濯槽のニオイも抑えてくれることが特徴となっています。
このように消臭力に関しては優れた商品です。

洗濯物のニオイが気になる方はこちらの商品がオススメです。

洗濯洗剤の買い方に関するよくある質問と回答

洗濯洗剤の選び方は?衣類の素材によって変えるべき?

衣類の素材によって洗濯洗剤を使い分ける必要があります。

例えば、デリケートな素材(シルクやウールなど)は、衣類の生地を傷めないために弱アルカリ性よりも中性の方が良いです。

おしゃれ着用洗剤を使用するのもオススメです。

また、蛍光剤が含まれるものは、淡い色の衣類や天然の色合いを大切にしているものには使用しない方が良いでしょう。
成分表示を確認しながら、洗濯する衣類に合わせて洗剤を使い分けることが大切です。

赤ちゃんでも使える洗剤ってどれ?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、使用する洗剤には十分注意する必要があります。

液性が中性であるものや、天然由来の界面活性剤が使用されているものを選ぶと良いでしょう。

例えば、「ベビーファーファ」「さらさ」「アラウベビー」や、Pigeonが販売している「ピュア」などは赤ちゃんにも使用できる洗剤として人気があります。

安全なおすすめ洗濯洗剤ランキングTOP3

次に、肌や体への影響を考えたときに安心して使える洗濯洗剤を第1位から第3位まで紹介します。

第1位 「さらさ」
蛍光剤、漂白剤、着色料が無添加で、赤ちゃんにも使える洗濯洗剤として人気な商品のひとつです。洗浄力に関しても十分なので、大人の衣類の選択にも便利です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

第2位 「アラウベビー」
無添加で、石油系の合成界面活性剤は使われておらずとても肌に優しい商品です。柔軟剤なしでも柔らかい仕上がりになります。

¥335 (2022/11/26 22:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

第3位 「そよ風」
石けんで作られた洗濯洗剤です。香りもよくふんわりと仕上がります。赤ちゃんや肌が敏感な方も安心して使用できます。

¥1,764 (2022/11/26 22:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

小さいお子さんがいる方や、肌トラブルで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

どの形状の洗濯洗剤(粉 or 液体)がおすすめ?

洗濯洗剤には、粉タイプや液体タイプの洗剤がありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

粉タイプ

・弱アルカリ性なので洗浄力が高い。

・水に溶けにくいので溶け残りやすく、すすぎをしっかりする必要がある。

・液体タイプに比べるとコスパが良い。

液体タイプ

・中性のものは洗浄力がそれほど高くないのでデリケートな素材の衣類にも使える。

・水に溶けやすく、すすぎ1回でOKのものもある。

・粉タイプに比べると価格はやや高め。

汚れがひどい場合は、洗浄力が強い粉タイプがオススメ。節水やデリケートな衣類のためには液体タイプがオススメと言えます。用途によって使い分けましょう。

まとめ

・洗濯洗剤に使われている合成界面活性剤には、人体に悪影響を及ぼすものもあるため、成分表示をよく確認して購入することが大切。
・商品によって、洗浄力が高いもの、肌に優しいもの、消臭力が高いもの、コスパが良いものなどがあるので、それぞれの特徴を踏まえて洗濯洗剤を購入すると良い。
・汚れがひどい場合は、洗浄力が強い粉タイプが、節水やデリケートな素材のためには液体タイプがオススメ。


最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる